2013年03月15日

iFLY

結婚記念日、クリスマス、誕生日、バレンタイン・・・ イベントは多々あるものの(多々あるから?)何をもらっても(ダイヤは例外)、何をしても、何を食べても案外覚えてない。 「去年の誕生日って何したっけ?」「1年目の結婚記念日に何もらったっけ?」 

でもせめて10年目の結婚記念日くらは何をしたか覚えていたい。 そして、その【何か】はダンナにとっても、私にとっても【初体験】であることが私の希望でした。 ジップライン、インドアロッククライミング、スカイダイビング、熱気球飛行、スノーモービルツアー、etc・・・  

数年前までは本当のスカイダイビングやってみたい!って思ってたんだけど、今はもう無理だ〜。 考えただけで怖くて無理。 ・・・で、いろいろ考えてインドアスカイダイビング・iFLY にチャレンジすることにしました。

 
10th Anniversary 001.JPG


「予約時間の1時間前には受付を済ませて置いてください。」というアドバイスを忠実に守り、4時にチェックインした私たち。 おかげで30分は軽く待たされたわ(-_-;) でもその間飛んでいる人たちを見学できるので、それはそれで楽しかったし、笑わせてもらいました(笑) 

10th Anniversary 003.JPG


約15分くらいの説明を別室で受け、着替えを済ませ、待合室で順番を待ちます。 1つのグループは8人前後。 写真で見てもらえばわかるように、ウィンド・トンネルの中はとっても狭いんです。 直径は5メートルくらいで、高さは20メートルくらいあったかな〜。 もちろんビギナーなので自分をコントロールすることはほぼ無理。 なので、体の一部をちょっとでも動かそうものなら壁に当たります。 
 

写真オタクの私、わざわざ事前に連絡を入れ、ビデオ&写真を撮るチャンスはある?ってちゃんと聞いたのに、実際に行ったらダメだって言われたがく〜(落胆した顔)  トンネルの外から撮影するのは構わないけど、トンネルの中(飛ぶグループが待つベンチ)には持って入れないとのこと(涙) こっちはiFLYがどんなところなのか全くわからないんだから「一緒に飛ぶ予定ならカメラは待合室には持って入れないから、1人は次のグループと飛ぶようにすれば、待っている間に外から写真は撮れますよ。」って、ちょっとアドバイスしてくれればよかったのに(怒) それでもどうにかして1枚くらいはカメラに収めておきたい・・って思ったけど、着替えのときに持ち物全てを回収され、結局上記の写真(しかも他人が飛んでるところ)1枚しか撮れなかった〜もうやだ〜(悲しい顔)  挙句の果て、お金をだしてDVDの録画をお願いしていたのに、カメラが途中で壊れたらしく、DVDもなし。 踏んだり蹴ったりってこのことよね・・・

写真命!の私ですから、この事実を受け入れるのにどれだけ時間がかかったことか・・・ 今思い出しただけでもイライラする。

チェックインしてから飛ぶまでの間、かなり待たされましたが、実際飛んだのは2分X2回=4分だけ。 それで1人約1万円。 え?たったの2分? と思ったでしょう? これでもアップグレードして2分なんですよ〜。 普通は1分ですから。 ダンナは2分でも短すぎ!って言ってましたが、私は1分でもよかったような・・・ もっと練習して自分でコントロールできるようになると、きっと楽しい♪って思えるようになるんでしょうけど、私は見た、やった、ってことでもういいかな。 

実際 FLY(飛ぶ)って言っても飛んでる感覚は全くなく、豪風が下から吹き出てきて、それに吹き上げられてるって感じだけだし、風で顔はすっごいことになってるし、鼻水&ヨダレが出ても拭くことも出来ないし、見学してる人たちは自分を見て大笑いしてるし(-_-;) 強いて言えば、2分間真っ逆さまに落ちているジェットコースターに乗ってる感じかな〜。 もちろん気分が悪くなる部分はマイナスしてね。

運動オンチな私なので、ダンナは「お前が飛ぶのすっごい楽しみ♪」って変な意味でワクワクしてくれていたみたいだけど、期待を裏切るようで申し訳ないですが、私結構上手に飛んでました(笑) インストラクターにも上手って言ってもらえたし☆ ただ、体が一気に緊張したせいか、足腰筋肉痛。 日頃の運動不足が問題なようです。

今回DVDが撮れなかったので、1分間飛べるクーポンを2枚頂きまし。 そのクーポンはリーとダンナに使ってもらい、私はカメラマンに徹底したいと思います(笑) 写真もビデオも何もない記念日のイベントとなりましたが、一生忘れることのない、いい思い出作りができて満足わーい(嬉しい顔)
posted by Minnie at 09:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 夫婦日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も昔はコワイ物知らずで結構「やっちゃえやっちゃえ!」派だったけど、今はなんか「万が一事故が起きたら・・・」なんていうのを考えずにはいられなくてジェットコースターすら乗れないよ。
こないだどこかで熱気球も事故ったよね!!恐


風圧で顔が。。ってあれでしょ、ミッションインポッシブルのトムクルーズ。
ほっぺがーーーーみたいな。笑
Posted by Mai at 2013年03月22日 03:46
Maiちゃんへ・・・

そうそう、トムクルーズのそれそれ(笑) 私の場合、ほっぺ+鼻水+よだれだったからね(爆笑)

そうなんだよね〜。 リーが生まれてから「万が一・・・」のこと考えるようになった。 リーも一緒なら「死ぬときはみんな一緒に。」だけど、ダンナと2人のときは、車を運転してるだけでもたまに考えることあるよ。 

万が一のことを考えて、ちゃんと将来のことを考えてあげないとなって思う反面、そういうことをちゃんとした途端に何か起こるかも??って、変な風に考えすぎちゃって・・・(苦笑) お互い子供を持つ立場として不安は尽きないよね・・・
Posted by Minnie at 2013年03月22日 15:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/346684511
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック