2011年01月09日

$450

数日前やたら足をラングラーが舐めるので、どうしたのかな?と思って見てみると・・・ 指と指の間の毛が血で滲んでいるではないですかあせあせ(飛び散る汗)  ダンナに診てみるように頼むと、「OMG! かなり深くパックリ切れてる! これ病院に連れて行ったほうがいいんじゃないかな。」とのこと。 でも病院って言ってもこの町には動物病院がなく、1番近いところでも2時間弱はかかるし・・・ あまりにも血が出るので、タイルは血だらけ・・・ 一体どこでどうやって怪我をしたのかは、野放しにしているのでわからない(困) 一体どのくらいの間血を流していたのかもわからない(困) 

義父が「1時間くらい前にはもう怪我してたと思うよ。」と平然とした顔で言うので、ちょっとムカっときた私。 「なんでその時にラングラーを捕まえて診てくれなかったの?」「なんでせめて『ラングラーの調子がおかしいよ。』って一言いってくれなかったの?」 

「とにかく今は止血をするのが第一なんじゃないの? ガーゼを当てて包帯で巻いたほうがいいんじゃないかな?」と言う私に、義父は「犬なんだからオキシドールでも塗っておけば大丈夫だよ。」と、かなり適当なことを言うので、2度目のムカッむかっ(怒り)  

ラッキーなことに、去勢をしたときのカラーが残っていたので、傷口を舐めないように首に巻き、オキシドールで消毒をし、ガーゼを当て、止血。 とりあえず血は夜には止まっていたようですが、傷がかなり深いので炎症をおこさないうように数日は様子をみることに・・・ 

2日目はまだ足をかばうように歩いていたのですが、3日目は普通に歩いていたので「やっぱり動物の回復力ってすごいな〜。」なんて感心していた私たち。 でも傷口は乾燥することなく、開いたままの常態だったので、サクラメントの動物病院へ連れて行くことにしました。

ラングラーの様子を見るだけだったら、誰もが「もう大丈夫なんじゃない?」と言うくらい元気だったのですが、どうしても気になった私は、みんなの「あんた、ちょっと親バカ? たかが犬に過保護すぎないか?」と、なんとなくバカにされている雰囲気の中、病院に行ってきましたよ。 ラングラーのために!

いくら治療費がかかっても、ラングラーのためなら仕方がないのか?と、自問しながら病院へ行くと・・・


「$450です」とのこともうやだ〜(悲しい顔)


お医者さんいわく、「犬だから放っておけばいつかは治るよ。 治り方がどうかは別として。 でも思っていたより傷がかなり深く骨の近くまで切れてるし、もうすでにうみがでてるから、このまま放っておけば骨が炎症をおこす可能性が高いんだよね。 そうなったらもっと大変になるよ。」と言われ、「あっ、そうですか。 でも$450も出すお金がないのでそのまま放っておきます。」なんて言えるわけもなく、そのまま「お願いします。」と、縫ってもらうことになりました。

ちょっと前にお友達から「治療費が高いからって渋ってたら、折り返し電話がかかってきて、ちょっと安くなったんだよね。」と言う話を聞いていた私。 一瞬その会話がちょっと頭をよぎったのですが、明後日にはもうネバダに帰らなくてはいけないので、値段の交渉をする余地もなく、ダンナに相談する余地もなく、そのままラングラーを置いて帰ってきました。 

2時間もしないうちに病院から電話があり、「もう麻酔も切れたし、なんとか自力で歩けるようなので、お迎えに来てください。」とのこと。 2時間で$450。 「どこで怪我をして帰って来たのか知らないけど、また同じところで同じように怪我をして帰ってきたら、その時は自力で治してもらうからね!(怒)」と、ラングラーを脅してもどうにもならないんだけど・・・ 一応本人に伝えておきました。

休憩の間にダンナから電話があったので、「$450出して縫ってもらってるから。」と報告すると、「えぇぇ?? $450〜?」とかなりびっくりしていたようですが、「あれだけ犬は飼わない!って言ったのに、勝手に飼ったのはあんたでしょう? 怪我したらその世話をするのも飼い主の役目なんだよ! 今更『こんなつもりじゃなかったのに。』なんて言わないでよね!(怒)」とダンナにもカツを入れておきました。

ビックリしたのは、お迎えに行った時縫われた足がそのままムキ出しになっていたこと。 「縫ったばかりで、この状態はやばいんじゃないの?」と聞くと、看護婦さんかアシスタントかわからないけど、彼女も「私もそう思ったんだけど、ドクターがOKっていうから・・・」とのこと。 彼女も半信半疑だったようで、「ドクターにもう1度聞いてくるね。」と聞きに行ってくれたのですが、やはり「大丈夫だって。」って。 「でももし気になるようなら、靴下でも履かせればいいと思います。 ただ、風通しをよくして乾燥させるのが1番ですから。」と言われ、外出するときは靴下を履かせようと思った私。

今のところまだ薬が効いているのか、ずっと寝てばかり。 傷が乾燥し始めて痒くなったくらいが1番辛いときなんだろうな〜。 病気になったわが子を見るのが辛いときのように、ラングラーが可哀想で仕方がない私。 できることなら代わってやりたい(涙) だから犬を飼うのは嫌だって言ったのに〜!!!どんっ(衝撃)

1-6-11 001.JPG
この状態がもうすでに数日続いているラングラー。 後最低でも5日はカラーを付けてないと駄目だって(涙) 頑張れ〜!! ラングラー!!
posted by Minnie at 16:56| Comment(13) | TrackBack(0) | 愛犬日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ラングラーかわいそう!!
大丈夫かな〜?
あのカラーってうっとーしいんよね。
うちのポッちゃんも手術した時やってたけど、
かなりウザそうやったもん。

しかし、みんな無責任やなぁ。
もっと大事にしてあげてって思う!!

早くよくなりますように!
Posted by リンカ at 2011年01月09日 21:05
わかるわ〜。うちのちわわも。。。うちのちわわはあっぽちゃんなんだけど。。。自分の爪で自分の目を引っ掻いて。。病院に連れて行ったら200ドル以上。治療は、眼球に直接ぬるくすりと抗生物質だけ。。後日経過をみるのでもう一回診察。。。結局300ドルちかくしたよ。本当、病院はお金がかかります。
Posted by Nao at 2011年01月10日 00:51
リンカへ・・・

今朝起きて様子を見に行ったら「ク〜ン(涙) ク〜ン(悲)」て、今まで出したことの
ないような声で鳴くのよ〜(涙) しゃべれないからコミュニケーションとれないじゃんね、
それが1番辛いわ。 赤ちゃんも言葉が話せるようになるまで大変だよ〜。 「どうして
欲しいの? お母さんは分からないよ〜(涙)」って・・・ 

犬や猫をペットとして飼って、オーナーのエゴで可愛がりすぎるのもどうかと思うけど、
逆に「犬だから」とかって、適当に世話をするのもどうかと思うよね。 


Naoさんへ・・・

あらら・・・ 自分でやっちゃったんですか? それは困った。 うちはまだ犬1匹
だからマシだけど、Naoさん宅は数が多いので大変ですね。 

先生に「安静にしてないとまた傷口が開いたらやり直しですから。」って言われている
んだけど、「安静」って言っても相手は犬なので(それもまだ子犬だし)、本当に
大変です! 傷口が開いてまた$450? それは絶対に勘弁! 
Posted by Minnie at 2011年01月10日 01:56
あらら、かわいそうに。痛々しいね。お大事に。。
前にハワイのハウジングで吹き抜けから落ちた猫が腰を脱臼して、
病院に連れて行ったら治療費が1000ドル近かったような。
やっぱその値段聞いて「高っ!!!」ってもろ顔に出たんだろうね。
麻酔を使わなければもう少し安く済みますが・・みたいな交渉に出られたんだけど
それじゃあ、拷問でしょう(怒)
それに加え、動物用の体重計が待合室にあって、興味本位で乗ってみたら(志真妊娠中)、
予想をはるかに上回る数字が出てダブルでショックだったわ。
つい最近、友人の猫が8階から転落して靭帯損傷してしまったんだけど、いつもの獣医に連れて行ったら治療費が20万!! ベースのvetに頼んだら400ドル程で済んだらしいけど。
軍のVetだとお値段設定(?)も良心的だから、近くにあるといいね。
そろそろ、ラングラーにも保険をかける事考え出した?笑
Posted by Mai at 2011年01月10日 11:42
Maiちゃんへ・・・

動物が怪我をして病院に行くと$1000はかかるだろうな・・・って覚悟してたから
$450って言われて「やっぱりね」って言うのが心の声だったんだけど、わかっていた
にもかかわらず「ちぇっ!」って舌打ちしたのも事実(苦笑)

昔自分には保険かけてないんだけど、飼っている犬には保険かけてた友達がいたよ(笑)
「私は頑丈だから大丈夫! でもこの子は怪しいから・・・」って(苦笑) そうだね、
このまま野放しにして飼うんだったら保険をかけるのはいいかも。 ちょっと調べてみるかな。

Posted by Minnie at 2011年01月10日 13:57
私は、先日私のグリーンカードの更新で450ドル使いました。痛いねえ。うちの息子と旦那も犬を欲しがってるけど、ラングラー君のように怪我や病気したら、放っておけないもんね。早くよくなるといいね。
Posted by Yuko S at 2011年01月10日 15:05
Yukoさんへ・・・

使い道がどうであれ、$450の出費は痛いですよね(涙) ペットを飼うのはかなりの
決心が必要ですよ! お金もかかるし、気も使うし・・・ 

私は大人になってから自分の意思で犬を飼ったことがあるので、犬を飼うのがどれだけ
大変なことか重々承知。 その結果「犬は飼わない!」って言っていたのに、ダンナが
「俺が面倒みるから!」って、人の意見はそっちのけで勝手に飼い始めたんです。
そして後でわかったのが・・・ 最後にダンナが犬を飼ったのは彼が10歳の時だったって(困)
そりゃ犬を飼うのがどれだけ大変なのか知る余地もないわけだ・・・ 今になって
どれだけ大変なことなのか、いろんな意味で身にしみているようです(苦笑)
Posted by Minnie at 2011年01月10日 15:27
あけおめ、ことよろ!今年初のカキコでぇーす!
案外アメリカは犬に冷たいんですねぇ〜日本は加保護過ぎる程って思っていたけど。
Minnieさんの気持ちわかるわぁ〜そりゃぁ〜ほっとけないよねぇ〜(T_T)
ベストの対応だったんじゃないでしょうか?破傷風にでもなったら目も当てられないでしょ?
それこそ・・・もっとお金がかかっちゃう(お金の問題じゃないけどね)
ラングラーもよい飼い主さんでよかったですね^^
アメリカンって、ホント冷たいと思ってしまったのは私だけでしょうか?^^;
Posted by ハラピコ at 2011年01月11日 09:20
ハラピコさんへ・・・

初書き込みありがとうございます! 
お仕事&プライベートと忙しそうで何よりでございます。

室内犬だともっと飼い主も「ペット」として犬を認知し、
それなりの対処もするんだろうけど、外で飼っている
犬たちにかんしては番犬、もしくはダンナみたいに自分の
都合がいいときだけ遊べるよきパートナー(?)くらいに
思っている人が多いんじゃないかな〜。 日本は室内犬
が多いので、その違いなのかな?

手術をして今晩で丸2日。 思っていたより回復も早く
安心しているところです。 ホント、連れて行ってよかった♪



Posted by Minnie at 2011年01月11日 12:02
やっぱり子供とペットは他人の家のがいいです。
自分の子供やペットは、無責任にかわいがりたい時にかわいがれる、おいしいトコ取りってことはできませんから。
ウチも旦那が犬を欲しがってますが、貧乏なので無理って言ってあります。
このまま貧乏だろうから旦那の夢はかなわないでしょうが、そんなに犬が欲しければHumane Societyでボランティアでもしてこいって言ってます。
Posted by えめまま at 2011年01月14日 03:41
えめままへ・・・

そうなんだよ。 お世話も大変だけど、お金もかかるんだよね〜。
犬は駄目だ!って言っていたにもかかわらず、飼い始めたダンナに
100%責任はあるはずなのに、おもいっきりまきぞいになってる
私って可哀想〜・・・って本気で思うよ。 



Posted by Minnie at 2011年01月14日 08:34
楽しく波乱万丈の毎日を過ごしてるねぇ!あのおしゃまなおチビだったMinnieちゃんが・・・ うるる〜っ (涙

その後ラングラーはどうですか?家族だもんね、つらいよね。もの言えぬラングラーが
足を舐めて助けを求めていた様子が浮かび とても切ないです。
でも心から心配し手当てしてくれてレングラーしあわせものだね。
はやくよくなりますように!!

うちでも犬飼いたいといっていますが 賃貸の上に 
我が家 日中ほとんど人いないからねぇ、
ひとりっきりにするの可哀想だし 生半可なキモチじゃ飼えませんよね、
養子もらうのと同じ覚悟だと 私は思ってます。
老婆になって仕事引退したら 大型犬(夢はセントバーナード)欲しいな。
あ、散歩させる体力ないか・・・
Posted by Yuka in Hiroshima at 2011年01月14日 08:43
Yuka in Hiroshima さんへ・・・

お互いの今の年を考えると、そんなに年の差を感じないけど
あの頃の私中学生だったからね〜(笑) そりゃチビだったわけよね(笑)

ラングラーは家に閉じ込められて早1週間が過ぎ、足のほうはよくなって
きているものの、精神的に参ってきているようです(悲) 早く外に出して
あげたいのは山々なんだけど、傷口がまた開いてしまうのが怖くて、あと
1日、あと1日って毎日ラングラーと睨み合いっこだよ。 抜糸は来週
だから、せめてチェックアップに行くまでは安静にさせておきたいんだけどね。
なんせ、野生児だから(笑) 彼には室内での生活が厳しいようです。

へぇ〜、セントバーナード? 犬は大変だよ〜。 ホント、子供が1人
増えるようなものだからね〜。 考えたほうがいいよ〜(苦笑) 
Posted by Minnie at 2011年01月14日 15:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック