2013年10月09日

悪夢 その3.

こんなに週末が恋しかったのは久しぶり。 身も心も疲れきっていた私。 運よく(?)金曜日から二泊三日でダンナとリー+ラングラーはネバダに行ったので、一人でのんびりさせてもらいました。 

と言いたいところですが、実は問題の彼女から「明日(日曜日)ランチでもしながらちょっと会えないか?」とテキストが送られてき、せっかくの週末が台無しバッド(下向き矢印)初めは「えぇぇ〜・・・ 」と思ったのですが、よくよく考えると月曜日までにはお互いの鬱憤を吐き出し、フレッシュスタートする必要があるな・・・と思ったので、彼女と会うことに同意。 実際のところなんで彼女がそんなにもイラついているのか知りたかったし・・・

初めは二人で会うつもりだったのですが、どうももう一人の同僚にも「会って話がしたい。」とテキストが来たらしく、なんなら三人で会った方が二度手間にならなくていいんじゃないか?と、三人で会うことにしました。 後になってわかったことなのですが、どうも彼女三人では会いたくなかったらしい・・・ もう一人の同僚から「別々で会えないか?ってテキストがきたんだけど、私彼女と二人で会うだけの勇気がなかったから、Minnieに便乗しちゃった。」って。 

そのもう一人の同僚をピックアップし(ご近所さんなので)、二人で待ち合わせのレストランに行き、私たちを呼び出した当人を待つこと20分。 到着した彼女が落ち着くまもなく「で? 言いたいことは何なの?」といきなり本題に入る同僚(苦笑) 彼女と二人で会う勇気がない・・・なんて言ってたくせに、いい度胸じゃないですか(笑)

彼女の言い分は、

「先週は家族や親戚関係の個人的な問題でイライラしてたのもあったし、その上仕事に行ったらカウンターの上やキャビネットの中が綺麗に掃除されてて、後から入ってきたMinnieにかき回されてムカッときたんだよ。 以上。」

「あんた『以上!』って、それはないでしょう?(爆笑)」

あまりにもアホらし過ぎて笑ってしまった私。 ってか、それだけの事で呼び出すな(怒)むかっ(怒り)  呼び出したからには最初から最後まで言いたいこと言え!! 

結局一時間半ほど話をし、私がわかったのは【後から入ってきた私にコントロールされたくない】って事。 どうも私との上下関係に納得できない様子。 確かにこのクラスに後から入ってきたのは私だけど、ポジション的に私がリードなわけであって、最終的に物事を決めるのは私なわけです。 でも彼女はどうしてもその事実が受け入れられない様子。 その事実が受け入れられなければ和解も出来ないわけです。 

とりあえず彼女の言い分を聞き、私の観点を説明し、分かってもらおうと努力したのですが・・・ 口ではわかったとは言うものの、納得した様子は見られない。 三人で冗談交じり、嫌味交じり、笑い交じりで終えたミーティング(?) 帰りの車の中で「私事でイライラしてたって言うけど、私は信じないね。 それだけであんなにイライラして私たちに八つ当たりはありえない。」と言う同僚。 私も同感。  

私たちの勘は大当たり!! 週明け早々にまた難癖を付けてくる彼女。 今までは売られた喧嘩を買っても仕方がない、くだらない彼女の嫉妬にいちいち反応してても仕方がないと自分に言い聞かせ、彼女に言いたい放題言わせていたのですが、火曜日の朝にはとうとう私の堪忍袋の緒が切れ、彼女の言い分に対して反論してしまった私。 数分も経たないうちにエスカレートし、大声で怒鳴る言い合い開始ダッシュ(走り出すさま)  大人になってからこんな言い合いしたのダンナ以外で初めて! これが夢でなく現実だという事実が私を泥沼に引きずり込んでいく〜・・・もうやだ〜(悲しい顔)

posted by Minnie at 12:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/376653718
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック