2016年06月25日

カウアイ島から・・

DSC_0095.JPG



早くもカウアイ島に到着してから1週間が経ちました。 2日後には飛行機の中・・・ 嬉しいような、物足りないような(苦笑) 出発前から不安を抱いていた下記の問題は・・・


‐サクラメントからカウアイ島の飛行機も一緒
お金の使い方を全く知らない義姉は、義両親がファーストクラスにアップグレードしたと聞き「じゃあ、私とレスリーも♪」と、ポン!6万払い2人でファーストクラスに移動。 「あんたたちも移動すれば?」って・・・ 何? あなたが払ってくれるの? だったら移動してもいいけど? というわけで、飛行中は離れ離れ。 ありがたい、ありがたい(笑)


‐4家族いるのに、借りてるお家は3ベッド3バス
お家を借りた義母さえも知らなかったのですが、実は車庫の上にゲストルームみたいなのがあり(ちょっと古めではありますが)、無事4ベッド&4バスを確保(笑) 後から参加してきた義姉家族がゲストルームに入居。 


‐最初から最後までみっちり10日間一緒

まあ、いろいろありましたが、とりあえず今のとこと平和にやっております。 後2日。 無事帰宅できそうです(苦笑) 



義家族と一緒にバケーションをする場合の教訓

1.バケーションだと思うな
2.楽しめると思うな



以上!!!

詳しい内容はお家に帰ってからまたアップします♬


posted by Minnie at 03:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月16日

ハワイへ出発!

5年くらい前に義姉と揉め(私は全然!悪くないんですよ。飲みすぎた義姉に絡まれ、私は完全に被害者)、ちょっと距離を置いていた私。 でも過去数年汚名挽回に力をあげ(義姉が)、やっと普通の関係に戻れた私たち。 と言っても、もう二度と同じことが起こらないように、私は未だに高くて分厚〜い壁を彼女との間にはしっかり立てておりますが(笑)

その事件後、家族旅行!と言えば、【義姉妹+義両親】【私たち+義両親】と、分かれて旅行をしていたのですが、義母の「家族みんな仲良く🎵」という希望により、去年からみ〜んな一緒に旅行に行くようになりました。 ちなみに去年はメキシコのアクマルに行ってきました。

去年は義姉と長い間一緒に過ごさなくていいように・・と、日程をちょっとずらし義姉とは3〜4日ほどオーバーラップする感じで大成功。 借りていたお家も4部屋+4バスでみんなそれなりにプライバシーを尊重し、これまた大成功!だったのですが・・・

今回は・・・

‐サクラメントからカウアイ島の飛行機も一緒
‐最初から最後までみっちり10日間一緒
‐4家族いるのに、借りてるお家は3ベッド3バス

明日出発なのですが、とーーーーーーーーーーーーーーーっても憂鬱   

こんな憂鬱なバケーションってありえないよね
posted by Minnie at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月05日

穴は穴


IMG_0957 [3703382].JPG


もう何年も前から不思議でしょうがない、おへその辺りに開くTシャツの穴。 新品を買っても数回着たら間違いなく開く穴。 知り合いに聞くと「私もそう!」と言う人と「え? 穴なんかないよ。」と言う人に分かれる。 なんでだろう? 

95%の割合ではくのはジーンズ。 家にいる時はほぼキッチンに立っている私。 そしてよく考えてみると、ちょっとでも楽をしようとカウンターに寄りかかって料理をしているような気がする(苦笑) なので不思議に思いながらも「きっとジーンズのボタンがカウンターにあたり、穴が開くんじゃないか?」と勝手に理解してました。 ってか、それしか考えられない。

穴が開いていることに気が付いてから何年も経った今、なんとなく気になりネットで調べてみたら・・・

シートベルトが当たるからとか(当たらないと思うけど)、おへその臭いのせいだとか(どれだけ変な臭い?)、虫食いのせいだとか(おへその辺りだけ?それも私だけ?)、ちょっと理解に苦しむコメントがありましたが、未だに私の推測は変わらず「ジーンズのボタンとカウンターのせい」。 

まぁ理由がどうであれ、買っても買ってもすぐに穴が開くのは変わらない。 かと言って、いちいち穴のことを気にかけながら家事をするのは疲れる。

脇に穴が開いてるとちょっと恥ずかしい気がするけど、穴と言ってもおへその辺りにちょこっと開いてる程度だし、別にそこまで気にしなくてもいいかな・・・って私は思っていたのですが・・・

ある日友達に「穴は穴よ。 どこに開いてても穴には変わりないんだから、私だったらもう着ないだろうな。」って言われたんです。 

でもそれは彼女は買っても買っても開く穴に困ってない人だから言えること。 ってか、彼女がジーンズはいてるの見たことないな〜。 やっぱり原因はジーンズのボタン? 

彼女の発言にちょっと動揺したものの、だからと言って穴の開いてるTシャツを全て処理したら着れるTシャツないじゃん でも一応彼女の意見も尊重し、少しづず穴の開いたTシャツを処分していくつもりではあるのですが、問題は「欲しいTシャツがなかなか見つからない」こと。 あっ? これ可愛い!って思ったらバッカみたいに値段が高かったり、デザインは好きなのに素材がいまいちだったり、素材もデザインも好きだけど色が嫌いだったり・・・ 

それよりも、今着ているTシャツが好きだから小さな穴くらいで捨てることができない(悲) いらなくなったもの、使わなくなったものを処分するのは全然平気なんだけど、好きでまだ使えるものを処分するのはとても勇気がいる。 

でも数日前上記写真のTシャツ着て外出しようとしたら、「そのTシャツ着ていくの? それはやめたほうがいいんじゃない?」と、色んなことに関して無頓着なダンナからもストップがかかり、やむを得ずそのTシャツはガレージのお掃除道具行となりました

「脇に穴が開いてたら恥ずかしいけど、おへその辺りだったら大丈夫じゃない?」
「脇だったら腕を上げない限り見えないけど、その穴は隠しようがないでしょ。」

穴を隠す? ・・・やはり、ここでもダンナと私の目線の違いを実感。 ダンナの言い分はおへその穴は10人いたら10人にばれる。 でも脇だと10人中の3人くらいにしかバレないって(笑)

つい最近2枚ほど新しTシャツを購入したのですが、着たら穴が開く!と思うとなかなか着れない。 新しいTシャツ買った意味ないね( ̄∇ ̄;)







 
posted by Minnie at 00:25| Comment(2) | TrackBack(0) | プルマスレイク日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする