2016年10月29日

授業参観

タイミングのいいことに、仕事を辞めた数日後に授業参観がありました。 仕事をしてるとそう簡単に授業参観などもいけないですからね。 とは言え、日本とは違い授業参観などほとんどないアメリカ。 なのでとくには問題はないのですが・・・(笑) 

今年から授業の一環として始まったのが音楽。 残念ながら今まで音楽のクラスってなかったんです。 音楽どころか、美術も家庭科も道徳も・・・なにもない。 日本だと当たり前の授業が、区域によってはないんです。 政府がくだらないところにお金をかけ過ぎて、学校までお金が回ってこないのが事実。

新しい音楽のクラスを取り入れ、学校としては鼻高々(笑) 授業参観をして自慢したいところ(笑)

というわけで、数日前行ってきました。

IMG_1306.JPG IMG_1298.JPG


参観に来ていたのは、私と誰かのお父さん一人の二人だけ。 自分の子供のことなのに、なんで来ないんだろう? 何もせずに主婦してる人リーのクラスにたくさんいるのに?? 

音楽が大好きなリー。 きっと音楽のクラスが始まって楽しくやってるんだろうな?と思っていたのですが、新学年が始まったばかりのころ「音楽のクラスどう?」とリー聞いたら、「先生がすごい厳しくてつまんない。」と言ったのを思い出しました。  

授業参観となると、子どもたちは普段より落ち着きがなくなるのは当たり前。 おしゃべりも多くなるし、そわそわする子も多々。 それになんと言ってもまだ小学生ですしね。 だれも進学塾のようなシーンとした環境で、発言する時は手をあげて、10人が10人先生の言うことを聞くような環境を期待して参観しにきたわけではにのに、「普段はこんなことないんですよ。 今日は特別おしゃべりが多いし、みんな聞き分けが悪いようです。」と、何度も言い訳をする若い新米先生。

その上、何度も「Eyes on me! こっち見て!」と、子どもたちみんなが自分に目を向けるまで授業を進めないし、ちょっとでも騒がしくなるとクラスの電気を消して「1分間沈黙」って、これまた授業が進まないし(困)

ハッキリ言って最悪

リーが面白くない!って言った意味が分かった。 

音楽の授業が楽しくないわけがない。 なのに面白くないと言わせてしまう先生が悪い。 もう少し理想と現実を見直して頑張ってもらいたいものです。 


posted by Minnie at 04:10| Comment(0) | TrackBack(0) | プルマスレイク日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする