2015年08月31日

初ギプス

先週末の土曜日にクラッシュし、筋を痛めた程度だろうとサポーターを付けさせていたのだけれど、一向に良くなる気配がないので火曜日に病院へ。 水曜日に「ヒビが入ってますね〜。」と言われ、結局金曜日にギプスを付けられたリー。 

初めは「”ギプスにサインしてもいい?”ってクラスのみんなに言われたんだけど、金曜日にギプス付けるの?」と、ギプスを付けることにとてもワクワクしていたリー。 何か勘違いしている・・・

私は仕事の都合で病院に一緒に行けなかったため、一緒に行ったダンナに「ギプスつけなくてもいいっていう選択があるんだったら、できれば付けない方向で話進めてね。」とお願いしていたのですが、

「どうせ髪の毛くらいのヒビだろうと思ってたんだけど、レントゲン見たら結構長くて、大きなヒビが入ってたらビックリした。」って。 ギプスを付けないっていう選択はなかったって

病院からそのまま学校へ戻り、家に帰ってきたときにはすでにお友達のサインがいっぱい(苦笑)! 「マミーはここにサインしてね。」と、申し訳ない程度に残っていたスペースにサイン(笑)

IMG_0427.JPG


9月25日までギプスとの生活。 シャワー&手洗いがとっても面倒 

後26日・・・ はぁ〜・・・

 
posted by Minnie at 07:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 成長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月28日

Lovelock

私たちが数年前住んでいたラブロック(ネバダ州)のお家に義両親が入居。 サクラメントのお家とラブロックお家を行ったり来たりの生活が始まって数ヶ月が経ちました。 義両親、子供たちに遊びに来てもらおうと、おもちゃを購入。 

Lovelock 8-21-15 062.JPG


もうすでに四輪バギーを2台持っている義両親ですが、今回コロラドから義姉家族も来るということで、↑のオフロードバギー、そして四輪バギーをもう一台購入。

コロラドから義姉家族も来るし、楽しそうなおもちゃも揃ってるし、ラブロック・・・行かないわけにはいかないよね〜。

ただ問題は、寝る場所がない(困) 2階はキングサイズのベッドが軽く3つ入るだけの広さはあるのですが(実際はクイーンサイズのベッドが1つしかないですが)、義姉夫婦が寝ることになっているので、その横で寝るのもなんとなく気が引ける・・・ リビングはもう一人の義姉母子が占領。 トレイラーを持っていくことも考えたのですが、たった2泊3日のために4時間半もかけて山を越えるのは面倒。 

と言うことで、私たち家族は家のフロントヤードにテントを建て、テントで寝ることに

メモリーフォームのマットレスのおかげで寝心地は悪くなかったのですが、自然の音(風、木、野生の動物、etc...)で何度も目が覚め、毎度の睡眠不足。 ま、初めからテントなんかでぐっすり眠れるとは思ってなかったからいいんだけどね

33度と暑い中、洞窟までハイキング! その後は射撃。 新しく購入したライフルをどうしても撃ってみたかったダンナ。 私もリーも挑戦!

Lovelock 8-21-15 057.JPG


アメリカン・スナイパーのクリスを改めて尊敬。 

晩御飯も食べ終わり、日が落ちるまで家の周りを四輪バギーに乗りグルグル回って遊んでいた子供たち。 10分もしないうちに

「あんたの息子クラッシュしたわよ〜!」

と、隣人さんからの一言と同時に、リーの泣き声。

スピードを出しすぎカーブを曲がりきれず、ブレーキをかけようとしたんだけど、ブレーキが右か左かどちらにあるのか忘れ、気が付いたら茂みに突っ込んじゃった・・・らしい。

痛い痛いという割には手首も多少は動かせていたので、筋を痛めた程度だろうと思っていたのですが、念のためと病院に連れて行ったら、骨にヒビが入ってるって

明日また病院です。 ギブスを付けられるか、付けないですむのか・・・ はぁ〜、これから気温も下がりアウトドアを楽しめると思っていたのに。 しばらくはリー何も出来そうにないです。



posted by Minnie at 12:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月16日

Wacky Dash

去年”Mud Factor”の障害物競走に参加し、またやりたい!と言っていたリー。 今年もやりたいね・・・と話をしていたところ、タイングよく従弟からイベント参加のお誘い。 ローカルのイベントなので去年の”Mud Factor”のような格的なものではありませんが、親戚皆で参加♪ あっ、私はカメラマンね(笑)

去年と同じミステイクをしないように、スタート前にちゃっかりコース内に侵入

Wacky Dash 8-1-15 106.JPG Wacky Dash 8-1-15 113.JPG Wacky Dash 8-1-15 126.JPG


ちゃっかりコースに入ってスタンバイしていたのはいいんだけど・・・ リーも撮りたい、でもダンナも撮りたい、そして姪っ子も、甥っ子も、従弟も、姉ちゃんも・・・なんて言ってたら

全然いい写真撮れなかった〜

それもビデオカメラと両方撮っていたものだから、どっちも中途半端

みんなには申し訳ないけど、次回はリーだけに密着させていただきたいと思います。 

1時間ごとに100人ほどのグループがスタートするのですが、私たちは1番最初のグループだったこともあり、リー、姪っ子、甥っ子、3人で一番前を陣取り。 その勢いで、リー一番でゴール レスリーもコーディーも途中で走るのをやめたのですが、リーは最後まで歩かず走りきりました! 素晴らしい!!

約10分後にダンナもゴール。 私は子供たちに密着していたので、大人たちがどんな風に障害物をこなしていたのか全く見ることが出来なかった(涙) きっと子供たちを見るより面白かったはず(苦笑)・・・残念。

ギャーギャー言いながら応援していたからなのか、もしくは従弟のアンディーが必要以上に泥んこになっていたからなのか(自ら泥まみれになっていた彼)、テレビ局のレポーターに見初められ、夕方のローカルニュースに登場させてもらいました♪ 数秒ではありますが、リー、生まれて初めてのテレビ初登場☆  

いい思い出になりましたわーい(嬉しい顔)

posted by Minnie at 14:28| Comment(0) | TrackBack(0) | プルマスレイク日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月08日

欲しい車は・・・

アメリカでは16才から車の免許が取れます。 ということは、あとたったの6年半。 この9年があっという間に過ぎたように、気が付けばリーも車を運転してるんだろうな〜・・・ 

そんなある日、リーに質問

「免許取ったら車も必要になるけど、どんな車がいいの?」
「ランボルギーニがいい。」
「(爆笑)あんた、その車いくらか知ってる?」
「知ってるよ。 一億くらいでしょ。」

実際そんなにしませんが、一応高価な車だと言う事はわかっているらしい。

「そんなお金どこにあるの?」
「俺のお金銀行にあるから。」
「口座はあっても一億もないでしょ。」
「じゃあ、フェラーリでいいや。」
「フェラーリだったら買えるの?」
「多分、ランボルギーニよりは安いはずだから。」
「安いかもしれないけど、それでも私たちには買える金額じゃないよ。」
「大丈夫、今からお金貯めれば買えるでしょ。」
「あんた収入もないのにお金どうやって貯めるの?」
「・・・(無言)」
「もっと現実的な話してくれる?」
「じゃあ、トヨタでいいよ。 トヨタだったら買える?」
「中古だったら80万とか120万くらいで買えるんじゃない。」
「80万って高い?」

一億のランボルギーニを買おうと思っていた人が80万でビビる(苦笑)?

「別にどんな車でもいいけど、できればブルーの車がいいな。」
「ダディーが乗ってるようなやつ?」
「そうそう、ダディーのがいい。」
「じゃあ、ダディーの車貰えばいいじゃん。 タダだよ。」
「イェーイ!! ダディーの車がいい

え? ランボルギーニやフェラーリじゃなくて、ダディーのお下がりの車でいいんだ? それで嬉しいんだ? なんだ、よかった(笑) 
posted by Minnie at 13:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 成長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月01日

Six Flag

リーの学校では、2ヶ月の間に6時間本を読むと(毎回親がちゃんと記録する)Six Flag(テーマパーク) の入場券がもらえるというイベントが毎年行われます。 一昨年頑張って本を読んでチケットをもらったのですが、結局行くことなく(面倒だったので)チケットを無駄にしました。 去年は初めから行く気がなかったので(親が)、本も読まずイベント終了。 身長も伸び、全ての乗り物にも乗れるようになった今年、私たちの重いお尻を上げ、頑張って行ってきました。   

プルマスレイクではこの日40度を超えると予報されており、人ごみの中に行くというだけもうんざりなのに、その上40度越えなんて聞かされると、行く前からとっても憂鬱もうやだ〜(悲しい顔)

それでも行く!と決めたからには行くしかない。 覚悟を決めて出発!

家から約1時間半離れたテーマパークに到着したのは11時半。 気温はプルマスレイクよりも断然低く、日中26度前後。 40度越えと予報されていたからか、思っていたよりも人も少なく、結構快適に遊ばせて頂きました。 

基本ローラーコースターは嫌いではないのですが、問題は乗り物に簡単に酔ってしまう事。 せっかく入場料に4000円も払ったんだから、一応ローラーコースターに乗っとかないとねっ、てことで乗ったのはいいんだけど・・・そのあとしばらく気分悪かった もう一生ローラーコースターに乗る事はないだろうな。

140cmを超えたリー。 もう身長制限もありません。 どの乗り物も乗りたい放題! ダディーと一緒にローラーコースター乗りまくり。 私に似なくてよかった(笑)

IMG_0302.JPG IMG_0319.JPG IMG_0340.JPG


乗り物のほかにもイルカのショー、トラのショーなども見て、久しぶりに家族水入らずで楽しい一日を過ごしました♪ でももうしばらくはテーマパーク勘弁ふらふら
posted by Minnie at 02:11| Comment(2) | TrackBack(0) | プルマスレイク日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする