2017年04月01日

壊れた掃除機の行方

ずっと欲しかったダイソンの掃除機を手に入れたのが6年半前。 昔ながらの前後にしか動かない掃除機に比べて、ダイソンは斜めにだって行けちゃうし、軽いし、吸引力もあるし、最高!! と思ってたのもほんの数年。 数ヶ月に一回はちゃんとフィルターも洗っていたのにもかかわらず、オーバーヒートしたし、オーバーヒート寸前で掃除を中断しなくちゃいけない事も多々。 で、6年半後、スイッチを入れてもうんともすんとも言わなくなってしまった

以前カスタマーサービスに電話したときに言われたように、メインのパーツを分解して掃除もしてみたけど、それでも動かない。 どうもモーターがダメになっちゃったみたい。 全部分解して一から組み立て直す気はサラサラなく、諦めて新しい掃除機買うことにしました。 で、ここで悩むのが・・・


もう一度ダイソンを買うか?



う〜ん・・悩むところ。 


ネットでいろいろ調べて、悩んで、結局買ったのがこちらのシャーク↓

61wA5tIGU-L._SL1500_.jpg


「やっぱりダイソンにしておけばよかった。」ってことにならないといいのですが・・・

問題は壊れたダイソン。 ここには粗大ごみの日ってのがないので、こういったものの始末が面倒くさい。 でも新しい掃除機が来る前には始末しておきたい! そこで考え付いたのが【Craigslist】に載せて、持って行ってもらう。 

「壊れてるダイソンいりませんか〜?」って記事を載せたら、さっそく4人の人から連絡があり、1時間も経たないうちに持って行ってくれた(笑) 

でもそれって、みんな直せる自信があるってことなのかな? もしかして実はちょこっといじっただけで直せちゃうってパターンなのかな? 手放したものの、もう少し粘って修理するべきだったんじゃないか?とちょっと不安になってきた。 

ってか、直ったら返して〜!!

posted by Minnie at 02:24| Comment(0) | TrackBack(0) | プルマスレイク日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック