2015年10月18日

募金活動

アメリカの学校には冷暖房は装置されているし、掃除は清掃会社の人がやってくれるし、夏休みが長い分人件費も削減できるし、芝生がきれいに敷かれたグラウンドもあるし・・・ そういった面ではとても金回りがよさそうに見えるのですが、実際のところはとても貧乏。 何かといえば【Fundraise/募金】【Donation/寄付】と、次から次へとお金や物の請求がやってきます。 もちろん強制ではありません。 でもすべてを無視することもできず、かと言ってどこで線を引いたらいいのかもわからず、言われるがままに募金&寄付。 

毎年4年生は一泊二日でキャンプに行くのですが、それにかかる費用、一人$110(約1万円)。 半分は自己負担で、残りの半分を募金活動で集めようというプラン。 子供たちの分だけでなく、引率する先生&親たちの分まで集めなくてはなりません。 たった一泊二日のキャンプで(それもキャビンではなく、テント)一人$110という金額は決して安いとは思いませんが、チマチマした募金活動のことを考えると、$110払ってしまったほうが楽。 

一ヶ月前【キャンプの話し合い】があったとき、「募金活動をせずに$110自己負担っていうのはだめなんでしょうか?」と一応ダンナが提案してみたのですが、言うだけ無駄だったよう・・・

そういった活動の一環として、月に一回【Movie Night/6時〜8時の2時間、$5の入場料を払って子どもたちが学校の体育館で映画を観る】が行われるのですが、先週末の金曜日は4年生の親が主催者となりMovie Nightを開催。 4年生の子供をもつ親として、もちろんお手伝いをしてきました。 基本子供が大好きな私なので、こういったお手伝いは率先してやりたい方(笑) 4年生の子供の数は約75人。 でも実際にお手伝いに来ていたのはたったの8人。 そのうちの2人は私とダンナ。 

全額負担してもいいと思っている私たちが募金のお手伝いして、実際お金のない人たちはお手伝いしない・・・ってちょっと納得いかないな〜。 

そして翌週の金曜日は学校全体で行われる【Harvest Festival/秋の祭典】。 4年生も焼き菓子のブースを出し、ここでもまた募金活動。 料理は得意でも、お菓子作りは全くダメな私。 なのでローカルのドーナッツ屋さんからのドーナッツを寄付。 そしてまたここでもダンナと2人でセールのお手伝い。 この時点で私たちはもうすでにリーがキャンプに行けるだけのお金は十分稼いだはず(苦笑)  

それでもまだまだ4年生みんなが行けるだけの金額には程遠く、これからも募金活動は続きます。 もうすでに来月の【Movie Night】も4年生が主催することに決まっているらしい。 ボランティア精神旺盛な私なので、またお手伝いしに行っちゃうんだろうな〜(笑) 子供たちが可愛いからいいけど(笑) 
posted by Minnie at 15:45| Comment(0) | TrackBack(0) | プルマスレイク日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック