2014年09月21日

Mud Factor/障害物競走

前々からマラソンに参加してみたい、と言っていたリー。 でもそんなときに限って子供のマラソンが開催されていない(困) ある日何気にグルーポンをチェックしていたら、この Mud Factor を発見! マラソンとはちょっと違うけれども、こっちの方がマラソン(ただ走る)より楽しそう♪ 

そして今週末"Mud Factor"に参加して来ました。 数日前ベッドから落ち、手首をひねってしまったにもかかわらず、頑張って最後まで走りきりました! 2キロの障害物競走。 30分弱でゴール!


Mud Run 9-20-14 006.JPG Mud Run 9-20-14 047.JPG Mud Run 9-20-14 062.JPG

Mud Run 9-20-14 065.JPG Mud Run 9-20-14 068.JPG Mud Run 9-20-14 105.JPG


初めてだったので、私たちも手探り状態で参加。 写真を撮るためにコースに入っていいのか? どのくらいの数の障害があるのか? 障害物の一つ一つの距離はどのくらいなのか? ゴールはどこなのか? スタートからゴールまでそのくらい時間かかるのか? ETC・・・・

何もわからないままスタート(苦笑)

あるスタッフに「多分写真を撮るのはフェンスの外からじゃないとダメだと思います。」なんて言われたもんだから、リーたちとは離れてスタートを見ていたら・・・

関係ない人たちもみ〜んなコース内に入ってるじゃん!むかっ(怒り)

私もリーの後を追うように急いでコースに入ったのですが、その時点でリーたちはもう見えないあせあせ(飛び散る汗) 私が想像していたのは、一つ一つの障害物の距離が短いため、実際に走る距離は短く、障害物を乗り越えるのに時間のかかるので、余裕でリーの横に付いて写真が撮れる・・・と言うものだったのですが、大間違い! まずスタート地点で遅れをとってしまったので、追いつくまで走り続けた私。 着替えや水の入った重いリュックを背負いながら走るのは、普段全くエクササイズしていない私には地獄でした〜

結局いくら走っても追いつかなかったので(苦笑)、ショートカットして数個先の障害物で待ち伏せ。

ビデオも撮りたい、写真も撮りたい、なんて欲張っていたらどちらも中途半端になってしまった

リーはメダルやトロフィーが大好き! 今回も参加者はみんなメダルが貰え、嬉しそう(笑) またやりたい!と言うリーと、楽しそうだったから今度は俺も参加したい!と言うダンナ。 次回は私も初めからコース内に入って、しっかりリーたちに付いて行くぞ!
posted by Minnie at 06:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 成長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月24日

リーの日本語

なるべくリーに対しては日本語で話すようにしているのですが、ちゃんと理解して欲しいことや、難しい内容に関しては英語で話をします(まずこれが間違いですね)。 でも日本に居る間は私自身もかなり気を付けて日本語を話すようにしました。 そのおかげか、たった3週間と短い間でしたがリスニングの力もアップしたような気がします。 話すほうに関しては・・・もっと、もっと、もっと本人の努力が必要なようですが・・・(困)

アメリカに帰ってきてからも気をつけて日本語で話をしています。 この間も「この内容はちょっと難しいかな?」と思いながらも日本語で言ってみたら、すんなり理解したようでこっちがビックリ! なんだ、このレベルでも理解できるんじゃん! 

そう思ってそれからもどんどん日本語で話をしてたら・・・

「もうアメリカに帰ってきたんだから、英語で話してくれない?」だって

そう言う問題じゃないでしょう!! マミーは諦めないからね〜!!!!



そんなリーが日本から帰ってきて直後に言ったこと。

「ハローキティーって日本語でなんだか知ってる?」

こんにちは、ねこだよ。」


いや・・・ハローキティーは固有名詞だからハローキティーでいいんだけどね(苦笑)

posted by Minnie at 00:00| Comment(5) | TrackBack(0) | 成長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月26日

腎臓

去年は夏休みの間ずっとベースの中にある【Youth Center】に通っていたリー。 朝7時〜夕方の5時まで。 可哀想だけど、これが共働きの宿命(涙) でも週に2回はフィールドトリプに連れて行ってもらえるし、週に1回はプールにも連れて行ってもらえるし・・・ 実際私が専業主婦で家にいたとしても、私と2人っきりの夏休みはリーにとってはきっとありがた迷惑だろうし(苦笑) 専業主婦のご近所さんは「毎日子供と2人でお互い暇持て余して大変よ。」って。 これが現実よね(苦笑)

もちろん今年もベース内の Youth Center にお世話になってますが、リーの通っている小学校が行っている課外授業に、2週間だけ参加させることにしました。 取った科目は、1.野外教育 2.人間の体の仕組み

2週間と言っても月〜木の4日間、朝8時〜12時までの4時間。 8日だけのクラスにしては結構な金額。 大金(?)を払って行かせたんだから、せめて毎日「今日はこんなこと習ったよ!」って何かを学んで欲しい!って思うのが親ですよね。

それが・・・

毎日「今日は何習ったの?」って聞くと。 答えは毎日同じく「何だったっけな〜。 忘れた。」 

本気でガックリです 来年は行きたいって言っても(言わないだろうけど)、行かせないってもう決めました。

リーが持って帰ってくる紙を見ながら「今日は骨の仕組みをならったんだね。」とか「今日は血についてならったんだね。」とか、とりあえずこっちも話をふるのですが、それらの返事も曖昧(困) 

私:「この紙について今日勉強したの?」
リー:「うん。」
私:「へぇ〜、すごいね。 ここに Kidney って書かれてあるけど、Kidney って何?」


・・・・・・しばらくしてから・・・・・・


リー:「beans?」


ダメだこりゃ


posted by Minnie at 13:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 成長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月28日

ガックリ・・・

日曜日の朝、ドーナッツが食べたい!とダンナがいきなり言い始め、起きると同時に車に乗り、ドーナッツを買いに行きました。

久しぶりに朝ごはんにドーナッツが出てきてリー大喜び 


「デザートで一番好きなのはドーナッツ(ドーナッツがデザート類に入るのかどうかもちょっと謎ですが・・・)! 果物で一番好きなのはリンゴ! 野菜で一番好きなのはソーセージ!

8才にもなってこんなこと言うなんて・・・ちょっとガックリです




 
posted by Minnie at 01:04| Comment(4) | TrackBack(0) | 成長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月22日

8才になりました♪

引越し翌週の土曜日はリーの8才のお誕生日でした  もしかしたらリーのお誕生日の週末に引越しになるかも〜!とちょっと不安ではあったのですが、ありがたいことに1週間前に引越しは終わり、落ち着いてお誕生日に集中することが出来ました。 よかった〜・・・

今年はリーのご希望により【Sky Zone】(トランポリンパーク)でお誕生日会をしました。 今年は初めて小学校のお友達も誘い(今までは女の子のお友達が多かったのですが、今年は男の子のお友達です(笑))、仲の良いお友達に囲まれ、楽しいひと時が過ごせたようです☆

Leal 8th BDP 3-15-14 073.JPG Leal 8th BDP 3-15-14 094.JPG Leal 8th BDP 3-15-14 102.JPG

Leal 8th BDP 3-15-14 115.JPG Leal 8th BDP 3-15-14 134.JPG Leal 8th BDP 3-15-14 153.JPG


タイミングよく義姉がコロラドから遊びに来ており、トランポリンパークでのお誕生日会の後は、義両親宅でみんなでお食事会。 野球の試合のためお誕生日会には参加できなかったコーディーも、こちらには出席。 相変わらず変なイトコ3人組(笑)

ダンナに「今年のプレゼントは何がいい? 欲しいもの2つ、必要なもの2つ言ってみな。」と言われ、「必要なのはサングラスと腕時計。 欲しいのは、蛍光の輪ゴム(ブレスレットを作るもの)」と答えたリー。 みんなに「何が欲しいの?」と聞かれ、みんなに「蛍光の輪ゴム」と答えていたので、すっごい量の輪ゴムの山(笑) これだけあったらもうしばらくは買わなくてもいいね(苦笑) とは言え、この蛍光の輪ゴム、かなり前から欲しい欲しいと言っていたにもかかわらず、1週間経った今でもまだブレスレットを作る気はなさそう。 あれだけ欲しいって言ってたのに・・・ じゃあ数袋は返品しちゃってもいいかしら(笑)? 

お誕生日の翌日は現実に舞い戻り・・・ ガレージ&バックヤードの整理整頓で大忙しですあせあせ(飛び散る汗)


posted by Minnie at 14:11| Comment(6) | TrackBack(0) | 成長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月17日

またサッカーシーズンがやってきました

来週あたりから気温が下がり、私の好きな秋が近づいてきております。 寒くなる前にもう数回はキャンプに行きたいな〜なんて思っていたのですが、リーがどうしてもサッカーがしたい!というので、泣く泣く(?)週末の娯楽を諦め、サッカーにサインアップしました。 今週末から11月の第一週まで続きます。

先週の木曜日初練習に行ったのですが、集まっている子供たちがすっごい小粒でビックリ! 前回のチームに比べてあまりにも小さいので練習の時間を間違ったのかと思ったくらい。 5才〜8才のチームだから身長差がでて当たり前と言えば当たり前なのですが、なんだか小さい子が可哀想。 その上男女混合だし。 初練習では女の子が爪を齧りながら「怖い。」って動かなくなるし、初試合では男の子が「怖くてフィールドに一人で行けない。」ってお父さんに手をつないでもらってる子もいたし・・・ おいおい、大丈夫か〜?(笑) 

後で分かったのですが、前シーズンは7才〜9才チームでリーは最年少だったんですよ。 今シーズンはどういった理由か(?)年齢割りが変ったようです。 通りでリーがデカく感じられるわけだ(笑) 

今回の試合、ゴールキーパーを含め6人がプレイしたのですが、案の定6人のうち2人は怖くて動いてない(苦笑) ファールの笛がなっても無視してボールを蹴り続けるし、ボールを蹴る度に靴は脱げるし、待機中の子供がいつの間にか勝手にプレイしちゃって相手の人数増えてるし・・・(爆笑) コメディーを見てるようで笑いが止まりませんでした(笑) 可愛すぎる〜ハートたち(複数ハート)

前回のチームでは最年少+初サッカーということで、あまり秀でたプレイは見られませんでしたが、今シーズンのリーはプロに見える(爆笑) ドリブルは得意ではないのですが、ゴールから蹴るボールが相手のゴールまでとどくので、それだけで「おぉぉぉ〜!!!」と観客から歓声。 ちょっと鼻が高かったダディーとマミーでした♪

First Soccer Game 9-14-13 004.JPG First Soccer Game 9-14-13 005.JPGFirst Soccer Game 9-14-13 006.JPG


First Soccer Game 9-14-13 050.JPG First Soccer Game 9-14-13 052.JPG First Soccer Game 9-14-13 082.JPG


初試合でリーは3点を獲得! 4対1で、リーのチームの勝ちぴかぴか(新しい) この調子で今シーズンはガンガン飛ばしてもらいたいものです☆



posted by Minnie at 12:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 成長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月18日

サッカー


 
1st Soccer game 4-13-13 049.JPG 

1st Soccer game 4-13-13 066.JPG



先週の木曜日に一回目の練習があり、翌々日の土曜日には初めての練習試合がありました。 

数週間前にYMCAの人から電話があり、「ボランティアでコーチをやってくれる人が見つからないのですが、やってもらえませんか?」って。 あまりにも唐突な質問だったので全く理解ができず、しばらく沈黙・・・ そして、「私がサッカーのコーチ?」



「無理無理無理無理無理無理!!!!!!!」



「それにしてもコーチがいないってどういうことですか? コーチがいない状態で$50もチャージして、サインアップさせるっておかしくないですか? そんな話聞いたことないんですけど、毎回そんな感じなんですか?」

「そうですね・・・お子さんが参加している親御さんがコーチをやってくれるっていうのがよくあるパターンなんですけど、今回はまだ決まってないだけで・・・ でも毎回こんな感じなんで、大丈夫だと思います。」

「大丈夫だと思うって言っても、万が一コーチが見つからなかったらすべてがキャンセルってこともありえるんですか?」

「う〜ん・・・ いや、それはないと思います。 必ずコーチは見つかると思います。」


必ず思うを一つのセンテンスで使われると、どう解釈していいのか理解に苦しむんですけど(苦笑) 

そして彼が宣言したように、練習の前日「コーチが決まった。」と連絡がありました。 今回初めて知ったのですが、コーチって言っても何かの検定を受けてパスした人とか、サッカーで優勝したことがあるとか、サッカーの経験があるとかでなく、とりあえず無料でコーチをしてくれればいい・・・みたいな・・・ あまりにも適当すぎてビックリ! 全く経験のない私でもいいですって言ったくらいだからな〜。 ホント、何でも適当なアメリカに未だに驚かさせる毎日です(苦笑)

リーはずっとサッカーをやりたい!と言っていただけあって、とりあえずサッカーボールは追いかけます(笑) 従兄のコーディーはやりたくもないのにお父さんに無理やりサッカーチームに入れられたため、練習試合のときもボールではなく、てんとう虫を追いかけたり、草をちぎって遊んでみたり(苦笑) 見てるこっちは違った意味でエンジョイさせてもらったのを思い出します(笑)

初めての試合は15対1でリーのチームの優勝ぴかぴか(新しい)  

リーのチーム(7〜9才)にアジア人(多分ベトナム人)の兄弟が2人いるのですが、この2人が半端でなくプロ並みに上手。 彼らの足元にボールがいこうものなら、100%間違いなくゴールされます。 どうもお父さんがサッカー狂なようです。

確かに彼らのおかげでリーのチームは勝ちましたが、でも彼らのおかげでボールを蹴ることが出来ない子も多々。 お兄ちゃんは弟にパスし、弟はお兄ちゃんにパスし・・・ お父さんは息子たちの素晴らしい足裁きに感動すると同時に、周りの白けた空気も気になるようで(まだその辺気が利くようでありがたい)、たまにお父さんがベトナム語で叫んだ後、息子が周りの子にパスしたりするので、きっと「他の子にもパスしろ!」って言っているのでしょう(笑)

彼らにお近づきになって、個人的に練習をすることがあったらリーも誘ってくれ!ってお願いしてみようかな? きっと彼に教わったほうが間違いなく上達するはず(笑) でも指示が全てベトナム語ってのがちょっと問題だけど(困)

これから1ヶ月の間でどれだけリーのサッカーレベルがアップするか楽しみです♪ まずはドリブルを練習しないといけないな。 


posted by Minnie at 01:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 成長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月18日

7才になりました

15日で7才になりました。 相変わらず突拍子のないことを言ったりやったりと、掴みどころのないリーですが、時と共に成長はしているようです(苦笑)

お誕生日を前に、念願のモヒカン・・・もどき?に髪を切ってきました。 

Leal 3-14-13 002.JPG
Before

Leal 3-14-13 003.JPG
After


翌朝誕生日当日。 「ちゃんと頭ツンツンさせてね!」と言うのでジェルでセットしてやり、胸に【バースデーボーイ】のバッジをつけてやると、「こんな最高な誕生日生まれて初めてだよぴかぴか(新しい)」だって(爆笑) あんたまだ起きてから15分しかたってないし、お誕生日会もまだやってないし、プレゼントももらってないけど、そんなに最高ならもう何もしなくていいかしら(笑)

その日は下校前にダンナがカップケーキ&ジュースを学校まで持って行き、クラスのみんなにお誕生日を祝ってもらいました♪ 写真ちゃんと撮って来てね!!って念を押していたのに、カメラを忘れたのではなく、わざと持って行かなかった・・・って・・・ ったく、超ムカつくむかっ(怒り)  リーの思い出のため、そしてリーが嬉しそうにカップケーキを配っているところが見たかっただけなのに!!!(怒) 役立たず〜!

お誕生日会は翌日の土曜日にローラースケートに行き、その後義姉宅で行われました。

初めは大嫌い!だったローラースケートもちょっと滑れるようになったので、今では大・大・大好きなんだそうです。 

Leal's 7th BDP 3-16-13 034.JPG Leal's 7th BDP 3-16-13 043.JPG Leal's 7th BDP 3-16-13 049.JPG


今まで絶対に嫌だ!と拒否していたレッドライト・グリーンライトのゲーム、そしてスピードスケートにも参加したリー。 スピードスケートが始まったとき、Aちゃん息子Tと一緒にさっさとリンクに出てきたリーを見て、私はびっくりというより大笑い。 まともに滑ることも出来ないのにスピードスケートに出ちゃっていいの〜?(笑) 案の定20人くらいいる参加者の中で、リーは思いっきり最下位。 トップの人には何度抜かされたことか(苦笑) それでも「俺のスピードスケート見た? めっちゃ早かったでしょう? ちゃんとビデオに撮ってくれた? よくわからないけど、多分4位だったと思うんだよね。」だって(爆笑) あまりにもポジティブすぎて、マミーは笑いが止まらなかったよ(笑) リーはこの世の中で一番の幸せ者だ。 ただ・・・ ビデオは見ないほうがいいもね・・・(苦笑)

ローラースケートの後は場所を義姉宅に移動して、パーティー続行。

Leal's 7th BDP 3-16-13 055.JPG Leal's 7th BDP 3-16-13 065.JPG Leal's 7th BDP 3-16-13 081.JPG

Leal's 7th BDP 3-16-13 130.JPG Leal's 7th BDP 3-16-13 117.JPG Leal's 7th BDP 3-16-13 142.JPG


リーのご希望通りのお誕生日が終わりました。 私は疲れた〜・・・ 

疲れを癒すため、明日から日曜日までの1週間ほどハワイのカウアイ島に行ってきます♪ 残念なことにあちらはずっと雨模様。 分厚い単行本を持ってリラックスしてきま〜す☆







posted by Minnie at 10:23| Comment(9) | TrackBack(0) | 成長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月20日

Winter Performance


Winter Performance 12-13-12 017.JPG

Winter Performance 12-13-12 018.JPG


先週の木曜日、6pmから1時間ほど小学校1年生&2年生の学芸会がありました。 この学芸会、今年は「本当のクリスマスキャロルを感じてもらうために、外で行うことになりました。」・・・・って。 このメチャクチャ寒い中、外で1時間も??? 当夜の気温、4度。 

残念ながらダンナはお仕事だったので、観に行くことができませんでしたが、その分私が右手には新しく買ってもらった一眼レフのカメラ、左手にはビデオカメラを持って行って来ました。 こんなに張り切ってカメラを持っていくのは私だけ?と思ったのですが、スマートフォンで撮っている人も多かった中、私のような一眼レフを持っている人もたくさんいてビックリ。 別に人種差別するつもりはないですが、一眼レフを持っていたのはアジア人系が多かったかも・・・(笑)  

リーはみんなよりちょっと背が高いので、何かがあるたびに毎回後列に立たされます。 なので前列の子供たちの頭と頭の間からタイミングを狙って写真を撮らないといけないので、とっても大変。 それでなくても綺麗な写真を撮るのは難しいのにあせあせ(飛び散る汗)  その上、今回は体を左右に揺すって歌うものだから、写真を撮る私は必死(疲) リーは基本歌を歌うのが好きなので、今回も恥ずかしがることなく、大きな声で歌ってました(笑) 私と目が合うたびニヤニヤしてるのも可愛かったな〜ハートたち(複数ハート)

1時間近く外に立っていたので体が芯から冷え始め、パフォーマンスが終わるころには、体は寒さでガタガタ震え、手足は冷え過ぎて痛かった〜(涙)

「教室の中でやってもよかったんじゃないのかな。」「なんで同じパフォーマンスを3回もやる必要があったのかな?」と、いろいろ不満もありましたが、それでもやっぱりわが子の成長振りを見るのは楽しく嬉しいもので、エクストラで頑張ってくれた先生たち&ボランティアの親御さんたちには感謝をするばかりです。 でも来年は教室内で学芸会をやってもらいたいな〜・・・

お知らせ: 紛失してしまったと思っていたギフトカードの入ったクリスマスカード・・・ブログをアップした数日後に郵便受けに入ってましたぴかぴか(新しい)  郵便配達の担当者に感謝感謝!!! 今度はちゃんと切手を貼って、宛先&返送先も書いて発送しました。 クリスマスまでに届いてくれるといいけど・・・
posted by Minnie at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 成長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月03日

バイクデビュー

義父兄弟も若かりし頃はダートバイクにハマっていたそうで、週末ともなればみんなでテントを持って山に行っていたそうです。 そして、その子供たち(ダンナ&従弟のアンディー)もお父さんたちの影響で小さい頃からバイクに乗り、その子供たち(リー&コーディー)もその道を進む羽目に・・・

7ヶ月年上の従兄のコーディーは、3歳の時に補助輪の付いたバイクを買ってもらいました。 買ってもらったというか、お願いもしてないのにアンディーが勝手に買ってきただけですが・・・(笑) そして「乗りたい!」と言ってもいないのに無理やり「乗れ!」と言われ、数回試し乗りをしただけで結局バイクは売られる羽目に。

義父兄弟がそうだったのかどうかわわかりませんが、ダンナとアンディーは何かとライバル意識が強く(本人たちは認めませんが(笑))、子供に関しても何かと挑戦的(苦笑) 早くにバイクを買い与え、アンディーはどうにかして先手を打ちたかったようですが、肝心の本人にやる気がなければどうしようもないですもんね〜(笑) そして、そんなバイクに興味を示さなかったコーディーを見てホッとするダンナ。

最終的にコーディーがバイクに乗り始めたのは半年前くらい。 やっとバイクに興味を持ち始めてくれて、アンディーは大喜び☆ でもそんなアンディーたちを見てダンナは焦るあせあせ(飛び散る汗) 何度もリーに「コーディーのバイク乗ってみれば?」と聞くものの、返事は「NO!!!」

トイレトレーニングや補助輪を取った時のように、本人にやる気がなければ親が焦ったところでどうしようもないんですよね。 「本人から『乗りたい!』って言うようになるまで、あんまり催促しないほうがいいよ。」と、私。 できれば一生バイクに興味は示して欲しくなかったんだけどね、私としては。 見てて危なっかしいし、わざわざお金のかかる【ダートバイク】なんて趣味にしなくってもいいじゃん(困) 

とは言え、ダディーもアンディーもコーディーもお友達もみんなバイクに乗ってたら、そりゃ「乗りたい!」って言う日は来るわけで・・・

Labor Day Weekend 9-1-12 091.JPG


やっぱり自分で「乗りたい!」って言っただけあって、怖がることもなく、上手に乗ってました。 ただ、今までダディーがバイクに乗っているのを十分見てきた分、ダディーの見よう見まねで、カーブの時足を出してみたり、立ってみたり・・・ 見ててドキドキ、手に汗握る瞬間もあります。 友達の子供(11才)もついこの間バイクで骨折ったとこだし・・・ 私の寿命が縮みそうです(涙)

posted by Minnie at 16:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 成長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月13日

3本目!

3本目の歯が抜けました。 奥歯上下4本がもうすでに生えてきているので、これで7本目の永久歯です。 どんどん永久歯が増え、歯の管理が大変になってきております。 乳歯のように「虫歯になても抜けるから大丈夫よ。」なんてもう言えないですからね〜。

1本目の歯が抜ける時・・・

ダンナ:「自分で抜け! でなければ俺に抜かせてくれ〜!」
リー:「NO! NO! NO!!!!!(涙)」

と、歯がグラグラし始めてから抜けるまでの長〜い間、ずっとこんな調子でうるさかった2人。 2本目からはもう少し落ち着いてよねむかっ(怒り)  あまりにも毎日毎日2人のやり取りがひどかったので、少しイラついていた私。 

2本目は歯医者さんに抜歯してもらったので、大騒ぎする2人を見なくてよかったので私的にはラッキ〜☆(笑) 


Leal 8-8-12 003.JPG
こんな状態でも「抜かない!」と言い張るリー。
なので、結局「抜かせろ〜!」とダンナ・・・
爽やかなマヌケ面リー(笑)



Leal 8-12-12 016.JPG
グラグラし始めてから数週間・・・
今日やっと抜けました。
こちらもステキなマヌケ面(笑)



2本目の抜歯した歯の根っこがと〜っても長くびっくりしたのですが、今回は逆に、全く根っこがなくびっくり。 歯が抜けたのではなく、根っこを残したまま歯が折れちゃったんじゃないか?と、焦ってネットで調べたところ・・・

通常、永久歯は乳歯の歯根を吸収しながら顎骨の中を徐々に上昇し、乳歯の真下からではなく、下顎の場合は乳歯の真下からではなくやや内側(舌)寄りから萌出する経路をとるため、乳歯の脱落前に永久歯の頭が内側から露出しても直ちに異常とはいえません。しかし永久歯があまりに内側(舌側)に生えてきた場合はこの様にまったく乳歯の根が吸収していないことがあります。

というわけで、今回は永久歯が乳歯の歯根をちゃんと吸収してくれたってことなんでしょうね。

あ〜・・・びっくりした!


8-12-12 011.JPG
これだけの違いがあるっていうのもすごいですよね〜。


抜けた歯はしっかり枕の下に置かれております(笑) Tooth Fairy ちゃんと来てくれるかな?(笑) 
posted by Minnie at 12:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 成長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月04日

抜歯しました。

乳歯が抜ける前に永久歯が2本生えてきて、やっとのことで6歳のお誕生日に最初の1本が抜け、早く2本目も抜けないものか?と思っていたのですが・・・全く抜ける様子なし! ある程度グラグラしていたらそこまで心配しなかったのですが、まだまだしっかり根っこが生えている感じだったし、永久歯が生えてきてから5ヶ月も経っているので、ちょっと心配。 歯医者に連れて行くと・・・

「抜いてもいいですよ。」


・・・って言われたのですが、なんかしっくりこない・・・ 「抜いたほうがいいですね。」とか「抜かないとダメですね。」なら納得いくのですが、「抜いてもいいですよ。」っていう言い方、なんか違う・・・?!? 別に私たちが「抜いてください。」ってお願いしたわけではないのに。

それも「もう少しグラグラしてくれていたほうが本当はいいんですけどね。」って。 もう少しグラグラしてたら私たちはここに来てなかった!って話なんですけど・・・ 

とにかく、このままだと後数ヶ月(下手したら半年)は抜けなさそうだったので、永久歯が変な場所で固定してしまうんじゃないか?という私たちの不安から、抜歯することにしました。 

当日はダンナに連れて行ってもらい、私はお家で待機。 数週間前に予防注射を受けたとき、すーーーーーーっごい大暴れされ、羽交い絞めで「さっさと打っちゃってくださいあせあせ(飛び散る汗)」って、ものすっごい大変な経験をしたところだったので、今回はダンナにお願い(笑)

ダンナの報告によると、家を出てから歯を抜くまでの30分の間に、何度も何度も同じ質問(例:「歯を抜くのって痛い?」「何本注射打たれる?」「ダディーが6歳のとき歯抜いた?」)をされ、違った意味でダンナは精神的に疲れたようです(苦笑)

結局のところ、頭のてっぺんらつま先までガチガチに硬直していたようですが(笑)、泣くこともなく、大騒ぎすることもなく、無事抜歯終了わーい(嬉しい顔)


Leslie's BDP 4-28-12 001.JPG Leslie's BDP 4-28-12 003.JPG Leal 5-2-12 020.JPG

抜けた歯を見てびっくり! 根っこ長くないですか?? 
これではグラグラするわけないわ〜。 
歯医者さんも「普通よりちょっと長いですね。」って言っていたそうです。 


抜歯した日にネバダを出発したので、歯を持ってくるのを忘れたリー。 でも「歯忘れちゃったけど、Tooth Fairy くるよね。 歯が抜けたのには変わらないんだから。」って、ちゃっかりまたお金もらってました(笑) 

posted by Minnie at 09:44| Comment(16) | TrackBack(0) | 成長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月14日

6歳になりました!

と言ってもリーが6歳になったのは、もう1ヶ月も前のお話(笑) とっても遅くなりましたが、とりあえずどんなお誕生日を迎えたのかだけ書いておこうと思います。

どこでどんなお誕生日会を開いてあげようかといろいろ考えたのですが、考えただけで結局実行せず、あれあれ?と言っている間にリーのお誕生日が来てしまいました。 毎度のパターンです(笑) 

お誕生日当日、ダンナは1PM〜9PMシフトだったので家族3人で外食も出来ず、ダンナが帰ってきてからケーキだけでも切ればいいかな・・・ なんて軽く考えていたのですが、義母&義姉から「みんなで食事に行こう!」とお誘いを頂いたので、Chili's に行って来ました♪ リーの大好きなトランスフォーマーのケーキまで準備してくれていて、ありがたい、ありがたい。

誰よりも先にリーのお誕生日をお祝いしたかったダンナは、お誕生日当日いきなり、「朝ごはんを食べに行こう! リーが食べたいもの何でもオーダーしていいぞハートたち(複数ハート)」と、急げ急げと言わんばかりにMimi's Cafe まで行き、朝ごはんを食べてきました。リーは大好きなブルーベリーマフィンを食べ、ダンナはとりあえず自分が誰よりも先にお祝いできたことに満足できたよう。 よかった、よかった・・・


Leal's 6th BD 3-15-12 010.JPG Leal's 6th BD 3-15-12 020.JPG Leal's 6th BD 3-15-12 026.JPG
数人の店員さん&お店のお客さんみんなにハッピーバースデーを歌ってもらい
恥ずかしいけど、とっても嬉しそうにしていたリー(笑)


みんなに集まってもらい、食事もして、ケーキも切ったんだからお誕生日会はもうしなくていいでしょう・・・と思っていたのですが、自分が一緒にお祝いできなかったちっ(怒った顔)と、ダンナが主張するので、週末もう1度、今度はお友達も誘って、みんなでボーリング場でお誕生日会をすることにしました。

あまりにも急に決まったことだったので、何の準備も出来ていなかった私。 前日の金曜日、大雨の中 Goodie Bag の準備のため買い物に行き、ケーキをオーダーしに行き、ボーリング場に持っていく紙皿やナイフ、ビデオカメラ&カメラ、ろうそく、etc・・・を全てを1つの箱にしまい、準備万端!

お誕生日会当日、私たちからのお誕生日プレゼントを買いにバイクショップに立ち寄った時から歯車がズレ始め・・・

1.雨が予報されている中、ダンナがトラックの窓を閉め忘れてきたため、また30分かけてダンナはトラックまで戻ることに・・・ よって、ダンナはパーティーに遅れてくる羽目に・・・
2.バイクショップで思ったより時間がかかってしまい、主催者の私がパーティー会場に時間ギリギリ到着
3.4レーン予約していたはずなのに、3レーンしかリザーブされていなかった
4.その3レーンの場所もバラバラ
5.レーンを一緒にしてもらうため待つこと30分
6.4レーンのはずが3レーンしかとれなかったので、ピザが3枚しかこなかった(食べ物が足りないほど申し訳ないことはない)
7.パーティー会場に持ってくるつもりだった箱をダンナが義両親宅に下ろしてしまい、準備していたもの全てないままパーティー続行(Goodie Bag だけは別に持ってきていたので助かった〜)
8.肝心のカメラがないもうやだ〜(悲しい顔)  
9.ダンナの iPhone で撮ったけど、室内で照明が暗かったせいか、全然いい写真が撮れなかった(涙)
10.レーンが足りず、1ゲームプレイするのにとっても時間がかかった上、プレイできなかった人もいた


096.JPG 104.JPG 121.JPG
カメラがないってわかったときは、本当にがっかりしました〜たらーっ(汗)
怒りを通り越して、悲しくなっちゃったもんな〜・・・



踏んだり蹴ったりのお誕生日会でしたが、まあそれなりに楽しめたのではないでしょうか・・・ ってか、そう思いたい・・・(苦笑) 来年のお誕生日はもっとスムーズに行くように、前もって考えておかないとね。


posted by Minnie at 00:00| Comment(8) | TrackBack(0) | 成長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月17日

Tooth Fairy



Leal 3-6-12 010.JPG
日本から帰ってきた翌日、3月6日


約3ヶ月ほど前、乳歯が抜ける前に発見された永久歯(こちらのブログを読んでください)。 歯医者さんが言うように辛抱強く乳歯が抜けるのを待っていたのですが・・・ いつまでたったも抜けない(困) そして抜けないまま6歳のお誕生日を迎えてしまったリー。

Leal's 6th BD 3-15-12 003.JPG
お誕生日の前夜、3月14日


とは言え・・・ 日本から帰ってきた時点で1本はかなりグラグラ。 いつ抜けてもおかしくない状態。 毎晩毎晩ダンナに「見せてみろ!」「抜かさせてくれ!」と迫らせ、ビビリまくるリー(苦笑) リーの成長に関して今まで特に興味を示さなかったダンナですが、どうも初めの歯は自分が抜いてやりたいらしく、「もういいじゃん!むかっ(怒り)」ってダンナが私に怒られるくらい、リーに「今抜け!」とプレッシャーを与え、脅すダンナ。 毎晩リーは「NO〜!あせあせ(飛び散る汗)」と半泣き(疲) このやりとりを見るのが本当にうざい・・・

「放っておいたって抜けるときは勝手に抜けるんだから、もう止めて! うるさい!(怒)」


日本から帰ってきて2週間半、本当に疲れた。
 

私の記憶では、歯がグラグラし始めて抜けるまでの過程はちっとも楽しくなかったし、ワクワクすることなんて全くありませんでした。 でもダンナは、「グラグラし始めた歯をグイグイ引っ張って、血が出る感覚がたまらん♪」とわけのわからないことを言うし・・・(困) 通りで、リーに「抜かせろ!」って襲いかかるわけだふらふら 可哀想なリー。

確かに、皮膚1枚でつながっているような歯を大事に大事にしているリーもどうかと思いますけどね(苦笑) でもまあ、飲み込んだところでウンチと一緒に出てくるだろうし、気が付かない間に抜けちゃって、歯がなくなったところでどうこう言うわけでもあるまいし。 どんな状況でもいいから、早く抜けてくれ・・・って言うのが私の本音。

3月15日。 とうとう乳歯は抜けないまま6歳のお誕生日を迎えたリー。 今日こそは歯を抜かせてくれよ!と藁にもすがる思いでリーに頼み込むダンナ(苦笑) 「ダディーがお仕事から帰ってくるまで絶対に歯キープしとけよ。」と言い残し、出勤。

過去数ヶ月早く歯が抜けないものか・・・と、心待ちにしていたのは間違いなくリーではなくてダンナ。 にもかかわらず、リーの歯はレストランのパーキングで、従兄と遊んでいる間に呆気なく取れてしまいました。 義両親の車に乗り込み、出発したと同時に「マミー、歯、まだある?」と聞くリーの口の中には歯はなく、あるのは穴だけ。

その報告を受けたダンナは、自分で歯を抜くことが出来なかっただけでなく、取れた歯までなくなってしまい、とってもがっかりバッド(下向き矢印)(苦笑)

そんなダンナを可哀想と思う同時に、「過去数週間毎晩リーを泣かせた罰が当たったんだよ。」と、くすくす笑いが止まりませんでした。

リーに「歯なくしちゃったけど Tooth Fairy は来てくれるのかな?」と聞くと、「大丈夫だよ。Tooth Fairy はすっごく小さいから、口の中に入って歯が取れたことを確認してくれるはずだから。」ですって。 都合がいいですね(苦笑)

とりあえず、歯が抜けて万々歳の私(笑) 2本目はこんなに大騒ぎしないで欲しいものです・・・

posted by Minnie at 10:56| Comment(4) | TrackBack(0) | 成長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月12日

やられたっ!

約半年前に7つも虫歯が発見されたリー。 その治療には時間とお金がかかりました。 あっ、それとリーの勇気と努力もね(笑) 周りの子供たちの乳歯がどんどん抜けていくのを見て「大人の歯は一生ものだから、そんなに早く入れ替わっても大変なだけ。 なるべく乳歯が抜けないように頑張ってね。 できれば7歳くらいまで乳歯でお願い。」なんてリーに言い聞かせたりして(笑)
 

5歳になったと同時に乳歯が抜けた従兄に比べて、リーの乳歯はまだまだしっかりしてる。 この調子でしばらく乳歯でいてくれたらありがたいんだけど・・・・なんて思っていたら・・・・



こんなことになってましたがく〜(落胆した顔)


Leal 11-30-11 001.JPG
乳歯が抜ける前に大人の歯が生えてきちゃってるあせあせ(飛び散る汗)




これにはマジでビックリ!!! ってか、本人何も言わなかったし・・・ 普通気が付きませんかね??
 


乳歯がある程度グラグラしてるようなら放っておいてもよかったのですが、まだまだしっかり根が生えている感じだったので、とりあえず歯医者さんに見てもらうことにしました。 私とダンナの意見は「きっと抜くことになるだろうね。」ってことで一致していたのですが、歯医者さんのアドバイスは「あと半年くらい様子をみてください。」って。

というのも、見た目はしっかり生えている永久歯ですが、レントゲンで見てみると、まだ根っこがしっかり生えていない様子。 この状態で乳歯を抜いてしまうと、永久歯に負担がかかりすぎて折れてしまう可能性があるそうです。 なのでこの永久歯をサポートするためにも、まだ乳歯は抜かないほうがいい・・・というのが先生の意見。 「この調子で大人の歯が生えてくると同時に乳歯が押され、自然に抜けると思いますよ。」という先生のお言葉を信じ、このまましばらく様子を見ることになりました。

とは言え、歯並びがおかしくなるんじゃないか?っていう心配は消えません。 このままだと矯正をすることになるんだろうな〜(困) 今からちょっとずつお金貯め始めないとな〜・・・たらーっ(汗)
posted by Minnie at 06:17| Comment(13) | TrackBack(0) | 成長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月22日

微妙だな〜

子供が成長していく姿を見るのは、親としてはとっても嬉しいもの。 ですが・・・ 成長と共に厄介なことは増え、苦笑いしちゃうような言動にどうしたらいいのか焦ることも多々。

今年もダンナにはお誕生日プレゼントを用意していなかったので、とりあえずリーにバースデーカードを書かせ、「プレゼントを買ってないからお金を入れてあげようと思うんだけど、いくら入れたらいいかな?」と聞くと、「う〜ん・・・」と考えた挙句、「1ドルと25セント」と言うリー。 去年は1ドルだったので、今年は25セントほど成長したな(笑) なんて心の中でクスクス笑っていた私。 

私のお財布からお金を出して、自分で封筒の中に入れたい!と言うので、お財布を渡し「1ドルあるかな〜? どれが1ドルかな〜?」なんて言ってる私の目の前で

「やっぱりこっちにする。」


と言って、100ドル札を出そうとするリーがく〜(落胆した顔)  普段は100ドル札なんて持っていない私なのですが、その日はギャンブルをする予定だったので(笑)わざわざ銀行でお金をおろしたばっかりだったのに! 「えぇぇ〜? 1ドルでいいんじゃない? 1ドルでいいと思うよ。」と必死で100ドル札を隠そうとする私の手をさえぎり、「いや〜、やっぱりこっちがいい。」と、どうしても100ドルをダディーにあげたいと主張するリー。 

5歳にもなると1ドルより20ドル、20ドルより100ドルのほうがいいってわかるようになるんですね〜。 とは言え、25セントも入れる!って言ってたから、その辺が5歳児っぽくて可愛いんですけどね☆ おかげでダンナは$100+25セントの収入(笑) リーに感謝しないとね(笑) 

posted by Minnie at 11:43| Comment(5) | TrackBack(0) | 成長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月14日

学校での様子

キンダーが始まってまだ1ヶ月しか経っていないのですが、明々後日の金曜日がリーが学校に行く最後の日となります。 日本と違って学校に入るのも簡単ならば、転校させる手続きもあってないようなほど簡単(笑) 登校最後の日にオフィスに行って転校すること伝え、書類にサインしたら終わり・・・らしい。 こうやって考えてみると、日本の学校っていろんな意味ですごいな〜って感心させられる今日この頃。  

キンダーに通い始めるまでとーーっても不安だったのですが、実際に行き始めると、「なんだこんなものか。」と、私が考えていたほど大変なものではなかったので、ホッと一安心。 ネバダの学校もこの調子でスムーズに行くといいのですが・・・

毎日大きなリュックサックを背負って学校に行くのですが、中にはいってるのは紙が数枚入ったファイル1つだけ(笑) その中にカレンダーが張られてあるのですが、いい子に過ごせた日はステッカーをもらって帰ってきます。 実は過去1ヶ月の間に2度ほどステッカーが貼られてない日が・・・

1度目は「先生が話をしているときにおしゃべりをしていた。」と注意され、2度目はなんと1日中言うことを聞かなかったようで、レッドカードをもらって帰ってきました。 帰宅後、この日は10分ほど部屋で「反省」をさせられ、【I will be a good boy / いい子にします】と20回書かされ(本当は5回の予定が反省する姿勢が見られなかったので20回に増えた)、本人もかなり堪えたよう(苦笑) 「もうレッドカードはもらわないようにする!」って言ってたし。 ただ・・・「またレッドカードもらったときは、部屋で反省して、【I will be a good boy】って書くから。」・・・とも言ってたな〜。 またレッドカードもらう予定? 本人【反省】の意味ちゃんとわかってるのかな〜・・・(不安)

昨日リーをお迎えに行った時「今日はみ〜んなグリーンカードをもらいました。」という先生の言葉に、「That's not good....right? / それはよくないんでしょう?」と聞き返す私に、先生目を真ん丸くして「いいことなんですよ!!」って笑われちゃいました(笑)

まだまだ知らないことがたくさんありすぎる・・・ 信号と同じでグリーンはよくて、イエローは警告、レッドは最悪だということを今日学んだ私。 まあ、普通に考えても当たり前といえば、当たり前なんだけどね(苦笑)

話は変わり、明後日には引っ越し屋さんがパッキングに来ます。 いろいろ準備をしたいんだけど、ぎりぎりまで必要な物ばかりなので、気は焦るけれども何もできないのが今の状況。 全てがスムーズにいけばいいけどな〜。

Labor Day 9-5-11 115.JPG Labor Day 9-5-11 114.JPG
サバンナは隣の家に住む5歳の女の子。
登下校も帰宅後も週末も一緒に遊ぶくらいの仲良しハートたち(複数ハート)
この2人を引き離すのはかわいそうだな〜・・・(涙) 
posted by Minnie at 01:08| Comment(9) | TrackBack(0) | 成長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月24日

初登校をしたのはいいものの・・・

昨日の朝、「おぉぉ! そうだ! 今日からキンダーなんだよ。 急がなくっちゃあせあせ(飛び散る汗)」って飛び上がるようにして着替えを始めたリー(笑) 近所のお友達に「え? お前も学校行くの? 俺もなんだよ〜、参ったな〜(笑)」みたいな口調で、出会うお友達みんなに声をかけていました(笑)

登校中に学校での注意事項や、ランチの説明や、これからはマミーじゃなくてダディーがお迎えにくることや、いろいろ話をしながら約10分で到着。

ちょっと早めに着いちゃったのでカフェテリアで待機(カフェテリアは7:10にオープン)。 予鈴がなり(7:35)、先生たちの指導の元、5年生の女の子2人に引率され、キンダーの生徒たちは自分のクラスに連れて行ってもらいます。 中には自分の教室も、クラス番号も、先生の名前さえも覚えていない子供たちが数人いて、引率してきた5年生の女の子たちも「どうしよう?」って戸惑うばかり。 子供たちの名前を聞き出し、クラス表から名前を探し、やっとのことで送り届けた5年生のお姉ちゃんたち。 ご苦労様でした(笑)

クラスに着くと緊張のあまり笑えない子や、不安で不安でたまらなく泣いちゃってる子や、子離れできなくて泣いてる親もいて、教室内はすっごいことになってました(苦笑) もう学校のシステムに慣れているリーは今までと変わることなく「じゃね。」とキス&ハグをしてお別れ。 ただ、「じゃ、マミーもう行くからね。 チューして♪」と言った時、今までなら躊躇することなくすぐにキスをしてくれていたのですが、今回は周りの様子を伺いながらのチュー。 あぁぁ〜・・・ きっとそのうち「無理無理!」なんていわれる日が来るんだろうな〜もうやだ〜(悲しい顔)  寂しいな〜(涙)

キンダーの下校は2:50。 これからのお迎えはダンナのお仕事です。 

「ただいま〜!」と仕事から帰ってみると、リーはカウチの上で寝そべり、ブランケットを肩までしっかりかぶってるんです。 あれれ? おかしいな〜・・と思い、おでこを触ってみるとメッチャ熱い。 熱を測ってみると39度。 ダンナに手を繋いで帰ってきたんでしょう? 気がつかなかったの?と聞くと、「・・・・No.」ですって(困) 

ゾクゾクするくらい寒いというのでクーラーの設定を変え、ブランケットをもっとかけ、落ち着いたらぐったりと1時間半くらい寝てしまいました。 起きた時にはもっと熱くなっていたので、薬を飲ませ様子を見てみると、38度くらいまでは下がったかな〜。 でも薬がきれはじめると、また熱はぐんぐん上がり、結局登校2日目・・・欠席バッド(下向き矢印)

2日目の今日も薬がきれると39度4分くらいまで熱は上がり、下がる傾向はナシ。 

9時前にダウンし、今はベッドで寝てます。 3時に飲んだ薬がきれたようで、今リーの体はびっくりするくらい熱く、この調子だと明日もまた欠席かな〜(困)


First Day of Kinder 8-22-11 005.JPG First Day of Kinder 8-22-11 011.JPG
posted by Minnie at 13:05| Comment(5) | TrackBack(0) | 成長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月05日

最近のリー

ダンナが夜のシフトに変ってから約1ヶ月半が経ちました。 月〜金の間でリーがダンナに会えるのは、基本7PM〜8PMの1時間のブレイクのみ。 私の仕事が早く終わったり、午後出勤だった場合、運がよければ(ダンナが珍しく早起きしたり、自習勉強に行かないときのみ)数時間一緒に過ごすことができますが、実際のところは見ていて可哀想なくらい一緒に過ごせる時間がグ〜ンと減りました。

子供って大人とは違ったところでストレスを感じ、そのストレスをどう発散したらいいのかわからず、意味のないことで駄々をこねてみたり、分けの分からないことを言って親を困らせたりします。 ここ最近とっても聞き分けが悪く、どうして急にこんな風になっちゃったのかな?と思って考えてたんです。 いつ頃から聞き分けが悪くなったのかな〜・・・って。 よくよく考えたら、ダンナのシフトが変って数週間後くらいからなんですよね〜。 リーがこんな風になったのは。 

今まではきちんと理由さえ説明すれば、大抵のことは納得してくれていたのですが、最近はこれ以上詳しく理由を説明しきれない!ってなくらい細かく説明しても「でもやりたいんだもん。」「でも欲しいんだもん。」「でも行きたいんだもん。」の一点張り。 そして最後は大泣き。

こっちもお手上げです。 まあ、大抵の場合は放っておいたら勝手に泣き止んで終わりなんですけど、タイミングが合わず、泣き止むチャンスを失ったときは収拾がつかなくなり、「泣き声なんか聞きたくない! 泣き止むまで部屋に行きなさい!」って部屋に押し込まれる羽目に(苦笑)

こんな情緒不安態な状態でキンダーが始まるのかと思ったら、結構不安たらーっ(汗)  キンダーが始まるまで後2週間。 ダンナにお願いして、もう少しリーとの時間を増やしてあげられないものか、ちょっと相談してみたほうがいいかもな〜。

と、そんなリーの笑える話。

数週間前、お風呂から出たりーに「早くパジャマ着てベッドに行きなさい!」と急かす私に、「パズルしたいんだけど・・・・」と言うリー。 「今日はパズルなんかする時間ないよ。 もうおそいんだよ。」と言うと、「Well then... After I cry...Can I do puzzle?/じゃあ、泣いた後ならパズルしてもいい?」って。 If I cry じゃなくて After I cry っていう設定にマミーはズッこけました(苦笑) ってか、OKっていったら泣いてたのかな?(笑)

もう1つ。 何でも(本当に何でも)食べる好き嫌いのないリーなのですが、お菓子&果物以外のものを食べることにあまり興味がない上、食べるのがメッチャ遅い!! あまりにも遅いときはタイマーをセットして「あと15分以内で食べ終わらないと、食後のお菓子はないからね(怒)」と半分脅し状態。 でもタイマーをセットしたら5分もしないうちに食べ終わるんですよ。 だったら最初からさっさと食べろ!って感じなんですけどね〜、まったく。 

そんなある日、その日は「早く食べなさい!」って急かされる事なくスムーズに食事は進んでいたのですが、最後の1/3あるかないかくらいになったとき、リーが「マミータイマーセットしてくれる?」って・・・

ってか、なんで自分からタイマーを要求してくるわけ? タイマーがセットされるともう1人のリーが現れて、全部食べてくれるってわけじゃないのに(苦笑) ホント、分け分かりません。 

Austin 7-31-11 078.JPG
750ピースのパズルに挑戦中。 
3週間はかかってるかな(笑)






 
 

 

 


posted by Minnie at 14:04| Comment(14) | TrackBack(0) | 成長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月29日

子は親の背中を見て育つ

子は親の背中を見て育つとよく言われますが、まさにその通り!(笑) 何気ない日頃の私たちの言動を子供はよく見てます。 ついさっきの出来事・・・ バスルームからリーが「マミー! 見て見て! マミーのためにやったんだけど、見て〜!!」と叫ぶので、「何やったの?」と聞くと、



「ボトルのソープが少なくなってきたから、水足しておいた♪」ですって(苦笑)




買って来たばかりのシャンプーや、ディッシュソープなんかちょっと水を混ぜて薄めるんです。 理由はもちろん節約もありますが、なんとなくそこまで濃度が濃くなくてもいいような気がして・・・ それをきっとリーは見ていたんでしょうね〜。 そのうちペーパータオルも「カウンターの上を拭いたあと、まだ使えるようならフロアもついでに拭いておかないとね☆」なんて言い始めたりして〜(笑) 節約術を小さな頃から学ぶのはいいこと! どんどん真似して欲しいものです(笑) 
posted by Minnie at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 成長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする