2015年11月30日

Happy Thanksgiving and Birthday!

5年に一度私の誕生日とサンクスギビングが重なるため、親戚一同に祝ってもらうことになります。 せっかくのお誕生日くらいゆっくりした〜い。 特に料理なんかしたくないし、片付けもしたくな〜い! でもサンクスギビングとなると料理は持ち寄り。 なのでサンクスギビングと重なる年は結構憂鬱。 そして今年もその5年に一度のサンクスギビングお誕生日 

予定ではサンクスギビングの前日仕事が終わってから叔父宅へ行くはずだったのですが、リーが38度の熱を出してしまい、急遽予定変更。 ダンナは首を長〜くして待っていた新しいバイクが手に入り、やっと乗れる!と期待していたので、リーのせいで行けないかも?となったとたんちょっとご機嫌斜め。 おまけに翌日はサンクスギビング&私の誕生日なもんだから、自分から「一人で行ってもいい?」とは口が裂けても聞けない(苦笑) 私的にはリーが熱を出してくれたおかげで、ゆっくりできてラッキー🎵ってな感じだったんですけどね(笑)

「明日リーの様子見て後から追いかけるから、自分は今晩行けば?」と言うと、

「ほんと? 明日になってもリーの体調が治らなければ帰ってくるから。」と、「行けば?」と言ってくれるのを待っていたかのように、じゃね!とさっさといなくなったダンナ。 

思っていた通り、翌日にはのどの痛みもなくなり、熱も下がり、リーは行く常備万端。 私は朝からサンクスギビングの持ち寄りの料理を作り(せめて自分のお誕生日くらい料理せず、ゆっくりしていたいのに・・)、午後2時にはみんなと合流。

DSC_0027.JPG DSC_0031.JPG DSC_0044.JPG


毎年恒例、アンディーが作るディープフライドターキー。 これがメッチャ美味しい 年に一度しか食べられないのが残念(面倒くさいからなのか?)。 子供は風の子とは言いますが、大人たちがジャケットを着こんでいる中、トレーナーだけで走り回る子どもたち。 見てるこっちが寒い。 ちょっと前までのどが痛〜い!と38度の熱を出してカウチの上でゴロゴロしていたのが嘘のよう。

さて、お誕生日ということで、みんなから祝福していただきました🎶 

まず第一の苦笑い:

私はティラミスが結構好き。 別に大〜好き!ってわけではないのですが、なぜか? Minnie=ティラミスってみんな思ってるみたい。 お誕生日とか母の日などのイベントではダンナがここぞ!とばかりにティラミスを探しに行くのですが、今回も同じく、ティラミスの登場! ただ問題は・・・ ティラミスって簡単に言うけど、【美味しいティラミス】を探すのはそう簡単ではない。 特にその辺のスーパーで売っているようなものは、はっきり言ってティラミスとは言えない。 予定では私もリーもダンナと一緒に叔父宅へ行くことになっていたので、ケーキの調達は義姉にお願いしていたらしい。 

テーブルの上に置かれているケーキを指さし、「Minnieの大好きなティラミス買ってきたよ〜。」と自慢げに言う義姉。 そのケーキがティラミスだって言われるまでティラミスだってわからなかった(焦) どこからどう見ても、ティラミスには見えない。 気持ちはとってもありがたいけど、なんだか心から「ありがとう♡」って思えな〜い(困) 苦笑い・・・ 

ケーキ、やっぱり美味しくなった。 

家に帰ってから「ティラミスはちゃんとしたお店から買ってね。 スーパーのは美味しくないから。」とダンナにお願い。 意地悪い女って思われるかもしれませんが、ここではっきりさせておかないと、一生美味しくないティラミスを食べさされるのは絶対にイヤ!!!


苦笑い第二:

義両親からのプレゼント。 大抵は現金、ギフトカード、マッサージのギフト券をくれる義両親(変なものをくれないので、本当にありがたい(苦笑))。 たま〜に私が愛用しているOriginsの商品をくれるのですが、大抵はボディーローションとか、ハンド&フットクリームだとか、間違うことはないだろう商品をくれます。 それが今回に限って、どうもダンナに「Minnieが使ってる商品はどれ?」って聞いたらしい。 

箱をみただけでOriginsの商品だってことは一目瞭然。 みんなの前でプレゼントを開け1つ目に出てきたのは、私が次に買わないといけないな・・と思ってた商品。 すぐに「ありがとう♡」と顔もニコニコ。 そして、次に出てきたものが・・・


セットで商品を買ったとき、サンプルかなんかでついてきた、【もったいないから使ってるけど、あまり好きではない商品】のフルサイズ。


ガガガガーン


確かに使ってるけど、仕方なく使ってるだけであって、本当に欲しいものではない。 私が今使っている何種類もある商品の中で、なんでよりによってこれを義母にお願いするかな〜(困) 

横で義母が「ちゃんとMinnieのダンナに聞いてから買ったのよ。 それ使ってるでしょ? あってるでしょ?」と私の一瞬暗くなった顔を察知したかのように聞いてくる義母。 一瞬停止してしまった自分を庇うかのように「そうそう、これ使ってる。 使ってるよ〜。」と・・・ 苦笑い。 


はぁ〜・・・ 誕生日って疲れるわ〜。 


ちなみに、ダンナからは前から欲しいかも?と言っていた一眼レフカメラの三脚&レンズのプロテクター。 これは利用価値があるのでありがたく使わせていただきます。 そして、もう一つ・・・ ”セルフィー”スティック。 ???? 誰がセルフィーなんか撮るの? 



P.S. 義母には申し訳ないですが、数日後私が本当に欲しかった商品と交換に行きました。 無事義母に知られることなく交換できてよかった〜。 


  
posted by Minnie at 01:04| Comment(0) | TrackBack(0) | プルマスレイク日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月25日

40歳になりました

とうとうダンナも40代の仲間入り! 末っ子だからなのか? 甘やかされて育ったからなのか? ダンナには危機感というか、物事に対する焦りというものが全くありません。 もちろんそれが彼の長所でもあり、短所でもあるのですが・・・ そんなのほほ〜んとした感じのまま40歳になったダンナにちょっと不安を感じるのですが、本人は全くそんな自覚はなく、毎日楽しそうに暮らしております(笑)

普段はパーティーなどしないダンナですが、今年は盛大にパーティーをやりたい!という彼の希望で、親戚&お友達を誘い、山の中の叔父宅で2泊3日お誕生日会を開催。 いろんな意味で思い出に残る楽しいお誕生日になりました

思い出1.

お酒大好きご近所さんも参加したのですが、彼らの息子(リーのベストフレンド)が出血の怪我。 怪我の原因は牛小屋の寄りかかっていた大きく重〜い鉄のゲート。 リーはゲートの間をくぐって牛小屋に入ったのですが、お友達はゲートにのぼり、向こう側へ。 ゲートはほぼ真っすぐに寄りかかっていたため、彼の方へ倒れてきたそうです。 逃げ遅れた彼にゲートが倒れ、その勢いでコンクリートに叩きつけられたらしく、起き上がった時には顔中血だらけ。 運よく外傷だけで済んだものの、しばらくの間はみんなわけがわからず放心状態。 やっぱあれだけの血を見ると、みんな焦るよね・・・

思い出2.  

牧場では週末もお誕生日会も関係ありません。 毎日やらなくてはいけないことがたくさん。 この日も予定通り子牛たちの去勢&マーキングのお仕事。 犬や猫のように病院で麻酔してやってもらうのではなく、力ずくで抑え込み、自分たちでやります。 

Philip's 40th BD 11-17-15 094.JPG
逃げないように抑え込みます


Philip's 40th BD 11-17-15 096.JPG
まずはタマタマの皮をひっぱり皮をナイフで切ります
レスリーが右手に持っているものが切られたタマの皮


Philip's 40th BD 11-17-15 107.JPG
そして中からタマを引っ張り出し、切ります
あとは縫うこともなく、自然治療


Philip's 40th BD 11-17-15 095.JPG
切られたタマを嬉しそうに持っている従妹のマディー


Philip's 40th BD 11-17-15 113.JPG
去勢が終わったら、マーキング


Philip's 40th BD 11-17-15 152.JPG
仕上げはタマタマBBQでいただきます!


思い出3.

生後5日の子牛。 自力でミルクを飲めないので毎3時間哺乳瓶で授乳をしているのですが、ママ牛が過敏になっており、人が近づくと守護態勢に・・・ 

授乳の時間になり、大人も子供も子牛見たさに牛小屋へ。 ママ牛を小屋から出して移動させている途中に思いもしなかったアクシデント!!

アンディーが子牛を抱っこし、ママ牛がその後を付いて来ていたのですが、角を曲がったところにアンディーの奥さんが子犬を連れていたのを発見! ママ牛、この子犬が大嫌い。 まさかこの角度(藁の後ろに隠れていたので)をママ牛が見るとは思ってもいなかった私たち。 

子牛の危険を感じたのか、それともたんにこの子犬の存在がウザかったのか、いきなり子犬に向かって突撃してきました!! もちろん犬を連れていたアンディーの奥さんも突撃され、転ぶ羽目に。 コーナーの狭い場所に立っていたので、逃げる場所もなし。 転んで後ろにあった桶のようなものに尻もちをつき、起き上がれないセーラ。 彼女のそばに立っていた私が大丈夫?ってセーラに手を差し伸べるべきだったんでしょうが、諦めることなく、何度も突撃してくるママ牛。 下手に手を出したら矛先が私になる確率100%。 頭では助けてあげなくちゃ!と思いながらも、体は反対方向に。 

「立て! 立ってそこから離れろ!」と叫ぶアンディーの声は聞こえるものの、何度も戻ってくるママ牛を目の前に立ち上がれないセーラ。 この緊迫したなか誰も動くことができない。 犬がどこかに行ってしまえばママ牛も突撃をやめたのでしょうが、犬はつながれた紐がひっかかって、セーラの後ろで逃げられないままこの状態。 これではセーラがやられちゃう!!!

そのとき、アンディーが体を張って牛とセーラの間に立ちはだかり、牛の矛先がアンディーに・・・

その間に立ち上がり、逃げ切ったセーラ。 でも狭い間に立ちはだかったものだからアンディーは壁に何度も叩きつけられることに・・・

犬がいなくなったことに気が付いたママ牛。 やっと攻撃をやめ、子牛がいる場所に戻っていきました。

不幸中の幸い、誰も病院へ行くことはありませんでしたが、セーラもアンディーも痣だらけ。 痛み止めを何度も飲み、痛みに耐えていました。

そばにいながら助けてあげられなかったことに、とても心苦しかったのですが、実際の話、私があれだけ壁に叩きつけられたら、骨、ボロボロになってただろうな〜(怖) ごめんだけど、無理。

あそこでアンディーが助け船を出さなかったら、どうなってなんだろう? 誰も動けなかった中、愛する妻のため一瞬の判断で牛の前に立ちはだかるなんて、素敵〜!(って、別にアンディーが素敵なんじゃなくて、行動が素敵なわけで・・) 後になって「私が突撃されてたら、アンディーみたいに体張って助けてくれる?」ってダンナに聞いたら「一応牛に『もういいんなじゃない』って声かけるかな。」だって。 言葉の通じない牛に話しかけるんだ? ある意味、すごいわ。

Philip's 40th BD 11-17-15 117.JPG
こちらがセーラを襲ったママ牛
子供のことになると、人間だろうが動物だろうが関係なく、母は強し


というわけで、いろいろあった40歳のお誕生日パーティー。 無事終了。 





 
posted by Minnie at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | プルマスレイク日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月17日

見てからのお楽しみ🎵

早くも一年がたち、またまた恒例クリスマスファミリーフォトの時期がやってきました。 去年ブログに書きましたが(こちらを読んでください)、今年はどうしようかと悩み中

昨夜ご近所さんが遊びに来ていたとき、話の流れでクリスマスの写真の話になり(もちろん私の洋服の話も出て・・)「今まで撮った写真全部見せてよ。」とリクエストされ、2008年からの歴史をみんなで見て「なんで同じ服着てるの〜?」と、やっぱり大笑いされました。 

初めの数年は問題なかったんだけど、過去数年ちょっと苦情が出てきてるので(苦笑)、今年はどうするものか?と悩んでるんだよね、と言うと・・・





「ここまでやってきたんだから、今更変えるわけにはいかないでしょう!」




だよね〜・・・(笑)




今更変えられないよね〜。 でもまた同じ服着たら「いい加減にしなよ!」って言われるだろうからな〜。 義母にも何か言われそうだし・・・ どうしようかな・・・ 



と言うわけで、あとは見てのお楽しみ🎵

IMG_0663 [2876754].JPG
この服、20代のころは結構活躍してくれていたのですが、
今では贅肉のレイヤーがじゃまをし、普段着るのはとても危険!
そのため1年間ずっとクローゼットの中で眠っている写真用の服。
普段は着てもらえないけど、ある意味とても大切にされているわけで・・・
ってか、邪魔(笑) 

posted by Minnie at 02:48| Comment(2) | TrackBack(0) | プルマスレイク日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月11日

出遅れましたが・・・ハロウィンでしたね

年末の忙しい時期に突入しました。 ブログももっと頻繁に更新したいなと思いながらも毎日一分一秒争う慌ただしい日々のせいで、ブログも思うよう更新できないまま日々が過ぎて行っております。

なるべく自分の負担を減らすため、ホリデーやイベントなどの行事はできる限り他人のお宅へお邪魔するように努力しているのですが、今年は義従弟がわざわざコーディーを連れてプルマスレイクまで来てくれることになり、自然の流れで私が晩御飯を作ることに。 そこまではよかったのですが、パーティー好きなご近所さんが「だったら私たちもそっちに行こうかしら?」と、呼ばれてもいないのに自主参加(笑) ダンナが独身の同僚も誘い、みんなが集まっているのを見た隣人さんも「何々?」と家のガレージに引き寄せられるようにやって来て、結局子ども4人+大人10人と、予定よりも大がかりなパーティーに

外も暗くなり、ハロウィンのメインイベント”Trick or Treat”に行く時間がやって・・・

Halloween 10-31-15 006 [2818158].JPG



やっぱり今年も私一人でお留守番




義従弟が自分が留守番するよと言ってくれたのですが、わざわざサクラメントから来てもらってお留守番させるなんてことは私にはできない。 「あ〜、また一人で今年もお留守番か〜。」ってわざとダンナに聞こえるように嫌味を言うと、「だから俺が残るって言ったのに、自分が残るって言ったのMinnieだろ?」と義従弟が返事。 いや、あなたのご厚意はありがたいですが、今のコメントはあんたに言ってるんじゃないから無視してっ! 

ビール片手に大人9人+子ども4人+犬一匹、いざ出発! 楽しんでいるのは子供なのか?大人なのか?

食べて飲んで、くだらないこと言って笑って・・・ 大いに楽しんでくれて、それはそれでよかった。 これが毎年の恒例にならないといいんだけど・・・(苦笑) 

IMG_0634 [1611041].JPG IMG_0633 [1611039].JPG IMG_0632 [1611037].JPG

IMG_0635.JPG IMG_0638 [1611043].JPG
こちらは毎年仕事場で行われるイベントの写真。
毎年レベルアップしてます! 
私は見るだけ(笑) 


posted by Minnie at 13:55| Comment(3) | TrackBack(0) | プルマスレイク日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする