2016年12月06日

お誕生日でした

アテンションが大好きで目立ちたがりのダンナに比べ、できれば目立ちたくない私。 お誕生日もできればひっそりと終わらせたい。 大体この年になってまで、たくさんの人に祝ってもらおうなんて思わない。 日本だとそれが可能ですが、サンクスギビングという休日があるアメリカにいると、どうしても私の誕生日が目立ってしまう(´Д`) 特にサンクスギビングが私の誕生日と重なった時・・・

今年のダンナのお誕生日は木曜日でした。 平日だったので私たち3人だけで外食に行き、ケーキを切ったくらいで、あとは特になにもスペシャルなことはナシ。 それに比べ、私のお誕生日はみんなが集まっているサンクスギビングの最中。 ダンナはそれが羨ましくてしょうがないらしい。 できることなら変わってあげたい(笑)

結婚10年目くらいからやっとサプライズ特別なプレゼントは本当に有難迷惑だということを学んでくれたようですが、未だに【何かをしてあげたい】という気持ちはムズムズするほどお盛んらしい(苦笑)

年に一度のお誕生日だから何かスペシャルなことをしなくては!と言うことで、朝から21人を引き連れ、キャンプ場から数分先のレストランで朝ごはんを食べてきました。 「Minnieのお誕生日の朝にはみんなで朝ごはんを食べに行こう!って前から決めてたんだ。」と、自慢げに言うダンナ。 でもどこに行くかは当日の朝まで決まってなかったみたいだし、どうも予約はいれていなかったようで、21人入口で待たされること15〜20分。 相変わらず計画性のないダンナ(´Д`)

狭い入口で隙間風に吹かれながら、時間が過ぎると共にみんながイライラしてくるのが感じられ、初めは「大丈夫か?」と思いましたが、20分待った甲斐あり、朝ごはんはとてもおいしかったし、サービスは日本並み(笑) 最後にはみんなから「ハッピーバースデー♪」を歌ってもらい、嬉恥ずかしのお誕生日をスタート♬

DSC_0289.JPG DSC_0290.JPG


この日は一日大雨に降られ、みんなキャンプ場にあるホールで一日を過ごすことになりました。 ゲームをしたり、途中でインドアプールに行ったり。 晩御飯はお友達が腕を振るい、チリベルデ(辛いピーマンで味付けした豚肉のシチュー)を作ってくれました。 でも私は豚肉がダメなので、サンクスギビングの残り物を食べることになりましたけど・・・

食事の後、ダンナがその辺のスーパーマーケットから調達してきた冷凍されていたケーキ(アイスクリームケーキじゃないですよ)をみんなで頂くことになるのかな〜・・・とずっと待っていたのですが、ゲームにはまってしまったダンナはケーキの存在をすっかり忘れてしまった様子。 ってか、この時点では今日が私の誕生日だったってこともすっかり忘れていた様子。 

8時も過ぎたくらいから、一人、二人と姿を消していき、結局9時も過ぎ「私のケーキはどうなったの?」と言う私の素朴な質問に

しまった〜


と言う感じの反応。 「今からみんな呼び戻してケーキ切ろう!」と言うダンナに「もういいよ(怒) もう片付け終わったし、9時も過ぎてケーキなんて誰も食べないし。」 

結局ろうそくを吹き、ケーキを切ったのは、翌日家に戻り夕食を済ませた後となりました。 

お誕生日の当日、目の前にケーキがあったにもかかわらず食べれなかったし。 たいして美味しくもない冷凍のケーキ(いくら払ったのかは知りませんが)、結局食べきらずに半分すてることになったし・・・

最後まで役目を果たせないんだったら初めから何もしなければいいのに・・・ ダンナにしてみたら「何かしてあげたいって気持ちが大切なんじゃない?」と言いたげでしたが、私にしてみたら「ゲームにはまって私のお誕生日ケーキを忘れるってことは、気持ちがないからとしか思えないんだけど。」って感じ。

来年のサンクスギビングは木曜日、私のお誕生日は日曜日。 静かに家族3人で過ごせるといいんだけど(苦笑)  
 


posted by Minnie at 09:11| Comment(4) | TrackBack(0) | プルマスレイク日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月01日

サンクスギビング&キャンプ

2年前サンクスギビングのキャンプに行き、大雨に降られ「もうこの時期にキャンプ行くのはやめようよ。」と言ったにもかかわらず、また行ってしまいました 

前回のように毎日雨に降られたわけでありませんが、一日だけ大雨に降られ、子供は外で遊べなくなるし、トレイラーの中は泥で汚くなるし、ラングラーは濡れて臭いし・・・ キャンプ中の雨は本当に鬱陶しい(´Д`)

着いた初日はみんな大人しく、10時過ぎにはさっさと就寝。 翌日はサンクスギビング。 大人たちはサンクスギビングのためのお料理に専念し、子どもたちはキャンプサイトにあったインドア温水プールで大はしゃぎ。 年に一度だけ食べられる、と〜っても美味しい義従弟の作るフライドターキー 今年も美味しく頂きました♬ 食事の後はみんなでカードゲーム! とても競争心の激しいファミリーなので、何をしても最後には勝った負けたで結構疲れる(苦笑)

翌日は雨が降る前に行っておこう!と、みんなで出向いたのは【Moaning Cavern】。 ここでは洞窟を見学し、その後ジップラインに挑戦!  


DSC_0146.JPG

DSC_0174.JPG

DSC_0186.JPG

DSC_0193.JPG
小さくて見えにくいですが、リーです。



私たちはこれで2度目のジップライン。 前回のジップラインに比べて、今回は距離も長いし、高さもある。 「やる!やる!」なんて言ったものの、ちょっとだけビビってた私。 ま、実際は全然問題なく楽しみめました☆ 高所恐怖症だと思っていたのですが、ジップラインに関してはどうも平気なようです(笑) そしてリーも問題なくクリア! 

キャンプ場にいると大人たちは(私は飲めません)朝からお酒を飲みそうな勢いなので(ほかにやることがないので)、こういった類のアクティビティーは本当にありがたい。 ただ・・・ 前もって教えてくれてたらもっとありがたいんだけどね〜。 義家族はみ〜んな計画性がなく突発的で、どちらかと言えば人間というより、動物っぽい(笑) 結婚してもうすぐで14年。 そろそろ行動パターンが読めるようになってきました(笑)

その他いろいろありましたが、無事キャンプも終了。

でも、雨の降る確率が高いサンクスギビングにキャンプするのはパスです。

 
posted by Minnie at 06:52| Comment(4) | TrackBack(0) | 旅行日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月22日

エクササイズ

一日中1歳児を追いかけまわす生活から、コンピューターの前にずっと座る生活に変わり、体が思いっきり反応。 体重が急に増えたというわけではないのですが、体が常に重い感じがする。 今までは特に問題もなかった吹き出物も顔にちらほら・・・ 

これではいけない!と、ラングラーのお散歩がてらウォーキングに行くようにはしているのですが、それだけでは運動量が全然足りない。 ジムに入り、ウォークアウトでも始めるかな〜とも考えたのですが、会費だけでなく、ジムに行くだけでも車で20分〜30分。 そのガソリン代や、時間を考えたらなんだか無駄な気がして・・・

家でできるエクササイズ! でもどのDVDを買ったらいいのかわかんない(困)

ということで、DVDだけはたくさん持ってる!と言う義姉からDVDを借りることにしました。 義姉に電話するようにダンナにお願いしたところ・・・

ダンナ:「MinnieにエクササイズのDVDを貸してほしいんだけど。」
義姉:「あんた、どれだけ意地悪なの? なんでMinnieがエクササイズしないといけないの?(怒)」
ダンナ:「違うよ! エクササイズしたいってMinnieが言ってるんで、俺がさせてるわけじゃないよ。」
義姉:「Minnieが家にいるようになって太ることビビってんでしょ?」
ダンナ:「違うよ。」
義姉:「Minnieはエクササイズする必要ない!」

・・・ってダンナ義姉に怒鳴られてた(笑)

IMG_1370.JPG

結局何枚かのDVDを持ってきてくれたなかで、義姉がお勧めしてくれたのが↑のDVD。

「21日間、これを毎日続けると、彼女のような腹筋になるらしいよ。」って。

DVDが3枚入ってて、合計時間3時間54分。 

そりゃ毎日4時間もエクササイズしたら、写真のような腹筋になるでしょ。 




・・・・ってか、4時間もやんないし(* ̄▽ ̄)

とりあえずこれいいよ!とお勧めしてもらえるDVDも無事タダで手に入り、問題解決?

ではないんです。

私の性格上、毎日決まった時間にいつこのエクササイズをするか!というのを最初に決めておかないと、長続きしないのが見え見え。 毎日適当に時間があるときに・・なんて言ってると、絶対にやらないに決まってる。

というわけで、私の今の問題は【いつこのエクササイズをするか?】を決めること。

でも、今週はサンクスギビングでリーは一週間学校お休み。 スタートは来週からかな・・・(笑) 

posted by Minnie at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | プルマスレイク日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月18日

目標は黒の鞄

何にしても好き嫌いがはっきりしている私なので、「これ!」と言ったものを見つけるのに、と〜っても時間がかかる。 でも「これ!」と思ったものを見つけたときは、迷わず購入。 どちらかと言えば、ちょっと値段が高くても本物の質のよいものを買い、長く使うほうが私は好き。 もちろんお値段が張るものなので、何着も、何足も、何個も・・というわけにはいきません。 なので、会うたびに流行を追った素敵なファッションをしている人たちに比べると、どうも私のスタイルはパッとしないよう(苦笑) 会うたびに同じようなものを身に着けているので(((´∀`*))

沖縄に住んでいた時に買った茶色のブーツがダメになりつつあったので、その代わりのブーツを探すのに数年・・・ やっと見つけたときには、沖縄で買ったブーツの底はぱっくり割れてた状態。 でも茶色だけだと着る服に合わないことがあるので、黒のブーツも探すこと数年・・・で、やっと去年購入。 

今年の目標は、この黒のブーツに合う【黒の鞄】

もうすでにネットで何個の鞄を見たものか・・・(疲)

これいいかも?って思っても、靴と同じで、実際に見て手に持ってみないとやっぱり決められない。 重かったり、使い勝手が悪かったり、素材や色が写真と違っていたリするので。 特に黒の鞄を探すのって、茶色の鞄を探すのより難しい。 茶色だとある程度色にバリエーションがあってもOKですが、黒となるとちょっと微妙。 
 
数個いいな〜と思ったものがあったのだけど・・・

42270_black_l.jpg これより→ 42270_whiskey_l.jpg これがいい

42399_black_l.jpg これより→ 42399_dark_brown_l.jpg これがいい

全然先にすすまない

あぁぁ、宝くじ当たらないかな〜。 当たるわけないか、買ってないもんね。 

ブーツのシーズンが終わるまでには購入出来るのかな? それともまた今年も購入できないままで終わっちゃうのかな?(困)

 
posted by Minnie at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ショッピング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月15日

やだ、やだ・・・

プルマスレイスは地理的に隔離された小さなコミュニティー。 こっちは相手のことを知らなくても、相手は私たちの事情を知っていたリ・・・ 

家にいるようになってから時間に余裕ができ、ご近所さん、もしくはリーのお友達のお母さんたちともお付き合いするようになったのですが、たった数回顔を合わせただけで「げっ! あんまり変なこと言わない方がいいな・・」と察知した私。

ついさっきまでみんな一緒に楽しく会話をしていたと思ったら、一人抜けた途端にその人の話に花が咲く。 きっと話している本人たちは悪口だとは思ってないと思うのですが、その人に対するネガティブなコメントはやっぱり聞いていてしっくりこない。 ましてや「どう思う?」なんて意見を問われた時には返答に困ってしまう。 

こんな感じで、きっと私が帰った後は私のことで会話に花が咲いているんだろうな〜と思ったら、なんだか不安。 

ダンナに「これから先の奥様方の集まりが怖いわ〜。」と言うと「だから女は・・・」とバカにした様子。 女が「これだから男は・・・」って言っても男はそこまでムカつく様子はないようですが、ダンナに「だから女は・・・」って片づけられるとムカつくのは、的を得てるからでしょうか?


 

posted by Minnie at 02:21| Comment(2) | TrackBack(0) | プルマスレイク日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月09日

やばいよ・・・

昨日久しぶりにアジアンマーケットに行って来たので、数ヶ月ぶりにおでんをすることにしました。 具材を入れ、後はスロークッカーにお任せ♬

おでんを和風のからしで食べるとおいしい☆ そういえば・・・日本に帰ったときに買ってきたよな〜。 黄色いチューブあったよな〜。

冷蔵庫をチェック!

あった、あった、黄色いチューブあった!!


IMG_1356.JPG



え? しょうが? あれ? からしじゃなかったの?


しょうがないな〜





言っちゃった・・・ おやじギャグ。 それも独り言・・・ やばいよね(焦) 

それでなくても最近一人で家にいるから、独り言が多くなってきてるのに・・・


posted by Minnie at 10:28| Comment(6) | TrackBack(0) | プルマスレイク日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月02日

Happy Halloween

あっという間にハロウィンも終わり、11月に突入しました。 今年のハロウィンは曇り時々雨。 その上、ダンナは3泊4日で出張のためハロウィンはナシ。 お酒大好きご近所さんと一緒に酒盛りができなくて残念だね。 ざまーみろ! 

今年のハロウィンは何になるの?と1ヶ月ほど前に聞いたところ、「ブラックパンサー」と答えたリー。 テレビやネットなどで野生動物などのドキュメンタリーをよく見ているリーなので、疑うことなく【動物のブラックパンサー】になるとばかり思っていた私。 本人も「黒の靴下、ズボン、上着ってもう決めてるから。」と、別に何も買う必要はない・・・っぽいことを言っていたので、そのまま放置。

ある日ターゲットでお買い物をしていたとき、取り外しの利く黒猫のしっぽを$3で発見。 ブラックパンサーだったらきっとしっぽ必要だよな。 それに耳もいるんじゃないのかな? だって私のイメージは・・・

blackcatcostume.jpg 

こんな感じ?

mens-black-kitty-cat-costume.jpg

こんなの?


結局のところ、ブラックパンサーだって所詮黒猫。 しっぽや耳つけたらこんなになっちゃうでしょ。

でもリーのことだからきっとカッコイイ、クールなブラックパンサーをイメージしてるんだろうけど、実際のところ可愛い黒猫で終わっちゃうんじゃないの(笑)と、ちょっと不安になってきた私。 

そのことをご近所さんに話したら・・・

「それってキャラクターのブラックパンサーなんじゃなくて?」って言われて、初めてキャラクターだということを知った私

もうコスチュームはどこにも売ってなかったので、マスクだけ調達し(でないと、可愛い黒猫になっちゃうので(笑))、とりあえず今年のハロウィン終了( ̄∇ ̄;)

IMG_1331.JPG
相変わらず手の込んだコスチュームで登場のご近所さん
子供たちがとても小さく見えます(笑)






 
posted by Minnie at 09:15| Comment(2) | TrackBack(0) | プルマスレイク日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月29日

授業参観

タイミングのいいことに、仕事を辞めた数日後に授業参観がありました。 仕事をしてるとそう簡単に授業参観などもいけないですからね。 とは言え、日本とは違い授業参観などほとんどないアメリカ。 なのでとくには問題はないのですが・・・(笑) 

今年から授業の一環として始まったのが音楽。 残念ながら今まで音楽のクラスってなかったんです。 音楽どころか、美術も家庭科も道徳も・・・なにもない。 日本だと当たり前の授業が、区域によってはないんです。 政府がくだらないところにお金をかけ過ぎて、学校までお金が回ってこないのが事実。

新しい音楽のクラスを取り入れ、学校としては鼻高々(笑) 授業参観をして自慢したいところ(笑)

というわけで、数日前行ってきました。

IMG_1306.JPG IMG_1298.JPG


参観に来ていたのは、私と誰かのお父さん一人の二人だけ。 自分の子供のことなのに、なんで来ないんだろう? 何もせずに主婦してる人リーのクラスにたくさんいるのに?? 

音楽が大好きなリー。 きっと音楽のクラスが始まって楽しくやってるんだろうな?と思っていたのですが、新学年が始まったばかりのころ「音楽のクラスどう?」とリー聞いたら、「先生がすごい厳しくてつまんない。」と言ったのを思い出しました。  

授業参観となると、子どもたちは普段より落ち着きがなくなるのは当たり前。 おしゃべりも多くなるし、そわそわする子も多々。 それになんと言ってもまだ小学生ですしね。 だれも進学塾のようなシーンとした環境で、発言する時は手をあげて、10人が10人先生の言うことを聞くような環境を期待して参観しにきたわけではにのに、「普段はこんなことないんですよ。 今日は特別おしゃべりが多いし、みんな聞き分けが悪いようです。」と、何度も言い訳をする若い新米先生。

その上、何度も「Eyes on me! こっち見て!」と、子どもたちみんなが自分に目を向けるまで授業を進めないし、ちょっとでも騒がしくなるとクラスの電気を消して「1分間沈黙」って、これまた授業が進まないし(困)

ハッキリ言って最悪

リーが面白くない!って言った意味が分かった。 

音楽の授業が楽しくないわけがない。 なのに面白くないと言わせてしまう先生が悪い。 もう少し理想と現実を見直して頑張ってもらいたいものです。 


posted by Minnie at 04:10| Comment(0) | TrackBack(0) | プルマスレイク日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月25日

仕事を辞めた後の初月曜日

仕事を辞めた金曜日。 廊下ですれ違うたびに同僚から「今日で最後でしょう? 仕事辞める気分はどう?」と、一体何人の人から聞かれたことか・・・ その度に「まだ実感は全くないよ。 まだこうやって仕事してるわけだし。 辞めてしばらくしたら実感するんじゃないかな〜。」と返事をする私。

2週間の有休を消化してから退職の手続きをすることになっているので、実際にはまだ保育園の一員。 どうせその手続きのためにまた戻ってくるんだし、それに、これからもボランティアとしてお手伝いにも来るつもりだし・・・と自分に言い聞かせ、金曜日に仕事を終えたものの・・・

車に乗り、家に帰る途中で「こうやって通勤するのもこれが最後なのか。」と思ったとたんに、心がズキーン

楽しいことも、腹の立つことも、イライラすることも、たくさんあった4年半。 子供たちと会えなくなるのがもちろん一番辛いことですが、同僚とくだらない会話がもうできなくなるのか・・と思ったら、なんだか急に淋しくなっちゃって(悲) 

毎日秒刻みでバタバタしていた生活とやっとさよならできるのは、本当にありがたいことですが、それと同時に失うものが大きすぎて、ちょっと感傷的になっている私。 

気分転換のために、朝からキャンドルをつけてみた。 これだけ今の自分には余裕があるんだぞ〜!と、新しい生活を満喫するため(笑) 

IMG_1287.JPG

 
仕事を辞めてたくさんのものを失ったけれども、それ以上のものを獲得!

「おはよう!」とリーのベッドにもぐりこみ、ハネてる髪の毛を直してやり、朝ごはんを食べるリーの横顔を眺め、学校に歩いていくリーが見えなくなるまで手を振り続ける。 当たり前だけど今までできなかったことができるようになり、それだけでワクワク(笑) 明日もいい日になるといいな〜♬
 
posted by Minnie at 00:36| Comment(2) | TrackBack(0) | プルマスレイク日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月23日

21日をもって退職

旅行が大好きな義両親。 でも旅行から帰ってくるとたまっている書類&支払いが山ほど机の上に置かれてあり、しばらくは机から離れられない義母。 そんな彼女の肩の荷を軽くしてあげようと、結構軽い気持ちで義母のお仕事を手伝うことに・・・ 本業の保母をフルタイムで続けながら、夜&週末を利用して義母のお仕事をこなす生活を始めて早くも1年半が経ちました。 義父74、義母71。 そろそろリタイアする方向へ目先を変えた方がいいんじゃないでしょうか?と思う一方、それとは裏腹にビジネスは拡大するばかり。 この景気が悪い中ビジネスがうまくいっているのは本当にありがたいこと。 でも70を過ぎた彼らにはだんだんと負担が大きくなり、ちらほらとミステイクが目立つように・・・ できることなら今すぐでも息子のダンナが受け継ぐのがベストなのでしょうが、あと3年働かないと今の仕事場から退職金が下りないので、今すぐテイクオーバーというのは私たちにとってスマートな選択ではないわけです。 

ダンナがリタイアするまでの数年間を私が穴埋めするために、4年半働いた保育園を辞め、11月から晴れて(?)義両親の会社の正社員となります。 

ありがたいことに、過去14年、義家族とは付かず離れずでとてもいい関係を保っている私たち。 これからも変わらずいい関係が続けられるといいのですが・・・ 11月からは義母から給料をもらい、義姉(問題児の方)と一緒に仕事をするということで、か〜なり不安な私 義理というだけでも大変なのに、ファミリービジネスとなるとお金や会社での立場や役割ってのも絡んできますからね〜。 まぁ考えてもどうしようもないことなので、なるべく考えないようにはしてますが、一刻も早くダンナが今の仕事を終え、早く義両親のビジネスを受け継いでくれないものか?と願うばかり・・・ 


posted by Minnie at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする