2010年09月23日

痛いっ!!

毎回ダンナの出張に連れて行かれるラングラー。 今でこそ吐きはしなくなりましたが、それでも遠出が大嫌い。 車のドアを開けるとクルッと向きを変え、Uターンして家に入ろうとするんです(苦笑) きっと言葉がしゃべれたら「お前一人で行け。 俺は行かんむかっ(怒り)」って言うんだろうな(苦笑)

9日ぶりにダンナ&ラングラーに会いにネバダまでやって来ました。 リーが遊べるかな?と思って途中でバスケットボールを買ったのですが、リーよりもラングラーが気に入ったようで1人で遊んでたんです。 そこへ仕事を終えたダンナが一緒に遊ぼうと参加。 ボールをラングラーから取り上げ、空に向かって思いっきり蹴り上げ、バウンスするボールを追いかけてラングラーがジャンプダッシュ(走り出すさま)  このジャンプがとっても華麗で、もう1度見たい♪と、再度ボールを蹴り上げたとき・・・  悲劇が起こったんです!!

あまりにも高く上がったボールを見失ったラングラー、口を開けてキョロキョロ探していると、ラングラーの頭に思いっきり落ちてきちゃったんですがく〜(落胆した顔)  「キャインあせあせ(飛び散る汗)」ととっても痛そうな声を出しボールから逃げるラングラー。 かなり高いところから落ちてきたボールだったので、これは相当痛かっただろうな〜と様子を見ていると、舌を必要以上にペロペロしてるんです。 あれ?もしかして?と思って舌を見てみると、歯が貫通して「穴」があいてたんですがく〜(落胆した顔)  

とっても痛いはずなのに、誰に文句を言うわけでもなく(当たり前だけど)、涙も流さず(これも当たり前か)、無言を保つクールなラングラー(これも犬なら当たり前か?)。 ただ、それ以来バスケットボールを見ると逃げるようになっちゃいましたけど(苦笑) 

不思議ですね〜。 始めは「なんじゃ、この汚い犬は! 死骸を食べるし、名前を呼んでも来ないし。」って思っていたのですが、時が過ぎ、行動を共にするようになると愛情って自然に生まれてくるもんなんですね〜。 しばらく会えない日が続くと「どうしてるかな? ちゃんと餌もらえてるかな? 次会うときはいっぱい遊んであげよう♪」って思うようになりました(笑) でもラングラーを飼う!と決めたのはダンナ。 未だにラングラーのお世話&責任は100%ダンナにあり、私はおいしいところだけつまみ食いしてますハートたち(複数ハート)


Leal 9-21-10 003.JPG Leal 9-21-10 004.JPG
ダンナが「ほら、遊べ♪」と蛇をラングラーにあげたんです(困)「駄目〜!」と叫ぶ私と、「遊べ♪」と言うダンナ・・・ ラングラー困ってました(苦笑) 結局蛇の威力に負け、退散(笑)
posted by Minnie at 13:13| Comment(3) | TrackBack(0) | 愛犬日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
舌に歯が貫通!?うわ、それは痛そうだね〜。
出血はあまりなかったの?
バスケットボールはさすがに重くて痛いよー。

一緒にいる時間が長くなると、情が移っちゃうんだろうね。
旦那さん、ちゃんとお世話してるんでしょ?
美味しいトコ取りっていいね(笑)
でも蛇を遊び道具に渡すのはどうかと。。。
Posted by ゆえ at 2010年09月28日 06:54
えっ!歯が貫通?!もう平気なの?ご飯とかちゃんと食べられる?
私も舌に穴あいてるよ。おソロだね、ラングラー♪
それにしてももうすっかり家族の一員だね。動物って天然でおとぼけするからほんと憎めないよね〜!
Posted by Mai at 2010年09月28日 07:12
ゆえちゃんへ・・・

出血はほとんどなかった。 舌をペロペロしてるときに見たけど
穴が開いている部分だけポチッと赤くなってたくらい。 この辺が
人間とは違うよね。

お世話ね〜・・・(苦笑) 最低最小限のことだけはしてるかな(笑)
でも自分の都合に合わさせようとするから、ちょっと自分勝手
過ぎないか?って見ててムカつくときはある。 ダンナいわく
私が過保護すぎるっていうけどね(苦笑) 


Maiちゃんへ・・・

そうなのよ、1日で穴埋まってた。 まあ、人間でも舌の治りって
早いじゃない? 犬だからかな〜、それ以上に早かった(笑)
Maiちゃんの穴は一生埋まらないね(笑)

天然ボケ! その通り。 「うゎ! こいつメッチャ賢いかも。」
と思った数秒後、突拍子もないことやっちゃうからね〜。 
「数秒前に言ったこと取り消し!」みたいな・・(笑)

 
Posted by Minnie at 2010年09月28日 14:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック