2013年03月30日

カウアイ島 ・ パート2

全く当てにならないとわかっていても、ついついチェックしてしまう天気予報。 100%信用することはできないにしても、とりあえずチェックしないようりはマシかな?と思って・・・ 天気予報と空を眺めながら、2つ目のツアー【オーシャンラフティング】参加を決定。 

チュービングでクルクル回っただけで気持ちが悪くなる私。 メリーゴーランド&ブランコさえも乗れない私。 なのに何で?このツアーに自ら進んで行くことになったのか、自分でも全く理解不明。 Catamaran(双胴船)のようにゆっくり走行するんじゃなくて、ラフトは70キロで走行するから、船酔いする人でも大丈夫!なんて言われちゃったから、ついつい自分も大丈夫な気になっちゃったんだろうな・・・ 今になって冷静に考えてみると、絶対船酔いで辛い思いをするのわかってたはずなのに?? 「何でこのツアーに参加しちゃったんだろう・・・」って言うのが、今でも謎。

そして、結果から言わせてもらうと・・・ やっぱり酔った。 そして、かなり酔ったもうやだ〜(悲しい顔)

当日は寒さに負けないよう完全防備で出発。 船に乗っていた時間はトータルで約4時間。 初めの1時間くらいは結構余裕で、リーと2人でフロント席を陣取り「Yeah〜!!」って大声で叫びまくってたんだけど、「あっ! 海亀!」「あっ! イルカ!」「あっ! くじら!」って、何かを見つける度に船を停止し、みんなで見学しているうちにだんだんと気分が悪くなってきちゃって・・・ その船には私たちの他、1組のカップルが同乗。 彼らが居なければ途中でUターンしてもらってただろうな・・・って思うくらい、気分は最悪バッド(下向き矢印)  でももちろん彼らも高いお金を払ってツアーに参加しているわけだから、私一人が気分悪いからと言って、ツアーのスケジュールを変えるわけにはいきません。 ツアーは続行します!

Kauai 2013 048.JPG Kauai 2013 074.JPG Kauai 2013 058.JPG
せっかくカメラを持っていったものの、気分が悪くなったため
最初の1時間ほどの写真しか撮れなかった(涙)


気分が悪くても船はどんどん進んでいきます。 2時間半くらいたったとき、やっと折り返し地点に到着。 この時点で私はかなりヤバイ状態。 にも拘らず、帰路には船を停止し、海に浮かべたままシュノーケル&ランチをエンジョイする皆様。 

みんながシュノーケルを楽しみ、ランチを食べている間、ずっと停止した船の上で待つことはその時の私には200%無理。 でも海の水は冷たく、海に入にはかなりの決心が必要。 

究極の選択!


船の上で吐くか? それとも冷たい海水に飛び込むか?


頭の中では「入りたくない!」って思っていても、耐え切れなくなった身体が勝手に動き、泣く泣く冷たい海に入りましたたらーっ(汗) 波で体が浮いたり沈んだりするのもその時の私には厳しかったのですが、それでも船に乗っている時ほどは吐き気はしない。 大きな浮き輪があってプカプカ浮いているだけだったらまだよかったのですが、そんな気の利いたものはなく、簡易ライフジャケットをつけているだけで、ほとんど自力で浮いてないといけない状態。 梯子につかまって休憩できるものの、海面に出ている体の部分が寒くて、ずっとはつかまってられない。 シュノーケル&ランチが終わる間約40分・・・マジで疲れた(涙)

その後は直行で陸に向かい、無事到着。

涙が出るほど嬉しかった〜(苦笑) 思い出作りのために行ったツアー。 違った意味でいい思い出が出来ました(笑)

今回の旅行の感想:
1.足を挫いてまともに歩けないときは旅行に行くべからず
2.寒いときは無理して水遊びをする必要なし!
3.ブランコで酔う奴は、船に乗るな!

はっきり言って、楽しかった?って言われれば答えは「楽しくはなった。」(苦笑) でも息抜きにはなりました。 リラックスも出来たし。 読みたかった本も読めたし。 そしてなんと言ってもリーがとっても楽しんでくれたから、私はそれで十二分に満足わーい(嬉しい顔) リーに貴重な体験をさせてくれた義両親に感謝です。

今日の一句:
ハワイでも 寒いときは 寒いのよ

posted by Minnie at 12:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック