2016年05月15日

天晴れ不眠症

夜中にリズミカルに続くピチャッピッチャッだか、パチッパチッだかの音で目が覚める。

大抵の場合はシャワーヘッドから落ちる水の音だったり、雨の日屋根から落ちる水のしずくだったり。こういった一定の連続する音というのが一番ウザイ(いびきのように・・)。 

またか(怒)と思い、シャワーヘッドをチェックするために起き上がったものの、その音はシャワーヘッドからは聞こえない。 

あれ? じゃあ何の音? 

音が聞こえる方に耳を澄ませると、その音は裏庭から聞こえる。 

よ〜く聞いてみると木の枝をむしり取るような音。 ラングラーが裏庭で枝でもかじってるのかと思い、確認のため裏庭をチェックしてみると・・・




裏庭のフェンスが燃えてる!!



って叫んでもダンナ起きてきませんでしたけど(´Д`)


・・・・4時間前の話・・・・

冬の間ずっと放置していた裏庭がジャングル化されており、数ヶ月前からダンナに裏庭の手入れをするようにお願いしていたのですが、徐草スプレーを巻いただけで、その後は何をする様子なし。 スプレーをまけばあとはまるで雑草が勝手に消えてくれるかのように・・・ 

見るに見かねた私は毎日少しずつ雑草抜き開始。

そんな私を見るに見かねたダンナがやっと重いお尻をあげ、行動開始。

そして、彼は・・・




雑草を焼き始めた




「何でも体&時間ではなく、頭を使ってスマートに事を済ませていくのが俺流!」

と、時間と体力をかけて雑草を抜いている私を見て、彼は偉そうにそう言った。 っていうか、そこまでしても雑草抜きを拒んだダンナにはか〜なり飽きれましたけど(´Д`)



そして、その始末が裏庭の火のついたフェンス ┐(´д`)┌


ダンナが雑草に火をつけ、その後を追って私が数秒後にすぐホースで水まき。 その作業をしたのは夕方の7時。 私は晩御飯の支度があったので、火の最終確認はダンナに任せ私は家の中へ・・・ 


「ちゃんと火全部消えた? 煙ももう出てない?」
「消した。 多分大丈夫だと思う。」


・・・・って、全然大丈夫じゃなかったじゃん!

   
ドアも窓も全部しまっているにもかかわらず、夜中の12時半、火の粉のパチッパチッという音で目が覚めた私。 どうも火が再燃したよう。 このときだけは「眠りが浅くてよかった〜。」って心底自分に感謝。  

発見が早かったので大事に至らないで済みましたが、これに懲りて少しは【楽】をすることばかり考えず、地道に何かをする!と言うことを学んでくれたらいいのですが・・ 多分それはないな

IMG_0924.JPG
実際火が付いていた時は結構燃えているように見えたけど、
焼け後はそんなにひどくなくてよかった。 
posted by Minnie at 03:19| Comment(4) | TrackBack(0) | 沖縄日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする