2017年05月01日

タレントショー

年に2回行われるギターの発表会、学校で行われるタレントショー、地域のイベント・・・ ステージの上で、たくさんの観客に囲まれてギターを弾くのが大好きなリー。 チャンスがあるごとに参加します(苦笑) 

今回リーが参加したのは、カウンティ―(市より大きく県より小さい区域)のタレントショー。 ただ・・・ 今回のタレントショーに関しては、順位が付けられ、上位2に入れば次の大きな区域のショーに進むというもので、リー生まれて初めてのコンペティションです!

6〜10才の部門、11〜14才の部門、15〜19才の部門と別れており、3月15日で11才になったリーは年上の人たちと競い合うことになります。 なので最初は「どうせ勝てないから、楽しんで弾いてくればいいよ。」くらいのノリだったのですが、リハーサルの時に競争相手のパフォーマンスを見てたら・・・

「リー・・・もしかしたらチャンスあるかも?


と思えたので、ちょっと頑張ってもらうことにしました(笑)

今回リーが弾いたのはビートルズの「While My Guitar Gently Weeps」。 普通にジーンズとシャツで行かせるつもりだったのですが、評価の一部に「衣装、外観評価」という項目があったので、急いで黒のスーツを調達(お友達から借りました)。 歌のレベルがとっても気になるけど、運がよければ上位に入れるかも??? 

と思って張り切って参加したのですが・・・ 現実はそう甘くない!


リハーサルには来ていなかった数人に上位持って行かれちゃいました


リハーサルは強制だと思っていたので、まさかリハーサルに来てない人たちがいたなんて思ってもみなかった・・・ なので参加直前まで「チャンスあるかもよ!」とリーをおだててしまったのが間違い。 本人はすっかり自分が上位に入るものだと思っていたらしく、自分の名前が呼ばれなかった時にはちょっとガッカリ  ギターの先生に「リーは上手だった。 審査員の人たちはギターのことを何も知らない。 上位に入った人が弾いた曲よりリー曲の方が断然難しいのに、そういったところを重視してない。 リーは頑張った!」って、慰められてました(苦笑)

本人もちょっと納得いかない様子を見せてましたが、数分もしないうちに、参加賞でもらったチョコレートを食べて元気復活! そして今度はタレントショーではなく、ギターのコンペティションに参加するぞ!って張り切ってます。 まぁ、歌さえ歌わなければ上位に入れるかもね

Talent Show 4-21-17.jpg

posted by Minnie at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 成長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449255350
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック