2013年04月15日

レンタルハウスの悪夢(続編)


話はちょっと前後しますが・・・

前テナントが退去してから約3ヶ月が経った頃、HOA(コミュニティーの管理会社)から「雑草を処理してください。」との連絡が入ったので、新しい不動産にお願いして雑草を処理してもらうことにしました。 ちょうど新しいテナントの入居が決まった時だったので、タイミングはよかったのですが・・・

仕事から帰ってきて不動産からのメールをチェックしてみると、


HVACが盗まれてます。



・・・って・・・???

「今朝雑草の処理に行った庭師から『HVAC(外に設置されているブ〜ンってファンが回っているエアコンのユニット)が盗まれているようだ。』って連絡が入ったので、私の立会いの下、警察の人に来てもらい事情聴取をしてもらいました。 残念ながら物音を聞いた人や、盗んでいるのを目撃した人は見つからなかったので、犯人を捕まえるのはほぼ無理だと思います。 どちらにしても次のテナントがすぐに入居できるように急いで新しいものを設置しないといけないので、至急保険会社に連絡を取って新しいものを購入してください。」と指示がありました。

3ヶ月のチワワがいて、家でホームデイケアをされ、家賃は今までより100ドル低くなり、逆に手数料は今までより高くなっても、それでも「いつかはいいことがあるから、今はとにかく前進するのみ!」って自分にいい聞かせ、頑張ってきたのに・・・ HVACが盗まれる? これが私たちの運命? 大体あんな大きくて重いものを誰にも見られず盗むことなんてできるの? 夜逃げした前テナントが引越ししたときに一緒に持って行った? それとも、前不動産が家のメンテをしてる時に持って行った? 想像は膨らむばかり・・・

このメールを読んだときはもう何もかもが悲しくて、空しくて、ため息が出るばかり(涙) ダンナにこのことを伝えたくても、仕事に行ってしまったばかりで翌日の午後まで連絡は取れない。 今の状況を考えれば考えるほど辛くなるばかり(泣) ・・・って実際は泣いたりはしませんけどね(苦笑)

とりあえず保険会社にクレームの電話をいれ、保険金はいくらくらい下りるのか? 免責金額はいくらか?などのチェックをお願いし、一日でも新しいテナントが早く入居できるように手続きを開始。 「損害査定人から明日にでも連絡が入ると思うので、彼女と話を進めてください。」と一旦電話を切り、彼女からの連絡を待つこと数日。

その間ダンナと「実際の話HVACっていくら位するのかな? $1000(免責金額)の出費はかなり痛いけど、全額負担よりはマシよね。 でもまさかHVACが盗まれるなんて、ホント運が悪いとしかいいようがないよね。」なんて話をした翌日。 査定の人から連絡があり、


「残念ですが、今回の場合は保険はききません。」



・・・って・・・???


「最後に住んでいた人が退去してから30日以内ならカバーされたのですが、空き家になってから30日以上だとカバーされません。」 


・・・って・・・???


「空き家だろうが、人が住んでいようが、こっちは毎月同じ金額の支払いをしてるのにそれはちょっとおかしくないですか?」

「でもこっちとしても空き家の保証はリスクが多すぎるので、うちでは30日っていう期限がついてるんです。」

「じゃあ、その30日を過ぎた場合の保険はいくら上乗せしたら保証してくれるんですか?」

「残念ながらそういった保険はありません。」

「じゃあ30日以上空き家になった場合、31日目に泥棒が入って冷蔵庫や洗濯&乾燥機が盗まれても保険はきかないってことですか?」

「はい、そういうことになります。」


・・・って・・・???


貸家をしているオーナーさんたち〜! みなさんご存知でしたか? 実際のところ、保険とかリースとか、車を買うときなんかの書類とか、すっっっっごく長〜い契約書なんか一文字一文字初めから最後まで読む人って少ないですよね? パパパッと目を通してサインして終わりじゃないですか? 現に査定の人だって私に電話をしてくる前にいろいろ調べたって言ってたから、プロの保険屋が読まないといけないくらいの契約書を、私が隅から隅まで読む分けないです。 って、全く大声で言えるようなことではありませんが・・・

とにかく、契約書にサインをしてしまっている限り私はこのバトルには勝てませんもうやだ〜(悲しい顔)  駄々をこねて負担してもらえるものならいつまでもそうさせてもらいますが、ここまでクリアに契約書を読み上げられると何もできません。 


結局HVAC、丸々自己負担たらーっ(汗)



今回こうやって痛い思いをして学んだ保険の補償範囲。 昔友達が「実際事故ってみて初めて自分がどんな保険に入ってたことに気が付いたよ。」って言っていたのを思い出しました。 30日以上の保険って言うのは存在しないようなので、これからの目標は《30日以内に次のテナントに入居してもらう》です。 オーナーの皆さん、お家を貸している間は悪夢が続きますが、将来必ずプラスになる日が来ると信じて、一緒に頑張っていきましょうね!!
posted by Minnie at 14:31| Comment(0) | TrackBack(0) | マイホーム日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック