2018年01月12日

プール完成!

10-27-17.JPG
ずっと放置され、何もなかった裏庭。

10-29-17 (3).JPG
10月30日スタート! たったの1日で大きな穴が掘られました。

IMG_3268.JPG
穴の中にワイヤーで形をとり、プールの周りにパイプ&電気を設置。

IMG_3304.JPG
グナイト(セメント、砂、、砕いたスラグを水と混ぜ合わせたもの)でプールを形成し、
タイルを付けたらだんだんプールっぽくなってきました♫

IMG_3337.JPG
ウォーターフィーチャーもたったの1日で出来上がり。


IMG_3339.JPG
プールの周りにコンクリートが入ります。


IMG_3537.JPG
プールの表面に私たちが選んだのは、細かい凹凸面を付けるための Pebble Tec。
セメントと同じように塗装していきます。


IMG_3551.JPG
あの青いセメントに混ぜられた Pebble だけがプールに付着し、
残りのセメントは水に流され・・・ プールの表面出来上がり!


IMG_3552.JPG
1月5日、ホースから水をいれること約40時間。 
タダの穴ではなく、プール!と呼べるようになりました(笑)



昨日プールのオリエンテーションがあり、ポンプの止め方、掃除の仕方、カルキの調整の仕方など色々教えていただいたのですが・・・ プールを使う前からもう既にプールを作ったことを後悔 メンテが大変だというのはわかっていたのですが、説明を受けた後に本当に大変だということを改めて実感。 その上水道代の請求書が来たらもっと後悔することになるんだろうな〜・・・って、後悔してももう遅いけどね。

めっちゃくちゃ暑い夏が来たら「プールも悪くないじゃん」って思える・・と、今は信じたい。

プールは完成! 後は裏庭のランドスケープをしたら、本当に完成! 

ただ、まだ寒すぎるのでもう少し暖かくなるまで待たないといけません。 その間は泥だらけの裏庭ですが、我慢我慢。 ラングラーが泥だらけの足で家の中に入ってくるのも、それまでは見て見ぬふり

posted by Minnie at 01:06| Comment(0) | プルマスレイク日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月06日

アレクサ


61qaMh0rSIL._SL1000_.jpg


テクノロジーに疎い私。 新しい商品を買う気もなければ、興味も全くなし。 

そんな中、酔っ払いご近所さんからクリスマスプレゼントとして頂いた【エコードット】。 

「リーが家に遊びに来るとき、いつもアレクサと楽しそうに会話してるから、あなたたちの家にもあった方がいいと思って。 あっ! でもエコーはちょっとお高めだから、エコードットにしたけどいいわよね。」って。

ってか、ハッキリ言ってエコーどころか、エコードットもいらないし。 家にそんなものあったって邪魔。 大体常にそんなものに見張られてると思うと、ゾッとする。 

実は色々あり、只今酔っ払いご近所さん宅とは付かず離れずの状態で、ま〜さか、地球がひっくり返っても「使わないから返品して。」なんて言えません!

かと言って、使わないわけにもいかない。 会うと「エコーまだつないでないの? 接続の仕方わからないんだったら私がやってあげるわよ。」と言ってくるので・・・

「また向こうの機嫌を損ねる前に、早くエコーつなげちゃってよ。」と私に催促され、やっとエコーを設置。

しばらくすると、「アレクサ! ランボルギーニのヴェネーノはいくら?」と聞いているのが聞こえてきた。 でもアレクサはその質問に答えられないらしく、「ランボルギーニのアヴェンタドールは・・・」と、違うモデルの話をし始める。 ダンナも加勢して「アレクサ! ヴェネーノ・ロードスターはいくら?」と聞くけども、やっぱりアレクサはヴェネーノがわからない様子。 

イライラし始める2人の様子が面白いので、部屋まで行って見学。

リー:「アレクサ! ランボルギーニはいくら?」
アレクサ:「ランボルギーニ・アヴェンタドール(ミニカー)はダイキャストから売られてあるもので約8ドル。 アマゾンから買えますが、購入しましょうか?」
私:「ランボルギーニが$8だって〜(笑)」
ダンナ:「違うよ、アヴェンタドールじゃなくて、ヴェネーノ。」
アレクサ:「どうしますか? いいですか?」
ダンナ:「アレクサ! イエス。」
アレクサ:「OK! 購入完了です。 シッピングの準備ができ次第、お知らせします。」



は〜? なんで今イエスって言ったの?
 

 
すぐ反応するアレクサのリズムにのせられた上、外野がうるさく言ってることが聞こえなかったって。 だったら何でもかんでもYES!って言うな〜

アレクサ! 今のオーダーキャンセル〜!!!💦


何とかオーダーは無事キャンセルされ、$8のランボルギーニは購入せずに済みました

エコードットはアマゾンから売られてあるものなので、アマゾンから買えるものなら何でも売ろうとするアレクサ(きっと凄腕のセールスレーディーなんだろうな(苦笑))。 すでに私のクレジットカードのインフォはアマゾンに保存されているので、アレクサ!って言えば誰でも私のカードを使ってなんでも買えちゃう。 下手したらリーのお友達が遊びに来てるときに変なものを購入される可能性だって十分にあり得る。 


だからこんなものいらないのに〜!


即行私のアマゾンのアカウントとエコードットの接続切断!!!

posted by Minnie at 00:00| Comment(0) | プルマスレイク日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月01日

Happy New Year, 2018!


42691230473926c2e19d80ca5a657015_m.jpg


明ましておめでとうございます。 
今年も宜しくお願い致します。

posted by Minnie at 00:00| Comment(0) | プルマスレイク日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月29日

メリークリスマス

今年のクリスマスもあっという間にきて、あっという間に過ぎていってしまいました。 気が付けばあと数日で2018年。 年をとると時の流れが早く感じると言いますが、全くその通りですね(苦笑)

まだサンタを信じているリー。 今年も母24日間頑張り、アドベントカレンダーに毎日忘れることなく25¢を入れました。 24日の夜は寝る前にサンタさんからのプレゼントをツリーの下に置き、ストッキングにもプレゼントを詰め、25日の朝はいつも以上に早起きのリーに付き合い、眠たい目をこすりながら起きました。 

お願いだから、もうサンタさんを開放してやってくれ〜!!!

来年のクリスマスまで1年。 その間に「サンタは存在しない!」と言う決定的なダメ押しを誰かしてくれませんか〜。 とりあえず、私から言うのは可愛そうなので、他人の誰かに言ってもらえれば助かるんですけどね〜。 約9ヶ月前に Tooth Fairy は存在しない!という、第一の関門を突破したにもかかわらず、どうしてもサンタさんだけは信じたい様子。 今年も「お〜っと、ヤバいヤバい。」ということは何度も何度も何度もあったのですが、その度に見え見えの嘘をついて、くだらない言い訳をして・・・その都度、「これをチャンスに『本当はサンタさんいないんでしょう?』って聞いてくれないかな。」と期待していたのですが、全然気づいてくれない

DSC_0036.JPG
子供たちもどんどん大きくなっていきます。

来年もこの調子でサンタさんからプレゼントをもらうつもりなんだろうな(苦笑) ちなみに、従兄のコーディーはサンタさんは親だということを知っています。 従姉のレスリーはまだ信じているようです。 リーの周りにはサンタさんの正体を知っている子供たちがたくさんいます。 そんな中で一体どうやったらリーは未だにサンタさんを信じらるのか、そっちの方が不思議〜。  

そんなこんなで、今年も無事クリスマス終了。 

今年はプレゼント買いに暴走しなかったダンナ。 返品に行く必要がなかったのでありがたい(笑) 前もってお願いしていた【タイマー付きのスロークッカー】をプレゼントしてくれました

IMG_3505.JPG

義両親からハムの残りを頂き、早速スロークッカーでスープを作りました♪ 今日のように冷え込んだ夜にはピッタリのメニューです。 
 
posted by Minnie at 09:50| Comment(0) | プルマスレイク日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月23日

Theater of Lights in Old Sacramento

ローカルのクリスマスイベントに行ってきました。 ありがたいことに、お付き合いさせてもらっているリーのお友達のお母さんたちは、こういったイベントや色んな情報を知っており、普段からこういったことに疎い私たちにいつもテキストを送って来てくれます。 

人混みが好きではない私とダンナなので、初めはあまり行く気ではなかったのですが、無理して行ってよかったです。 思ったほどの人ではなかったし、パーキングも数時間で$15と、ちょっとお高めではありましたが、タダでショーが見れるわけですから、その辺は良しとして・・・

久しぶりに行ったオールドサクラメント。 ショーが始まるまでの1時間、ギフトショップをのぞいたり、つまみ食いしたり(笑) 

TOL11-054.jpg

IMG_1017-300x199.jpg

無料のショーだったのであまり期待はしていなかったのですが、期待していなかったおかげで、逆にいいショーだったっと思えました(笑) 途中泡でできた雪が降って来たときには、子供たちも大喜び

たくさんのクリスマスのライトを見て、音楽を聴いて、美味しいものを食べて・・・

23日の夜は何の予定もなく、家で過ごすだけのつもりだったのですが、それがこんな素敵な夜になったことを、お友達に感謝です

クリスマスはサクラメントに帰ってきている義両親の家で過ごす予定です。 

皆さんも素敵なクリスマスをお過ごしください💛






posted by Minnie at 00:00| Comment(0) | 沖縄日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月22日

お化けサンタ

クリスマスも数日後となりました。 ハロウィンが終わったと同時に、サンクスギビングも待たず、さっさとクリスマスのデコレーションを出したのが2か月前。 お家に遊びに来る人みんなに「サンクスギビングまだ終わってないよ。」と言われながらも、クリスマスのデコレーションをエンジョイしてきたのですが、あと数週間で全てがまた箱の中に戻っていくのかと思ったら、なんとなくつまらない。 

リーが幼稚園や学校に通うようになって、学校でクリスマスのオーナメントを作り、お家に持って帰ってくるようになりました。 ハッキリ言ってどれも飾りたくないな〜と思わされる程度のものばかり(笑) もう皆さんもご存じだと思いますが、リーは美術系が一切ダメ✖。 でもまあ、我が子の作ったものですから、飾ります(苦笑)

でも、中学年〜高学年になってから手作りのオーナメントをしばらく持って帰ってこなかったのですが、今年久しぶりに持って帰ってきました。 それが、コレ↓

IMG_3453.JPG

こちらが裏側。 その辺に適当に置かれていたので、初め手に取ってみたときはこれがオーナメントだってわからなかったんです。 貝で作られてあるのですが、これが結構重いので、まさかオーナメントだなんて思わなかったし。 これなんだろう?と思いながらひっくり返して表を見てみると・・・ 

IMG_3452.JPG

もっと余計にわからなくなった

「これなに? 学校で作ったの? お化け?」
「違うよ、サンタのオーナメントだよ。」

そう言われてみたら、赤い帽子かぶってるわ。 

せめて顔の部分は肌色で塗ってくれてれば、人間だってわかったんだけどね〜
美術が一切ダメで、根っからの面倒くさがりのリー。 全部真っ白に塗っちゃったから、私にはお化けにしか見えなかったんだよ(困) 

IMG_3454.JPG

・・・てか、サンタ逆さま向いてるしね


posted by Minnie at 00:00| Comment(0) | 成長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月21日

Santa Cruz North / Costanoa KOA

クリスマス前にもう一回くらいキャンプ行きたいね・・・と、今回はお友達のリクエストで、サンタクルーズから約20分ほど離れたところにある、海が見える素敵なキャンプ場に行ってきました。 

なんとか金曜日の渋滞に巻き込まれることなく、無事3時過ぎにはキャンプ場へ到着。

IMG_3431.JPG

暗くなる前にトレイラーの準備ができてよかった。 

海岸沿いなので、常に風が強く、そのためにちょっと肌寒くはありましたが、日中太陽が出ている間は結構快適に過ごせました。

夜はお友達が釣ったカニを頂きました♪ サンフランシスコでこれでもか!!と言うくらいの量のカニを釣ったらしく、そのおすそ分けだそうです。 と言うのも、前回彼が我が家にやってきたとき、食べきれないくらいのカニを釣ったと豪語していたくせに、手土産にカニ1匹すら持ってこなかった彼に対して文句を言った私(苦笑) なのでその償いとして、今回の晩御飯はカニでおもてなしをしてくれることになったのです(笑) やっぱ文句は言ってみるべきね(笑)  

IMG_3435.JPG

カニ好きの従兄コーディーに負けないくらい、リーもカニにガッついてました(笑)

翌日は以前から気になっていた【ミステリースポット】へ行ってきました。

DSC_0089.JPG

このミステリースポット、何がミステリーなのかと言うと、下の写真のように長細い板の端と端に二人が立ちます。 再度2人の位置を入れ替えると、あら不思議! 身長の差が縮んでるΣ(゚Д゚)

DSC_0095.JPG DSC_0094.JPG

一番背の高いアンディーが、一番背の低いセーラより身長が低くなってる。 そりゃ当たり前、セーラはアンディーより高い位置に立ってますから。 

ただ!! これがミステリー!!

板の上でボールを転がすと、セーラの方に転がっていくんですΣ(゚Д゚) 

不思議ですよね〜。

DSC_0124.JPG

彼らがの後ろに見える建物の中に入ると、床が斜めになっているせいか? 重力のせいか? 忠告されていたように、私は一気に気分が悪くなりました それでもカメラマンの役目を果たすため、頑張りました!

DSC_0111.JPG

このミステリーは1939年に発見され、1940年から一般公開されたそうなのですが、未だ「ナゼこうなのかは、理由がわからない」そうです。 まあ、実際はわかっているんだと思いますが、金儲けのために言わないだけなんじゃないかな?と言うのが私の考え。 というか、目の錯覚、いわゆるイリュージョンってやつなんだろうね〜・・と言うのが、私たちが出した結論でした。

その後、サンタクルーズの埠頭でランチ。 私はクラムチャウダー、リーはスモークサーモンナゲット、ダンナはフィッシュタコ。 どれもとても美味しくて満足満足

その後散歩がてらビーチを歩き、お土産ショップを見て、キャンプサイトに舞い戻り。

DSC_0078.JPG

日ごろゲームのことしか頭にない子供たちも、キャンプに来ると外遊びを思いっきりエンジョイ。

ちょっとお値段はお高めでしたが、素敵なキャンプ場。 是非また来たいな〜。 

posted by Minnie at 00:00| Comment(0) | 旅行日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月15日

クリスマスプレゼント

毎年悩まされるのがクリスマスプレゼント。 大抵欲しいものはもう既に持っているので、「何か欲しいものあるの?」と聞かれても、「う〜ん・・・」とすぐには答えられない。

今年も12月になる前から「欲しいものあるんだったらちゃんとリストにしておかないと、クリスマスに欲しいものもらえないよ。」と、早々にリストを作るように言っておきました。

リーが作ったリストの中でも、探すのに1番時間のかかったプレゼントは、フェラーリ&ブガッティのポスター。

高級なスポーツカーが大好きなリー。 去年はポルシェのポスターを購入。 

ポスターなんて安そうだし、特にスポーツカーなんてその辺のサイトでいくらでも売ってそうなのに、実は欲しいモデルやサイズを探していると、これ!と言うものがなかなかない(困) 「あっ! これいいな。」と思っても、たった紙切れ1枚に何千円、下手したら何万円というお値段が付いていたりする💢 

そんなこんなでしばらくネットでポスターを探していたのですが、下手に変なポスターを買って「欲しいのこれじゃなかった。」なんて言われてもムカつくので、本人にハッキリ「ポスター探してみたけど、いいのないよ。 ギフトカードあげるから、自分で探せば。」と言うと・・

「なんで? 去年はポルシェのポスター見つけてくれたじゃん。 そのサイトからまた買えばいいじゃん。」と、当たり前のことを言ってくる。 

「同じサイトで見つけられなかったから言ってるんじゃん!」
「どこのサイト?」
「アマゾン」

・・・・以下省略・・・・

「じゃあアマゾンのギフトカードでいいよ。」

と言う感じで、万が一最後までポスターが見つけられなかった場合のために、ギフトカードでもいいという許可をもらいました。 でも最後の方はちょっと涙ぐんでた(苦笑)

切実に「ポスターが欲しい!」というリーの要望を叶えてやりたい。

その後いろんなサイトをチェックする日々が続き、ちょっと妥協しましたが、無事ポスターを購入( ´Д`)=3

IMG_3428.JPG

昨日ラッピングを終わらせ、そっとツリーの下に置いておいたら・・・

早速見つけました(笑)

リー:「あっ! クリスマスプレゼント増えてる
リーの友達:「誰宛のプレゼント? 名前見てみようよ。」
リー:「これは、従姉のレスリー。 これは、コーディー」
リーの友達:「リーにはないの?」
リー:「これ、僕にだって。」

と、掴んだのはポスターが入っている長い包み。

リー:「なんだろう、これ?」
リーの友達:「何お願いしたの?」
リー:「さぁ・・・ こんなのお願いした覚えないなぁ。 僕がお願いしたのは『PS4のゲームと、RCヘリコプターと、ETC...』。 きっとお願いしてない以外のものだろうな。」


・・・・・って、オイっ
 
posted by Minnie at 00:00| Comment(2) | 成長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月11日

ホワイトエレファント

クリスマスパーティーには欠かせない【ホワイトエレファント】。 なんで【白い象】と呼ばれているのかは知らないので聞かないでください( ̄∇ ̄;) 簡単に言ってしまえば、【ホワイトエレファント】はギフト交換のゲーム。 ただ・・・下記のルールが用いられます。

ルール:
・1人1つ包装されたプレゼントを用意する。
・プレゼントを開封する順番を決める。
・まず1番目の人がプレゼントを1つ選んで開ける。
・2番目以降の人は、以下のどちらかを選べる。

  1) 前の人たちが開封した中に欲しいものがあれば、それを奪うことができる。
  2) まだ未開封のプレゼントを開ける。

・プレゼントを奪われてしまった人は、開封されているものから選ぶか、未開封のプレゼントを開ける。 ただし、自分から奪われたプレゼントは取り返せない。
・1つのプレゼントは3回まで奪うことができる。
・3回奪われたプレゼントは、最後に奪った人の物として確定する。
・1番にプレゼントを開けた人は、一番最後に他の人のプレゼントを奪うチャンスがある。

この【奪う】がポイント! 単なるプレゼント交換ではなく、他の人が開けたプレゼントでも、自分が欲しければ奪えてしまうという容赦ないゲーム。 逆に、自分のプレゼントも他の人に奪われる可能性があり、最後までドキドキで気が抜けない。

・・・と言うのが【ホワイトエレファント】です。 

今まで一度も仕事場のパーティーにリーを連れて行ったことがなかったのですが、今年は初参加。 もちろんホワイトエレファントにも参加させてもらいました。 ただ・・・毎年プレゼントの大半がお酒類だよ・・・と言うのをリーに言い忘れてた。 

案の定、リーが開けた包装紙から出てきたのは・・・ 

IMG_3392.JPG

アイリッシュクリームのベイリーズ(* ̄▽ ̄) ここで1回撃沈

「もう僕には新しいプレゼントを開けるチャンスないの? 僕のプレゼントってお酒?」と、かなり焦っている様子(爆笑) リーが開けたプレゼントを他の誰かが奪ってくれなかったら、もしかしたらあのお酒がリーのプレゼントになっちゃうかもね・・・と説明をし、待つこと10分。 

ありがたいことに、誰かが奪ってくれました! パワーアップ

飛び上がるようにして前に出て行き、新しいプレゼントを開けると・・・

今度は保温タンブラーとスキットルズのキャンディー ダブルパワーアップ

子供からキャンディーを奪う人なんていないでしょう・・・と安心しきっていたら・・・

奪われた 再度撃沈

他の人から奪いたいプレゼントも特になく、新しいプレゼントを開けてみると・・・

お酒ではなかったものの、あまり美味しそうではないポップコーンなどのギフトセット。 スキットルズのキャンディーが恋しいリーは、ダブル撃沈

お酒なら奪われる可能性あっても、ポップコーンのギフトセットは多分誰も奪ってくれないだろうな(苦笑) と、諦めかけていたら・・・
 
優しいダディーがリーのためにスッキトルズを奪い返してくれた! 本当はお酒が欲しかったダディー。 でもリーのためにグッと歯を食いしばってキャンディーの入ったバッグを掴んでくれた! リーは有頂天

45分近くかかったゲームもとうとう終わりに近づき、自分はポップコーンで終わりなのか・・・と諦めかけていた時、

「最後に・・1番最初にプレゼントを選んだ人は、今ある全てのプレゼントの中から1回だけ奪うことができます。 最初にピックした人は誰でしたか?」と言うアナウンスを聞いて、飛び上がるリー。 ありがたいことに司会者がちゃんと気を利かせて、リーが最後に好きな物を選べるように、リーを1番にしてくれていたのです。 

結局リーが選んだのは、私が買ってきたM&Mのチョコレート&グミが入ったのクリスマスケイン(そう、またお菓子です)+スクラッチ。 メインのスクラッチはどうでもよく、欲しかったのはチョコとグミ(笑) 

スキットルズもM&Mもグミも手に入れ、超ハッピーなリー

途中で行われたトリビアで、ダディーはゲームセンターのポイントカードを3つもゲットしたし、リー最後はめっちゃパワーアップ

こんな感じでリーの生まれて初めてのホワイトエレファント、大大大成功! 

やばい💦、こんな楽しいことばかりだったら、これからのクリスマスパーティーも行きたい!って言うだろうな(困)  
posted by Minnie at 00:00| Comment(0) | プルマスレイク日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月06日

トランスサイベリアンオーケストラ

クリスマスシーズンになると、必ず見かけるトランスサイベリアンオーケストラ。 クラッシックをロック風にアレンジしたバンド。 一番最初にこのコンサートを観に行ったのは16−7年前。 とっても感動したので、是非リーも連れて行ってあげたい!と、多分リーが5才か6才の時に連れて行ったのですが、「行ったの覚えてる?」と聞いても「全然覚えてない。」とのこと。  

Youtubeでトランスサイベリアンのコンサートを見せながら、「こんなミュージックだったんだけど、記憶にある?」と聞くと・・・

「ない・・・ でもすっごい見たい! 行きたい! かっこいい!」と、思っていた以上の反応を見せるリー。 今では自分もギターを弾くようになり、以前とは違った意味で興味深々。

コンサートのチケットを購入したことはリーには秘密にしておき、その日はドクターに定期健診に行くと嘘をつき、学校にお迎えに行った私たち。 車の中では「今日はどんな検査するの?」と聞いてきたので、「あんた頭おかしいから、頭の検査してもらうんだよ。」と言っても、全く疑うことのなくお医者さんに行くつもりのリー ダウンタウンのパーキングに着いても、気が付かない。 新しくできた大きなコンベンションセンターに到着しても、気が付かない。 ずっごい人数の人たちが並んでいて、みんなセキュリティーを通っているのを見ても、半信半疑ではあるものの、「みんなお医者さんに行くんだ?」と、このコンベンションセンターの中には、いくつものお医者さんのオフィスが入っていると思っているリー。 

いくらなんでもここまで来て気が付かないリーに、ちょっと不安になる私とダンナ。 

やっぱり行先はコンサートではなく、頭をチェックしてもらえるお医者さんにすればよかったのかもしれない・・・

IMG_3358.JPG
いつまでも気が付かないので、コンサートへ来たと報告した直後の1枚

ギリギリに到着したので、待たされることなくショーが開始。

IMG_3373.JPG

IMG_3375.JPG



知っている曲がかかると無意識のうちに一緒に歌いだし、体が動き始め、手拍子をするリー。 そしてふっと我に返ったときに恥ずかしそうにする仕草がとてもかわいい(笑) 

「この曲好き〜!」と目を丸々させながら喜んでいる我が子をダンナと一緒に見て、「私たちは幸せ者だ♡」と思える人生がありがたい。 

「どう? 将来こんなバンドに入って、ツアーするのもいいんじゃない?」って聞いたら、「大変そうだからいいわ。」ってごく普通の返事が返ってきました(爆笑) 

でも高いお金を払ったわけですから・・・ショーが終わってから「今日のコンサートのことはもう忘れないよね?」とリーに確認したところ、「忘れない。」って(笑) 
posted by Minnie at 05:14| Comment(0) | 沖縄日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする