2011年11月22日

微妙だな〜

子供が成長していく姿を見るのは、親としてはとっても嬉しいもの。 ですが・・・ 成長と共に厄介なことは増え、苦笑いしちゃうような言動にどうしたらいいのか焦ることも多々。

今年もダンナにはお誕生日プレゼントを用意していなかったので、とりあえずリーにバースデーカードを書かせ、「プレゼントを買ってないからお金を入れてあげようと思うんだけど、いくら入れたらいいかな?」と聞くと、「う〜ん・・・」と考えた挙句、「1ドルと25セント」と言うリー。 去年は1ドルだったので、今年は25セントほど成長したな(笑) なんて心の中でクスクス笑っていた私。 

私のお財布からお金を出して、自分で封筒の中に入れたい!と言うので、お財布を渡し「1ドルあるかな〜? どれが1ドルかな〜?」なんて言ってる私の目の前で

「やっぱりこっちにする。」


と言って、100ドル札を出そうとするリーがく〜(落胆した顔)  普段は100ドル札なんて持っていない私なのですが、その日はギャンブルをする予定だったので(笑)わざわざ銀行でお金をおろしたばっかりだったのに! 「えぇぇ〜? 1ドルでいいんじゃない? 1ドルでいいと思うよ。」と必死で100ドル札を隠そうとする私の手をさえぎり、「いや〜、やっぱりこっちがいい。」と、どうしても100ドルをダディーにあげたいと主張するリー。 

5歳にもなると1ドルより20ドル、20ドルより100ドルのほうがいいってわかるようになるんですね〜。 とは言え、25セントも入れる!って言ってたから、その辺が5歳児っぽくて可愛いんですけどね☆ おかげでダンナは$100+25セントの収入(笑) リーに感謝しないとね(笑) 

posted by Minnie at 11:43| Comment(5) | TrackBack(0) | 成長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月14日

学校での様子

キンダーが始まってまだ1ヶ月しか経っていないのですが、明々後日の金曜日がリーが学校に行く最後の日となります。 日本と違って学校に入るのも簡単ならば、転校させる手続きもあってないようなほど簡単(笑) 登校最後の日にオフィスに行って転校すること伝え、書類にサインしたら終わり・・・らしい。 こうやって考えてみると、日本の学校っていろんな意味ですごいな〜って感心させられる今日この頃。  

キンダーに通い始めるまでとーーっても不安だったのですが、実際に行き始めると、「なんだこんなものか。」と、私が考えていたほど大変なものではなかったので、ホッと一安心。 ネバダの学校もこの調子でスムーズに行くといいのですが・・・

毎日大きなリュックサックを背負って学校に行くのですが、中にはいってるのは紙が数枚入ったファイル1つだけ(笑) その中にカレンダーが張られてあるのですが、いい子に過ごせた日はステッカーをもらって帰ってきます。 実は過去1ヶ月の間に2度ほどステッカーが貼られてない日が・・・

1度目は「先生が話をしているときにおしゃべりをしていた。」と注意され、2度目はなんと1日中言うことを聞かなかったようで、レッドカードをもらって帰ってきました。 帰宅後、この日は10分ほど部屋で「反省」をさせられ、【I will be a good boy / いい子にします】と20回書かされ(本当は5回の予定が反省する姿勢が見られなかったので20回に増えた)、本人もかなり堪えたよう(苦笑) 「もうレッドカードはもらわないようにする!」って言ってたし。 ただ・・・「またレッドカードもらったときは、部屋で反省して、【I will be a good boy】って書くから。」・・・とも言ってたな〜。 またレッドカードもらう予定? 本人【反省】の意味ちゃんとわかってるのかな〜・・・(不安)

昨日リーをお迎えに行った時「今日はみ〜んなグリーンカードをもらいました。」という先生の言葉に、「That's not good....right? / それはよくないんでしょう?」と聞き返す私に、先生目を真ん丸くして「いいことなんですよ!!」って笑われちゃいました(笑)

まだまだ知らないことがたくさんありすぎる・・・ 信号と同じでグリーンはよくて、イエローは警告、レッドは最悪だということを今日学んだ私。 まあ、普通に考えても当たり前といえば、当たり前なんだけどね(苦笑)

話は変わり、明後日には引っ越し屋さんがパッキングに来ます。 いろいろ準備をしたいんだけど、ぎりぎりまで必要な物ばかりなので、気は焦るけれども何もできないのが今の状況。 全てがスムーズにいけばいいけどな〜。

Labor Day 9-5-11 115.JPG Labor Day 9-5-11 114.JPG
サバンナは隣の家に住む5歳の女の子。
登下校も帰宅後も週末も一緒に遊ぶくらいの仲良しハートたち(複数ハート)
この2人を引き離すのはかわいそうだな〜・・・(涙) 
posted by Minnie at 01:08| Comment(9) | TrackBack(0) | 成長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月24日

初登校をしたのはいいものの・・・

昨日の朝、「おぉぉ! そうだ! 今日からキンダーなんだよ。 急がなくっちゃあせあせ(飛び散る汗)」って飛び上がるようにして着替えを始めたリー(笑) 近所のお友達に「え? お前も学校行くの? 俺もなんだよ〜、参ったな〜(笑)」みたいな口調で、出会うお友達みんなに声をかけていました(笑)

登校中に学校での注意事項や、ランチの説明や、これからはマミーじゃなくてダディーがお迎えにくることや、いろいろ話をしながら約10分で到着。

ちょっと早めに着いちゃったのでカフェテリアで待機(カフェテリアは7:10にオープン)。 予鈴がなり(7:35)、先生たちの指導の元、5年生の女の子2人に引率され、キンダーの生徒たちは自分のクラスに連れて行ってもらいます。 中には自分の教室も、クラス番号も、先生の名前さえも覚えていない子供たちが数人いて、引率してきた5年生の女の子たちも「どうしよう?」って戸惑うばかり。 子供たちの名前を聞き出し、クラス表から名前を探し、やっとのことで送り届けた5年生のお姉ちゃんたち。 ご苦労様でした(笑)

クラスに着くと緊張のあまり笑えない子や、不安で不安でたまらなく泣いちゃってる子や、子離れできなくて泣いてる親もいて、教室内はすっごいことになってました(苦笑) もう学校のシステムに慣れているリーは今までと変わることなく「じゃね。」とキス&ハグをしてお別れ。 ただ、「じゃ、マミーもう行くからね。 チューして♪」と言った時、今までなら躊躇することなくすぐにキスをしてくれていたのですが、今回は周りの様子を伺いながらのチュー。 あぁぁ〜・・・ きっとそのうち「無理無理!」なんていわれる日が来るんだろうな〜もうやだ〜(悲しい顔)  寂しいな〜(涙)

キンダーの下校は2:50。 これからのお迎えはダンナのお仕事です。 

「ただいま〜!」と仕事から帰ってみると、リーはカウチの上で寝そべり、ブランケットを肩までしっかりかぶってるんです。 あれれ? おかしいな〜・・と思い、おでこを触ってみるとメッチャ熱い。 熱を測ってみると39度。 ダンナに手を繋いで帰ってきたんでしょう? 気がつかなかったの?と聞くと、「・・・・No.」ですって(困) 

ゾクゾクするくらい寒いというのでクーラーの設定を変え、ブランケットをもっとかけ、落ち着いたらぐったりと1時間半くらい寝てしまいました。 起きた時にはもっと熱くなっていたので、薬を飲ませ様子を見てみると、38度くらいまでは下がったかな〜。 でも薬がきれはじめると、また熱はぐんぐん上がり、結局登校2日目・・・欠席バッド(下向き矢印)

2日目の今日も薬がきれると39度4分くらいまで熱は上がり、下がる傾向はナシ。 

9時前にダウンし、今はベッドで寝てます。 3時に飲んだ薬がきれたようで、今リーの体はびっくりするくらい熱く、この調子だと明日もまた欠席かな〜(困)


First Day of Kinder 8-22-11 005.JPG First Day of Kinder 8-22-11 011.JPG
posted by Minnie at 13:05| Comment(5) | TrackBack(0) | 成長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月05日

最近のリー

ダンナが夜のシフトに変ってから約1ヶ月半が経ちました。 月〜金の間でリーがダンナに会えるのは、基本7PM〜8PMの1時間のブレイクのみ。 私の仕事が早く終わったり、午後出勤だった場合、運がよければ(ダンナが珍しく早起きしたり、自習勉強に行かないときのみ)数時間一緒に過ごすことができますが、実際のところは見ていて可哀想なくらい一緒に過ごせる時間がグ〜ンと減りました。

子供って大人とは違ったところでストレスを感じ、そのストレスをどう発散したらいいのかわからず、意味のないことで駄々をこねてみたり、分けの分からないことを言って親を困らせたりします。 ここ最近とっても聞き分けが悪く、どうして急にこんな風になっちゃったのかな?と思って考えてたんです。 いつ頃から聞き分けが悪くなったのかな〜・・・って。 よくよく考えたら、ダンナのシフトが変って数週間後くらいからなんですよね〜。 リーがこんな風になったのは。 

今まではきちんと理由さえ説明すれば、大抵のことは納得してくれていたのですが、最近はこれ以上詳しく理由を説明しきれない!ってなくらい細かく説明しても「でもやりたいんだもん。」「でも欲しいんだもん。」「でも行きたいんだもん。」の一点張り。 そして最後は大泣き。

こっちもお手上げです。 まあ、大抵の場合は放っておいたら勝手に泣き止んで終わりなんですけど、タイミングが合わず、泣き止むチャンスを失ったときは収拾がつかなくなり、「泣き声なんか聞きたくない! 泣き止むまで部屋に行きなさい!」って部屋に押し込まれる羽目に(苦笑)

こんな情緒不安態な状態でキンダーが始まるのかと思ったら、結構不安たらーっ(汗)  キンダーが始まるまで後2週間。 ダンナにお願いして、もう少しリーとの時間を増やしてあげられないものか、ちょっと相談してみたほうがいいかもな〜。

と、そんなリーの笑える話。

数週間前、お風呂から出たりーに「早くパジャマ着てベッドに行きなさい!」と急かす私に、「パズルしたいんだけど・・・・」と言うリー。 「今日はパズルなんかする時間ないよ。 もうおそいんだよ。」と言うと、「Well then... After I cry...Can I do puzzle?/じゃあ、泣いた後ならパズルしてもいい?」って。 If I cry じゃなくて After I cry っていう設定にマミーはズッこけました(苦笑) ってか、OKっていったら泣いてたのかな?(笑)

もう1つ。 何でも(本当に何でも)食べる好き嫌いのないリーなのですが、お菓子&果物以外のものを食べることにあまり興味がない上、食べるのがメッチャ遅い!! あまりにも遅いときはタイマーをセットして「あと15分以内で食べ終わらないと、食後のお菓子はないからね(怒)」と半分脅し状態。 でもタイマーをセットしたら5分もしないうちに食べ終わるんですよ。 だったら最初からさっさと食べろ!って感じなんですけどね〜、まったく。 

そんなある日、その日は「早く食べなさい!」って急かされる事なくスムーズに食事は進んでいたのですが、最後の1/3あるかないかくらいになったとき、リーが「マミータイマーセットしてくれる?」って・・・

ってか、なんで自分からタイマーを要求してくるわけ? タイマーがセットされるともう1人のリーが現れて、全部食べてくれるってわけじゃないのに(苦笑) ホント、分け分かりません。 

Austin 7-31-11 078.JPG
750ピースのパズルに挑戦中。 
3週間はかかってるかな(笑)






 
 

 

 


posted by Minnie at 14:04| Comment(14) | TrackBack(0) | 成長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月29日

子は親の背中を見て育つ

子は親の背中を見て育つとよく言われますが、まさにその通り!(笑) 何気ない日頃の私たちの言動を子供はよく見てます。 ついさっきの出来事・・・ バスルームからリーが「マミー! 見て見て! マミーのためにやったんだけど、見て〜!!」と叫ぶので、「何やったの?」と聞くと、



「ボトルのソープが少なくなってきたから、水足しておいた♪」ですって(苦笑)




買って来たばかりのシャンプーや、ディッシュソープなんかちょっと水を混ぜて薄めるんです。 理由はもちろん節約もありますが、なんとなくそこまで濃度が濃くなくてもいいような気がして・・・ それをきっとリーは見ていたんでしょうね〜。 そのうちペーパータオルも「カウンターの上を拭いたあと、まだ使えるようならフロアもついでに拭いておかないとね☆」なんて言い始めたりして〜(笑) 節約術を小さな頃から学ぶのはいいこと! どんどん真似して欲しいものです(笑) 
posted by Minnie at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 成長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月14日

輝く歯




Leal 6-9-11 015.JPG




数日前やっと銀歯が入りました〜♪ 新しいからなのか?必要以上にキラキラぴかぴか(新しい)してる気がする(笑) 



4歳を過ぎた頃から予防接種や歯医者さんはなるべくダンナにお願いしていました。 泣く姿を見るのが可哀想で嫌だから(涙) 小さな頃は別になんとも思わなかったのですが、ここ最近駄目なんですよね〜。 歯医者さんも前回泣かなかったからと言って、今回泣かないとは限らないし・・・ なのでダンナにお願いしていたのですが、テストと歯医者さんの日が重なり、急遽私が行く事に。 ま、どっちにしても支払いの事や今後の計画も気になっていたので私が行かなければいけなかったんですけどね。

リーに「また歯茎に注射するけど泣いちゃう?」と聞くと「泣かない。」と心強いお言葉。 その言葉だけを頼りに歯医者さんへ到着。

そのまま一気に治療開始ならいいのですが、あの待合室での時間が嫌い。 途中でリーが弱気にならないといいんだけど・・・ 早く中に入れてくれよ!と心の中でつぶやきながら、待つこと10分。 中に通され治療の椅子が見えた途端、前回の記憶が戻ってきて「NO!!!!」って叫ばれるんじゃないか?と冷や冷やしていたものの、私の不安とはうらはらに、スタスタと歩き、さっさと椅子に座るリー。 


「息子よ〜! 頼もしいじゃないかぁ〜!!!(嬉泣)」


母親の不安な気持ちも察することなく先生の言われる通り口を開け、注射〜!!! 注射が終わり私のほうを見たリーに「GOOD」と親指を上げると、リーも親指を上げ余裕な様子。 第一関門突破。

それからキーンとあの歯医者独特な音が鳴り響き始め、リーの口はずっと開いたまま。 「あ〜、顎がダルそう(涙)」「ちょっと口を閉めさせて休憩させてやればいいのに。」「もう少し喉の奥の唾を吸い取ってやってよ〜。」と、心の中でイライラちっ(怒った顔)  でも何も言いませんでしたよ(苦笑) もうちょっと治療が長引いたら言ってたかもしれませんけど(笑)

リーは泣くことも、文句を言う事もなく頑張りました手(チョキ)  見ていた私のほうがドキドキでした。 ここで1つ発見!! 治療中痛みや緊張、恐怖が襲ってくるとTシャツの裾を巻き込むように指をクルクル回し始めるんです。 ゆっくりのクルクルから始まり、耐え切れないくらいになるとそのクルクルがめっちゃ早いグルグルになるんです。 この仕草が私のツボにはまり、治療室の隅で笑いを堪えるのに必死だった私(爆笑) Tシャツも 「それ以上引っ張らないで〜!」って言いたくなるくらい伸びてるし(困) 今度行く時は伸びてもOKなTシャツを着せておかないとな(苦笑) 

そんな頼もしい、でも5歳児らしい姿のリーを見てちょとしみじみしちゃった私なのでした。 残りの治療もこのままスムーズに終わることを願うばかりです。 
posted by Minnie at 11:55| Comment(12) | TrackBack(0) | 成長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月28日

その後の歯の様子

何人もの人からアドバイス&情報を頂き、とりあえず「第二の歯科医からの意見をもらったほうがいい」と言う結果に達し、よい歯医者さんはいないものか?と探していました。 アメリカの医療システムは日本と全く違い、かなり面倒くさい。 何箇所か電話をしたけれどもどこも「誰かがキャンセルしない限り、次のアポは1ヶ月先になります。」と言われる始末。 同僚に「ここがいいよ。」と薦められた歯科に一応予約をいれたのですが、予約が取れたのは6月21日。 その日までリーの歯が痛まない事を願うばかり。

と思っていた矢先・・・ 最悪な事態発生!!

水曜日の夜、突然「歯が痛いたらーっ(汗)」と痛みを訴え始めたリー。 あらららら・・・・これは困ったあせあせ(飛び散る汗)  気休めに歯を磨いてやったら落ち着いた様子。 ここまできたら「ここの歯医者さんがいい。」などと選んでいる余地はなし。 明日朝一でリストの上から下まで徹底的に電話をかけまくるしかないな・・・ 

仕事の合間合間をみて歯科に電話をするのですが、どこも「明日(金)からドクターはお休みをもらってますので、次の診察は火曜日になります。」とのこと。 今週末は3連休だから、ほとんどの歯科が金曜日もお休みして4連休にしているらしい。 困った。 困ったけどどうにかしないと事態は悪化するばかり。 朝ごはんの後も「痛い!」と半泣き状態のリー。 火曜日まで6日もある。

何軒目かの歯科で、リーの状況を哀れんでくれた受付の人に「どうにかお願いします。 治療は休日明けでいいので、せめてお薬だけでもだしてもらえません?」と、優しい彼女の弱味につけこみ頼み込んだところ、「じゃあ、1時半にきてください。 どうにかしてみます。」とのこと。 


ラッキ〜ぴかぴか(新しい)



今日明日と時間に余裕があったダンナにお願いし、リーを連れて行ってもらったところ、抗生物質を貰って帰ってきました。 やはり穴が開いていた歯に関しては、虫歯が神経まで到達していたようで、とりあえず抗生物質を使ってバイ菌を殺す事に。 でも抗生物質は菌を殺すもので、痛みは消えません。 それを理解してくれた歯医者さん。 緊急で穴を埋めてくれると言うので、翌日またまた歯科へ舞い戻り。 この日は麻酔を打ち、虫歯を取り除き、クラウンの型をとり、神経の周りに薬をいれ、クラウン出来上がるまで詰めものを入れてくれました。 ダンナいわく、「不安へ気にしかめっ面をしてたけど、1度も泣くことなくいい子に我慢してたよ。」とのこと。 大人でも歯医者さんに行くのは不安で嫌なものです。 それなのに、泣く事もなく、嫌がることもなく、いい子にしていたとの報告にビックリがく〜(落胆した顔)  

問題は・・・ 6月8日の次の予約。 1度目は何が何なのかわからず、ビビッている間に全てが終わったけど、2度目となれば、どんなことが自分を待ち受けているか理解しているはず。 2度目の治療で泣かなければ正真正銘の我慢強い子だな。 

今回は急ぎだったので治療にいくらかかるかとか、何も話をせずに治してもらったので、後でくる請求書が怖い(涙) 残りの6箇所の虫歯に関しては、ちゃんと話をしてからにしないとな・・・ と言うわけで、次回の治療には私が行きます。 だってダンナに何回も「聞いてくるように!」ってお願いしていたのに、何も聞いてきてないので(苦笑) ホント、困ったものです。 





posted by Minnie at 23:42| Comment(5) | TrackBack(0) | 成長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月22日

大きくなってる〜♪

早くダディーのように大きくなりたいリー。

朝ごはんを食べる前に体重計に乗り


「マミー、42.5パウンド!」


朝ごはんを食べた後体重計に乗り


「マミー、43パウンド!」


晩御飯を食べる前に体重計に乗り


「マミー、43.5パウンド!」


晩御飯を食べた後体重計に乗り


「マミー! マミー! マミー! 45パウンドだって〜♪♪」





「背が高くなってる〜ハートたち(複数ハート)




へぇ〜、体重計って身長はかるものだったんだ〜。 じゃあマミーも身長伸びてる♪♪(笑)




posted by Minnie at 11:31| Comment(4) | TrackBack(0) | 成長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月17日

5歳になりました♪




Leal's 5th BDP 3-12-11 171.JPG



実際のお誕生日は昨日の15日でしたが、お誕生日パーティーは3日早い12日にサクラメントで終わらせてきました。 義両親宅でパーティー?って話も出たのですが、準備後片付けのことを考えると面倒くさい(疲) ので、今回は Bouce U でパーティーをすることにしました。 ツーソンにいたとき、リーのお友達が同じようなところでパーティーをしたのですが、子供はもちろんのこと、大人も一緒に楽しめたので、ここに即決!


Leal's 5th BDP 3-12-11 057.JPG 
まずは、入り口にあるガチャガチャで玩具をゲットし・・・


Leal's 5th BDP 3-12-11 059.JPG
リストバンドをつけてもらい


Leal's 5th BDP 3-12-11 060.JPG
注意事項のビデオを観さされ・・・



プレイタイムスタート!!




Leal's 5th BDP 3-12-11 064.JPG Leal's 5th BDP 3-12-11 070.JPG Leal's 5th BDP 3-12-11 115.JPG

Leal's 5th BDP 3-12-11 131.JPG Leal's 5th BDP 3-12-11 149.JPG Leal's 5th BDP 3-12-11 167.JPG



場所が遠かったのと、見付かりにくいロケーションにあったせいもあり、1時間しかないプレイタイムに45分も遅れてくるというお友達のハプニングもありましたが(苦笑)、それでもみんな結構楽しめたのではないかと思います。 リーなんて、頬っぺた真っ赤にしてメチャ汗をかきながら遊んでたし♪ 私も思いっきり遊びたかったのですが、カメラ&ビデオ担当だったのでそうもいかず、10分ほどしか遊べなかった〜もうやだ〜(悲しい顔)  ま、その分ダンナが楽しんでいたようなので、いいかな(笑)

楽しいことをしていると時間なんていくらあっても短く感じるものです。 プレイタイムもケーキ&プレゼントタイムも時間が決まっているので、「早く遊んでおいで〜!」「早くプレゼント開けちゃお〜!」と急かしまくりあせあせ(飛び散る汗)

でも準備&後片付けがないって本当に楽ですね〜(笑) 来年もここに決まりだな(笑) 

そして、当日の15日はネバダに帰ってきていたので、幼稚園でみんなと一緒にカップケーキを食べ、家では「3人で食べきれるのか?」というくらい大きなケーキにローソクを立て、家族3人でお誕生日をお祝いしました☆


Leal's 5th BD 3-15-11 (2).JPG Leal's 5th BD 3-15-11 (7).JPG Leal's 5th BD 3-15-11 (24).JPG




今年も1年、健康で思い出深い年になってくれることを願って・・・ お誕生日終了!!




あぁぁぁ〜・・疲れた・・・

 
posted by Minnie at 01:19| Comment(9) | TrackBack(0) | 成長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月14日

How much do you love me?




普通「お母さんのことどのくらい好き?」って聞くと、「いっぱい好き」とか「こ〜のくらい好き」って言いながら手を広げてみたりしますよね? リーの場合・・・「How much do you love mommy?」って聞くと・・・


「I love you 35」って、数字で表してくれるんです(苦笑) たまにその数が12だったり、98だったり(笑) 何を基本に言っているのはわかりませんけど・・・ 「マミーはリーのこと100ミリオン好きだよ〜」って言ったのがきっかけで、今では 




「I love you 10 21 56 million 1 thousand 98 68 33 530 410 2 19 87 90 77 hundred 4 billion 37」






って答えが長くなりました(笑) とりあえず数が多いほうがいいようです(笑) 一体いつまでこんな可愛いこと言ってくれるんでしょうね〜?わーい(嬉しい顔)



posted by Minnie at 00:00| Comment(9) | TrackBack(0) | 成長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月17日

託児所に行き始めました

ラブロックに住み始めて1ヶ月が経ちました。 サクラメントに行ったり来たりの忙しいスケジュールを除けば、毎日ゆ〜っくりと時間が過ぎ、着実に脂肪が体に附着しているのがわかるほど体が鈍り、どんどん重たくなるのを感じている今日この頃(笑) 

小学校と連結している幼稚園にリーを入れようと思っているのですが、今のところ空きがないようで、すぐには入れないって言われました。 空きが出次第、こちらから連絡しますので、待っていて下さい・・・とは言われたものの、どのくらい待てばいいのか? 一応クリスマス休暇の後に2つ空きが出るとのことだったのですが、リーの他にも待っている人がいるようだし・・・ 全てがアバウトすぎて、何が何なのか?よくわからない(苦笑) 

今まで「学校には行きたくない!」と言っていたリーですが、さすがにマミーと2人で過ごす日々に飽きてきたのか? 今では「学校行きたい!」ってうるさいうるさい(笑)

出来ればその「行きたい。」と言う気持ちが変らない前に学校に行かせたい! 町に1つだけ託児所があるのですが、あまりビジネスがうまく行っていないらしく、とりあえず託児所をやってはいるけど、明日にでも売れるものなビジネス&物件まとめて売りますよ〜くらいの勢い。 よって、子供の数も少なく、活気がないバッド(下向き矢印)  肝心のディレクターは他に仕事をしているようで、託児所には居ないし(困) 働いている先生たちもかなり適当で、「お前ら、本当にやる気があるのか?」って、怒鳴りたくなるような対応。 

それでもリーは「行きたい!」と言うので、一昨日2時間、昨日は3時間ほど$6/1時間で、行かせてみました。 本人は楽しかったようで、今日も行く!と張り切っております。 

Leal 12-15-10 003.JPG Leal 12-15-10 007.JPG Leal 12-15-10 009.JPG
リースを作って持って帰ってきました♪ クリスマスプレゼントにと、貰って帰って来たのは自分でデコレートしたキャンドルホルダー☆

半年振り?に私も1人の時間がもてるようになり、ちょっとワクワクわーい(嬉しい顔)  ダンナはその空いた時間を利用して、私に工場のオフィスで仕事をして欲しいらしいのですが、給料はもらえない、挙句の果て託児所代も自費? そんなのありえないでしょう? 義両親にはたーくさん借りがあるので、個人的に奉公はさせてもらいますが【仕事】と【プライベート】は全く別の話。 せめて託児所のお金を出してくれない限り、私はタダ働きはしませんよ〜!! 

さてっ! 今日はなにをしようかな〜ハートたち(複数ハート)



posted by Minnie at 01:08| Comment(4) | TrackBack(0) | 成長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月15日

可愛いな〜



テレビゲームは絶対に買わない!と言っていたにもかかわらず、ウチにPS3がやって来ました。 



1237212_rc.jpg




1度ゲームを買ってしまうと、その後もあのゲーム、このゲームとお金がかかる。 その上、ずっとテレビを占領されることになるし、目も悪くなる。 いいことなんて何もないじゃん! と言うことで、テレビゲームがうちにやってくることはないだろうな・・・と思っていたのに(涙) それもWiiじゃなくて、PS3だなんて・・・後でわかったのですがPS3はどちらかと言うとティーン&大人向けで、リーくらいの子供がまともに遊べるゲームはないそうです。 選択権があったのなら、リーのためにもWiiのほうがよかったな〜(涙)

ダンナと私のお誕生日プレゼント&クリスマスプレゼントに、と言って新しいテレビを義両親が買ってくれたのですが、そのテレビに【PS3&ゲーム1つ、ブルーレイのDVD1枚】がパッケージディールとして付いてきたんです。 なので選択権がなかったんです。 それに、パッケージディールだかなんだかわかりませんが、単に余分にお金を払わされて買わされたような気がしなくもないし・・・ふらふら

もちろん1番張り切っているのはダンナ。 毎日30分ほどやっていますが、リーと2人で「この車買う?」「でもこっちの車のほうが早そうだよね?」「あっ! でもお金が足りないや。」と、なんだか楽しそう(笑) でも、コントローラーがまだ1つしかないので、2人一緒にプレイが出来ない。 なのでたまに言い合いしてますけど(苦笑)

この間リーがプレイをしているとき、ぶつかることもなく、脱線することもなく、ずっと調子よく走っていたんです。 「すごいね〜! たった数週間でこんなに上達するんだ〜♪」と感心して見ていると、「今のカーブ上手でしょう?」とリーも誇らしげ(笑)

しばらくしてダンナが「やってるのはリーじゃなくて、コンピューターがやってるんだよ。」と一言。 あ〜・・・どうりで上手なわけだ(笑) それに気が付かず、自分がやっていると思っているリーってアホだわ〜(苦笑) それも挙句の果て、

「すごいよ〜! 上手でしょう? こうやってもクラッシュせずに運転できるんだよ〜!」 


と、コントローラーから指を離すリー。 それでも車は止まらずに、事故ることなく走ってます。 その時点で自分がコントロールしてるわけではないって気が付くべきなのでしょうが・・・(苦笑) いつまでもこんな風にアホな無邪気なリーでいてくれればな〜ハートたち(複数ハート)



posted by Minnie at 02:53| Comment(4) | TrackBack(0) | 成長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月19日

えっと・・・・

ダンナも結構「悪い言葉」を口にしますが、それ以上にのダンナのお友達はとーーーーーっても口が悪い。 子供が回りにいるというのに、平気で「FXXK」とか「AXX」とか「ShXt」とか、とにかくひどい! 今まではリーもまだ小さかったので、そこまで気にはならなかったのですが・・・ 実は過去数週間「えぇぇっ?」って思わされるような言葉を何度か口にし、これではいけないな〜・・・と悩んでいるところ。 大人の会話に耳を傾け始めたことも大ですが、それ以上に私たちが見ている映画から学んでいることのほうが多いよう。 でも、だからといって私とダンナの唯一の楽しみの「映画を見る」は止められない(涙) どうしよう・・・



数週間前の出来事。 ダンナが何かを探しているとき、リーが「何を探してるの?」と聞き、ダンナが「ダディーの靴下。」と言うと、

「They are over here, dumb aXX!」



昨日の出来事。 リーと私が外に出たとき、

「Shut the door, crazy biXXX.」




本人は全く悪気はないようで、純粋に映画や大人の会話を聞いてちょっと使ってみたかった、くらいのレベルなのでしょうが、やはり駄目なものは駄目。 一応「それは言っちゃ駄目な言葉なんだよ。 リーが大人になったら使ってもいいけど(こう言わないと「何で?ダディーは使ってるよ。」って言われるので)、子供のうちは駄目なんだよ。」って、とーーーーっても理不尽だな〜って自分でも思うくらいの説明をする私。 義父が「登校初日でレッドカードだな(笑)」って(困) 


posted by Minnie at 02:04| Comment(6) | TrackBack(0) | 成長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月22日

子供だから許される?




マミー! これとっても美味しいよハートたち(複数ハート)  今までこんなに美味しいもの食べたことない! 
















いえいえ、あんたそれ昨日も食べたよ・・・・ 残り物ですたらーっ(汗)









Leal 10-19-10 016.JPG






いくら彼女や奥さんを喜ばそうと思って言った言葉だったとしても、これが彼氏や旦那の発言だったら・・・きっと許されないよね・・・  
posted by Minnie at 10:24| Comment(3) | TrackBack(0) | 成長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月14日

初お泊り

リー4歳7ヶ月にして生まれて初めての「お泊り」をしました。 土曜日の夕方ホストブラザーの結婚式に招待されていたので、初めは4時くらいに義両親宅に連れて行き、遅くても10時にはお迎えに行く予定にしていたのですが、その数日前にダンナのお友達から「土曜日の夜飲みに行くぞ〜ビール」とメールが届き、楽しいことに目のないダンナ・・・行かないわけないですよね(苦笑) 結局義母にリーを一晩預けてお友達と飲みに行くことに・・・ 義父はネバダに行っているため、リーは義母と2人でお留守番。 

前日リーに「明日はマミーとダディーは結婚式に行くから、リーはおばあちゃんとこでお泊りだからね。 1人でお泊りできる?」と聞くと、「どのベッドで寝るの?」と聞くので、「おじいちゃんがいないから、おばあちゃんのベッドで一緒に寝たらいいじゃん。 おばあちゃんはおじいちゃんいなくて寂しいみたいだから、リーがおばあちゃんの面倒みてあげてね。」と言うと、「OK〜♪」とお泊りをあっさりと承諾。

5月中旬から毎日私と一緒のリー。 でも基本おじいちゃんおばあちゃんが大好きなリーなので、あまり心配はしていなかったのですが、なんの保障もないですからね(苦笑) とりあえず、何かあればすぐに駆けつけられる距離に私たちはいたので、そこまで不安もなく、リーを義母に預けて結婚式&飲み会へ出発。 

Dwayne and Lisa's Wedding 10-9-10 017.JPG Dwayne and Lisa's Wedding 10-9-10 025.JPG Dwayne and Lisa's Wedding 10-9-10 041.JPG
お天気もよく、とっても素敵な結婚式でした。 しばらく会っていなかったホストファミリーの親戚たちとの再会に私は感無量あせあせ(飛び散る汗) 


結局お家に着いたのは夜中の1時半。 そのまま倒れこむようにベッドに入ったのは2時も過ぎてから。 一応寝る前に義母に「今から寝るので明日の朝何時に迎えにいけるか分かりません。」というメッセージを送ったのですが、そのメッセージを見た義母、律儀にも朝の7時に「今起きました。 お迎えはいつでもいいよ。」と返信。 またしても、そのメッセージの受信音で目が覚めた私。 その後「昨夜はちゃんと眠れたのかな?」「今頃何してるのかな?」「まさかとは思うけど、お漏らしなんてしないよね?」「泣かなかったかな〜。」なんて、いろいろ考え始めたら頭が冴えちゃって(苦笑) でも体は起きられなくて、そのままダラダラとベッドに横たわったまま、最終的に起き上がったのは9時過ぎ。 リーを迎えに行ったのが10時半。 義母いわく「いい子だったよ〜。 何の問題もなかった。 晩御飯もビックリするくらいたくさん食べたし♪ ただ・・・ 今朝シリアルにミルクを入れたのが気に入らなかったらしく、ミルクの入ったシリアルには一切手をつけないままゴミ箱行きになったよ(苦笑)」とのことでした。 そうなんだよね〜、毎朝「今日はミルク入れるの? それともヨーグルトと混ぜる? それともそのまま食べるの?」と選択種が3つあり、その日のリーの好みにより内容がちょっと変ってくるってことを義母に伝えておくのを忘れてました。   

とりあえず、これといって何の問題もなく(義母いわく)無事「初お泊り」は終止符を打ちました。 この調子でどんどんいろんな人のお家にお泊りができるようになると、私としてはとっても嬉しいのですが・・どうかな〜(笑) 

 
posted by Minnie at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 成長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月27日

2010年の抱負、1つ達成!!



2010年の抱負の1つに「息継ぎをしながら泳げるようになる。」がありました。 まだまだかなり怪しげですが(苦笑)、一応達成しましたぴかぴか(新しい)  リーの必死な華麗な姿を見てやってください!



posted by Minnie at 00:00| Comment(5) | TrackBack(0) | 成長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月18日

ジェラシー?

Wranglerが我が家にやってきてから1週間が過ぎました。 リーが生まれた時と同じのように、私たちの生活はてんてこまいあせあせ(飛び散る汗)  緊張のあまり散歩に出てもおトイレに行ってくれないし、車酔いして吐きまくるわ、名前を呼んでも知らんふりだし・・・ 大変もうやだ〜(悲しい顔)

犬がやって来てから大変になったのは私たちだけではなく、リーも同様らしく、今まで自分が1番だったはずなのに、今では自分は後回し。 おかしいじゃないか?と思い始めたリー。 

今まで「抱っこしよう〜ハートたち(複数ハート) 」と言っても「NO!!!!」と逃げていたリーなのですが、最近では必要以上にベタベタくっついてくるし、疲れると膝の上に乗ってくるし・・・ 私たちが見ていないところでWranglerの頭を叩いてみたり、寝ているところを無理やり起こしてみたり・・・ 

そこだけピックして書いてると、リーがとっても意地悪な子に聞こえるので、一応彼の名誉のために書きますが(笑)「Wrangler好き〜黒ハート」って頭ナデナデもしますし、一緒にも遊びます。  


これって妹や弟が生まれた時に見せる行動っぽい?




リー、Wranglerに完全に嫉妬してます!(笑)




もっとお兄ちゃんかと思っていましたが、やっぱりまだまだガキですね(笑) リーにWranglerとの「友好関係」をお願いするのは無理そうなので、Wranglerがもう少し大人になって、逆にリーを可愛がってくれくれるようになるまで、2人の関係は怪しいかも・・・ 



    
posted by Minnie at 07:03| Comment(3) | TrackBack(0) | 成長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月20日

お箸




日本滞在中、一体何人の人に「リーはお箸使える?」って聞かれただろう・・・

アメリカ生活が長いせいか、ただたんに面倒だからなのか、私はいつの間にか「いただきます。」「おご馳走様でした。」を言わなくなってしまった。 なので、リーも言わない。 お箸なんて別に使えなくてもいいし、特に気にもならない。 

そんなか〜なり適当な私だったのですが、今回の日本滞在で「やっぱりお箸って使えないと駄目なのかな?」と、ちょっと不安になった私。 だって食事のたびに 「フォークが必要ですか?」とか、逆に自分から「フォークください。」って言わないといけなかったりで、日本の4歳児はみんなお箸が使えるんだ・・・と、ちょっとビックリ。

「アメリカに帰ったらお箸使わせてみようかな。」と思っていた矢先・・・ お泊まりにいったお友達の家で、見事お箸デビュー(笑) お友達がお箸を上手に使っているのを見て、リーも興味がわいたんでしょうね〜。


Leal 7-17-10 010.JPG
よ〜く見て〜

Leal 7-17-10 011.JPG
集中して〜


Leal 7-17-10 009.JPG
落ちる前に急いでパクッ!



親が無理やり教えるのではなく(面倒なので)、自ら進んで色々学んでくれるのは本当にありがたいことです(笑)
posted by Minnie at 18:26| Comment(8) | TrackBack(0) | 成長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月13日

夏に向けて・・・

散髪代をセーブするために伸び放題だったリーの髪の毛ですが、さすがに暑くなってきたので、バッサリ!!切っちゃいました♪




ビフォアー

GetAttachment.aspx.jpg



アフター

Leal 4-10-10.jpg





短髪になったリーを見て「おっ! ちょっとお兄ちゃんになったね〜♪」と言ったが最後・・・ 「もうBabyって呼ばないでね。」だそうです(笑)
posted by Minnie at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 成長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月04日

歯が抜ける?

赤ちゃんのように指を吸っているわけではないのですが、最近リーの指が口に入っていることが多い。 テレビを見ているとき、パズルをしているとき、とにかく気が付くと指が入っている。 一時のことだろうと思い、何も言わずに放っておいたのですが、いつまでたっても直らない。 これはちょっとよくないな・・・と思い、リーに「なんで口に指が入ってるの? 何やってんの?」と聞くと・・・




「歯が落ちるのを防いでる!」





だそうです(苦笑) まさか、そんな返事が戻ってくると思っていなかったので、ちょっとビックリ!! つい最近4歳になったばかりなので、歯が抜けるなんてことはありえない。 とはいえ、生まれたときにはもう歯が生えていたとか、乳歯が抜けないまま大人になったとか、乳歯が抜け、永久歯も抜け、3セット目の歯が生えてきたなんて人もいますから、4歳になったばかりのリーの歯が抜け、5歳前には永久歯が生えてきたってことがあってもおかしくはないわけです。

でも私たちが触ってみてもグラグラしている様子も、抜けるような様子も全くなく、逆に歯を常に触ることによって必要以上に早く歯が抜けてしまうのではないか?とちょっと心配。

幼稚園でもうすでに歯が抜けている子がいるのか? それとも tooth fairy(歯の妖精:乳歯が抜けたとき、夜、枕の下に置いておくとその歯の代わりにお金を置いていく)の本を読んだりしているのか? 気になったので担任の先生を話をしてみたのですが、そんな話は全くしたことはないし、歯が抜けている子もいない・・・とのこと。

とりあえず、4歳のチェックアップも兼ねて歯医者さんへ行くことにしました。

生まれて初めてする歯のクリーニング。 ちょっとビビッて泣いちゃったようですが、ちゃんと口を開けクリーニング終了。 「ちょっと泣いちゃったけど、ちゃんと歯医者さんに行ってきたよ♪」と、終わった後にもらった歯ブラシや歯磨き粉を自慢げに見せてくれました(笑)

虫歯もなく、全て順調。 そして肝心の「歯が抜ける」件に関しても全く問題はなく、「歯が成長することによって、ちょっとむず痒い感覚があるのかもしれませんね。」とのこと。 

歯医者さんに見てもらったおかげで本人も安心したのか、指を口の中に入れることはなくなりました。 子供って・・・・単純ですね(苦笑) 

posted by Minnie at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 成長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする