2016年10月29日

授業参観

タイミングのいいことに、仕事を辞めた数日後に授業参観がありました。 仕事をしてるとそう簡単に授業参観などもいけないですからね。 とは言え、日本とは違い授業参観などほとんどないアメリカ。 なのでとくには問題はないのですが・・・(笑) 

今年から授業の一環として始まったのが音楽。 残念ながら今まで音楽のクラスってなかったんです。 音楽どころか、美術も家庭科も道徳も・・・なにもない。 日本だと当たり前の授業が、区域によってはないんです。 政府がくだらないところにお金をかけ過ぎて、学校までお金が回ってこないのが事実。

新しい音楽のクラスを取り入れ、学校としては鼻高々(笑) 授業参観をして自慢したいところ(笑)

というわけで、数日前行ってきました。

IMG_1306.JPG IMG_1298.JPG


参観に来ていたのは、私と誰かのお父さん一人の二人だけ。 自分の子供のことなのに、なんで来ないんだろう? 何もせずに主婦してる人リーのクラスにたくさんいるのに?? 

音楽が大好きなリー。 きっと音楽のクラスが始まって楽しくやってるんだろうな?と思っていたのですが、新学年が始まったばかりのころ「音楽のクラスどう?」とリー聞いたら、「先生がすごい厳しくてつまんない。」と言ったのを思い出しました。  

授業参観となると、子どもたちは普段より落ち着きがなくなるのは当たり前。 おしゃべりも多くなるし、そわそわする子も多々。 それになんと言ってもまだ小学生ですしね。 だれも進学塾のようなシーンとした環境で、発言する時は手をあげて、10人が10人先生の言うことを聞くような環境を期待して参観しにきたわけではにのに、「普段はこんなことないんですよ。 今日は特別おしゃべりが多いし、みんな聞き分けが悪いようです。」と、何度も言い訳をする若い新米先生。

その上、何度も「Eyes on me! こっち見て!」と、子どもたちみんなが自分に目を向けるまで授業を進めないし、ちょっとでも騒がしくなるとクラスの電気を消して「1分間沈黙」って、これまた授業が進まないし(困)

ハッキリ言って最悪

リーが面白くない!って言った意味が分かった。 

音楽の授業が楽しくないわけがない。 なのに面白くないと言わせてしまう先生が悪い。 もう少し理想と現実を見直して頑張ってもらいたいものです。 


posted by Minnie at 04:10| Comment(0) | TrackBack(0) | プルマスレイク日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月25日

仕事を辞めた後の初月曜日

仕事を辞めた金曜日。 廊下ですれ違うたびに同僚から「今日で最後でしょう? 仕事辞める気分はどう?」と、一体何人の人から聞かれたことか・・・ その度に「まだ実感は全くないよ。 まだこうやって仕事してるわけだし。 辞めてしばらくしたら実感するんじゃないかな〜。」と返事をする私。

2週間の有休を消化してから退職の手続きをすることになっているので、実際にはまだ保育園の一員。 どうせその手続きのためにまた戻ってくるんだし、それに、これからもボランティアとしてお手伝いにも来るつもりだし・・・と自分に言い聞かせ、金曜日に仕事を終えたものの・・・

車に乗り、家に帰る途中で「こうやって通勤するのもこれが最後なのか。」と思ったとたんに、心がズキーン

楽しいことも、腹の立つことも、イライラすることも、たくさんあった4年半。 子供たちと会えなくなるのがもちろん一番辛いことですが、同僚とくだらない会話がもうできなくなるのか・・と思ったら、なんだか急に淋しくなっちゃって(悲) 

毎日秒刻みでバタバタしていた生活とやっとさよならできるのは、本当にありがたいことですが、それと同時に失うものが大きすぎて、ちょっと感傷的になっている私。 

気分転換のために、朝からキャンドルをつけてみた。 これだけ今の自分には余裕があるんだぞ〜!と、新しい生活を満喫するため(笑) 

IMG_1287.JPG

 
仕事を辞めてたくさんのものを失ったけれども、それ以上のものを獲得!

「おはよう!」とリーのベッドにもぐりこみ、ハネてる髪の毛を直してやり、朝ごはんを食べるリーの横顔を眺め、学校に歩いていくリーが見えなくなるまで手を振り続ける。 当たり前だけど今までできなかったことができるようになり、それだけでワクワク(笑) 明日もいい日になるといいな〜♬
 
posted by Minnie at 00:36| Comment(2) | TrackBack(0) | プルマスレイク日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月23日

21日をもって退職

旅行が大好きな義両親。 でも旅行から帰ってくるとたまっている書類&支払いが山ほど机の上に置かれてあり、しばらくは机から離れられない義母。 そんな彼女の肩の荷を軽くしてあげようと、結構軽い気持ちで義母のお仕事を手伝うことに・・・ 本業の保母をフルタイムで続けながら、夜&週末を利用して義母のお仕事をこなす生活を始めて早くも1年半が経ちました。 義父74、義母71。 そろそろリタイアする方向へ目先を変えた方がいいんじゃないでしょうか?と思う一方、それとは裏腹にビジネスは拡大するばかり。 この景気が悪い中ビジネスがうまくいっているのは本当にありがたいこと。 でも70を過ぎた彼らにはだんだんと負担が大きくなり、ちらほらとミステイクが目立つように・・・ できることなら今すぐでも息子のダンナが受け継ぐのがベストなのでしょうが、あと3年働かないと今の仕事場から退職金が下りないので、今すぐテイクオーバーというのは私たちにとってスマートな選択ではないわけです。 

ダンナがリタイアするまでの数年間を私が穴埋めするために、4年半働いた保育園を辞め、11月から晴れて(?)義両親の会社の正社員となります。 

ありがたいことに、過去14年、義家族とは付かず離れずでとてもいい関係を保っている私たち。 これからも変わらずいい関係が続けられるといいのですが・・・ 11月からは義母から給料をもらい、義姉(問題児の方)と一緒に仕事をするということで、か〜なり不安な私 義理というだけでも大変なのに、ファミリービジネスとなるとお金や会社での立場や役割ってのも絡んできますからね〜。 まぁ考えてもどうしようもないことなので、なるべく考えないようにはしてますが、一刻も早くダンナが今の仕事を終え、早く義両親のビジネスを受け継いでくれないものか?と願うばかり・・・ 


posted by Minnie at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月17日

相変わらずのティーガン

コロラドで「はぁ?」と思うくらいの金額を請求する美容室を経営している義姉。 面白いくらいにお金を儲けているらしい。 義姉のご主人は結婚してからミスターママに変身し、ティーガンが10才になった今でも仕事はせず(義両親を含め、ティーガンが学校に行き始めたら仕事復活するとみんな思っていたのですが)、一日中家で「次はどこに行こうか?」とネットで次の旅行先を探すのが彼のお仕事となっている今日この頃。 冬は大雪が降るため行動範囲が狭まるのですが、春、夏、秋と・・・最低3回は海外旅行に行く彼ら。  

どこに行くにもiPadを手放さないティーガン。 そんなティーガンに「キャンプに行こうか?」とお誘いをかけると、「コンセントがないから嫌だ。」と言うくらい(苦笑)

数週間前に「こんな素敵な景色のなかでディナーを食べてます。」とクロアチアから写真が送られてきたのですが、よく見てみると、ティーガンの手にはもちろんiPad。 4時間車での移動の後だったらしく、ティーガンめちゃ不貞腐れてるし・・・(苦笑)

その後どんな経路でどこの国に行ったのかはよく知りませんが、ベニスからゴンドラの写真が付いたポストカードがリーが宛に届きました。 送り主はティーガン。 

IMG_1263.JPG

訳) たった今ベニスから戻ってきたところなんだけど、
リーも私たちと一緒に来れたらよかったのに。 私メッチャ暇してた。 

 
そんなポストカードを見たリー。

「ティーガンって面白いね(((´∀`*)) ベニスっ世界の反対側でしょう? そんなところまでわざわざ行って、なんで暇なんだろうね。 このゴンドラに乗ったのかな? だったら楽しいはずじゃん! 俺だったらすっごく楽しいと思うけどな〜。」

と、子供らしい? 素直なリアクションにちょっと安心した私( ̄∇ ̄;) 

なんでも手に入り、別に行きたくもない海外旅行に何度も行かされてるとこんな風になっちゃうのかな〜? それともティーガンだからかな(笑) 次回は是非ともリも一緒に連れて行ってもらいたいものです。 




posted by Minnie at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | プルマスレイク日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする