2017年10月18日

頑張れAT&T!

ある日 Direct TV から「これから3ヶ月、全てのプリミアムチェンネルがタダで見れるプロモーションがありますが、どうですか?」みたいなセールスの電話がかかってきました。 でも、3ヶ月後には自分から電話をかけてキャンセルしないと、4ヶ月目からは自動で正規のプライスでチャージされます。 お金にルーズな人達をターゲットにしたプロモーションです(苦笑) 

最初は詳しく話を聞くのも面倒だったのでさっさと電話をきったのですが、ダンナにその話をすると「タダだったらいいじゃん。」って。 もちろんダンナは自分が責任を持って3ヶ月後に電話をするわけではないので、そりゃ「いいじゃん!」って言うわけですが・・・ 

まぁ私も映画は好きだし、きっちり3ヶ月後にキャンセルの電話をするのも苦ではないので、折り返し電話をしてそのプロモーションを入れてもらうことにしました。

でも電話をして1日経っても、2日経ってもショータイムが入ってるだけで、他のプリミアムチャンネルは入ってこない(怒)

また電話をしてそのことを説明すると、「今のプロモーションだとタダではなくて月$15.99です。」と言われたのですが、言い合いをするのもその時点では面倒だったので、文句も言わず、電話を切った私。 

どうせ最初からなかったプリミアムチャンネル。 今更言い合いをしてまで欲しいとは思わない。 電話を切った数秒後にはもう忘れてたくらい。


・・・・それが・・・・


1週間も経たないうちにAT&Tから電話がかかって来て、「この間お電話を頂いたそうでうが、問題は解決しましたか?」と聞かれ、「いえ、解決しませんでした。」と答えると、内容を教えてくれと言う。 セールスの人から電話がかかってきて・・と、そこから説明すると。 

それはこちらのミステイクなので、セールスの人が約束したように、3ヶ月プリミアムチャンネルが見れるように私が許可します。 今手続きをしますので、少々お待ち下さいね・・・って。 

え? アメリカでこんな素敵なサービスを受けたことないんですけど〜(笑) 

3ヶ月後には忘れずにキャンセルしないといけませんが、今は毎晩家族3人で無料の映画をエンジョイしてます

Direct TV を買収した AT&T 頑張れ〜!!(笑)




posted by Minnie at 00:00| Comment(0) | プルマスレイク日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月13日

行ってみた

数年前の結婚記念日で初体験を試みた【Movie Grill】。 映画館でありながらレストラン、レストランでありながら映画館みたいな? 要するに、映画を観ながら食事ができるってだけの話なんですけどね。 お友達からの情報だと、食事もレストラン並みに美味しいから行ってみな!とのことで、数年前トライしたのですが、ネットでチケットを予約していなかった私たちはチケット完売状態で、結局行けず仕舞い。 

あれから約1年半が過ぎ・・・

先週やっと行ってきました。

今回はちゃんとネットでチケットを予約し、オンラインでメニューもチェックし、指示通り上映30分前に到着。

普通の映画館とぱっと見は変わらないのですが、食事をする‥と言うことで、一人に与えられたスペースが広い。足も十分に伸ばせる〜!ってダンナすごく気に入った様子(笑)

IMG_3159.JPG

私が一番気になっていた食事中の雑音は、前後のスペースがしっかりとられているので、思ったよりも全然気になりませんでした。 メニューも結構豊富で、ダンナがオーダーしたハンバーガーも、私がオーダーしたエビのケサディアもレストラン並みに美味しかったです♪

ダンナは「もう他の映画館には行けないな。 今度映画見る時もここに来よう!」と、大張り切り(苦笑) でもやっぱり私は映画館には映画を観に行くもので、食事をしに行くものではないと思っているので、もう行かなくてもいいかな〜・・・( ̄∇ ̄;) 

最近お腹周りが気になっているらしいく、お酒の量を減らしているダンナ。 なので、ありがたいことに今回はお酒オーダーしませんでしたが、それでもチケット&食事&チップを含めて、家族2人で$85。 お酒をオーダーしていたら、きっと$100は超えてたはず。 度々は行けないな・・・

今回見たのは【キングスマン:ゴールデン・サークル】。 今年のハロウィン、リーはキングスマンになるそうです(笑) イングリッシュアクセントもマスターしないとね(笑) 



posted by Minnie at 00:00| Comment(0) | プルマスレイク日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月09日

さようなら、フロリダ州

毎日毎日飽きもせず、求人情報をチェックするダンナ。 気になるポジションを見つける度に「ハワイに空きがあるらしいんだけど、応募してみようかな?」「韓国に空きがあるんだけど、住む気ある?」「アイダホ州は?」

そして、私の返事は毎回一緒。

「どこでもいいから、ここから出たい!って言ってるでしょう? ・・・って言うか、仕事のオファーがちゃんと来てから聞いてくれる? 毎回期待させられて、結局無理だったってことになるんじゃん(怒)」

だって、どこに応募しても大抵最終段階まで行かないし、ほとんどの場合私にどう?って聞くだけで応募すらしないし。 結局は家族&親戚が近くに住んでるここから出たくないのはダンナ。 なのになんで新しい仕事を探そうなんて思うのか? 求人情報見てるだけ時間の無駄! 

そんなこんなで、ここプルマスレイクに住み始めて約7年。 ダンナと出会ってからここに落ち着くまでは、8ヶ月から長くても2年半で引っ越しを繰り返していた私たち。 ジプシーのような生活に慣れてしまい、プルマスレイクに住み始めてからも「早く違う仕事探して、引っ越ししようよ〜‼」とダンナを急かしていたのですが、5年も過ぎたころから半分諦めにはいった私・・・ 

きっと私の人生はここで終わる。 ダ・ダ・ダーン 

それから2年が経ち・・・

数ヶ月前、相変わらず「フロリダとバージニアのポジションに応募してみようと思うんだけど、どう?」と聞いてくるダンナ。 どうせ行くことにならないんだから、どーでもいいんじゃない?くらいの適当な返事。

それが、あれよあれよと言う間に、フロリダの方は最終段階まで残ってしまったΣ(゚Д゚) 

もしかしたら本当にフロリダに引っ越すことになるのかも? やっと、この時点になってフロリダへの引っ越しを真剣に考え始める私。 はっきり言って、フロリダにはあまり興味ない(旅行では一度くらい行ってもいいかな?とは思ってるけど)。 【フロリダ=人間が熱くて安っぽい】イメージがあるので(爆笑) 映画や、テレビの影響です。 決してみんながそうだ!って言ってるわけではないので、その辺はお許しください。 でもプルマスレイクから脱出できるなら、どこでもいいの! アラバマでもノースダコタでも。 違う世界を見てみたいの! 

最終的にフロリダのオフィスから正式なオファーが来て、私の頭の中ではフロリダ住人になった自分たちをイメージ(笑) ここまで来たからにはフロリダに行くでしょう。 住めば都! どーにかなる! 

untitled.png

フロリダへ行くぞ〜!! 



・・・・・ってとっても張り切ってたのに・・・・・




私がフロリダ行きの夢を見れたのは、たったの一週間。一週間後には運悪く(良く?)、今働いている仕事場で昇級してしまい(同じ時期にフロリダと同じポジションの仕事に空きが出た)、結局ここに残ることを選んだダンナ。





・・・・・・がっかり・・・・・・




長年付き合ってきたお友達とさよならをし、リーを転校させることを考えたり、今住んでいる家を貸家にすることを考えたり、家族&親戚から離れることを考えたりしてたら、どう考えてもここに残ることを選んだ方がベストなのはわかっているのですが、【違う世界を見てみたい】という私の野心の方が強すぎて、未だにフロリダの仕事を蹴ったダンナが憎らしい💢

でももう決まった事・・・ 早く諦めて前進するのみ・・・ とは自分に言い聞かせているものの・・・ 出るのはため息ばかり


きっともう私の人生の中でフロリダに住むことはないんだろうな〜。 さようなら、フロリダ州👋
posted by Minnie at 02:23| Comment(4) | 仕事日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月05日

Lovelock, NV

またまた3連休だったので、ラッセンに引き続き、先週末は義両親の住むラブロックへ行ってきました。 

もうすでに山に出てしまっている義両親と合流するため、到着と同時に私は四輪バギーに乗り、ダンナとリーはバイクに乗り、私たちも早速山へ行ってきました。

1.JPG

2.JPG

数ヶ月ぶりに乗ったバイク。 久しぶりだった上、石&岩がゴロゴロしているデコボコ&砂利道を通ってのライディング。 ヘルメット&ゴーグルの下の素顔は笑ってないリー(爆笑) 止まる度に「あとどれくらい?」「どこまで行くの?」「この先は今来た道よりデコボコしてる?」「帰るときは今来た道を帰るの?」と、道のことばかり心配して全然エンジョイしてない様子( ̄∇ ̄;) それでも頑張って最後まで乗り切り、頑張ったボーナスとして、帰りはどこまでも続く結構フラットな直線コースをチョイス。 それはとても楽しかったようで「あんな道ならもっと乗りたい♪」って(笑) 

四輪バギーは義両親が引っ張るトレーラーに乗せ、私は自分たちが乗ってきたトラックを運転しながら、バイクで走るリーとダンナの後ろを付いて行ってたのですが、スピードをチェックすると55-65キロも出てる! いくら道が真っすぐとは言え、見ているこっちはドキドキです。 きっとあと数年もしないうちに、私の言うことなど聞かなくなり、危ないことばかりしたがる日が来るのかと思ったら、今から不安

3.JPG

今回は野生のドンキーを50匹くらい発見! 100年くらい前に町が洪水になり、当時飼われていたドンキーがそのまま野生化されたそうです。 近くに行って写真を撮れなかったので(怖がって逃げるので)、遠方からパチリ! この日はラッキーで、野生の馬も5〜6匹見ることができました

日中は日によっては30度まで行きますが、朝夕は10度前後。 来週くらいからはもっと涼しくなるようです。 本格的に寒くなる前にもっともっと遊びに行きたかったのですが、再来週から2週間ほどダンナが出張。 もっと寒くなってから行ってくれればよかったのにヽ(`Д´)ノ 
posted by Minnie at 05:14| Comment(0) | 旅行日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月26日

Lassen Volcanic National Park

6月にイエローストーンに行ったとき、ナショナルパークの年間パスをゲット! せっかく年間パスをゲットしたのだから、もう一回、二回くらいはパスを利用してナショナルパークに行こう! と言うことで、今回はうちから約3時間ドライブしたところにあるLassen Volcanic National Park に週末+1日お休みを取り、みんなで行ってきました。

ラッセン火山国立公園内にもキャンプ場はあるのですが、どこもドライキャンプなので、30分離れた Lake Almanorというレイクの側にあるキャンプサイトを利用することにしました。 気温が日中でも10度前後ということもあり、キャンプサイトは静まり返っており、ほぼ貸し切り状態でのんびりさせていただきました♬

DSC_0348.JPG

水の温度はマイナスなはず? それでもラングラーは全然気にすることなく泳ぎます(笑) 

DSC_0370.JPG

義両親が借りていたキャビン。 ダンナの家系はみんな競争心が激しく、何をしてもみんな真剣に取り組みます・・・ それが子供だましのようなゲームでも・・・ 必死です(爆笑)

DSC_0362.JPG

たくさんのザリガニを発見! 捕まえて、枝の先に刺し、焚火で焼いて食べてましたΣ(゚Д゚) あまりにも小さくて、食べるって程ではありませんでしたが、「どうだった?」と聞くと、「美味しかった♡」って。 お腹壊さなくてよかった・・・

翌日は30分かけてラッセン火山国立公園です!

DSC_0434.JPG

イエローストーンよりも規模的には断然小さいし、野生の動物も全く見かけませんでしたが、ラッセンも負けてません! とーっても綺麗でした。 山派の私なので、山ならどこでもウキウキしちゃうのでしょうが・・(苦笑) 

DSC_0421.JPG

崖っぷちに見つけた大きな岩。 頑張って押してみたけど、ビクともしなかった。 当たり前だけどね。

DSC_0450.JPG

約5キロのハイキングを終え、みんなでランチです。 座るところも見つけられず、立ったまま(笑) 

あっという間の3泊4日でしたが、やっぱり山はい〜い テンション上がる〜

パスが切れるまであと8ヶ月。 次はどこに行こうかな〜♫
 




posted by Minnie at 11:34| Comment(2) | 旅行日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月08日

Labor Day Weekend

もう何年も恒例となっている Horseshoeトーナメント(蹄鉄を投げるゲーム)に参加するため、毎年 Labor day Weekend は叔父の家にキャンプに行くことになってます。  今まで私も頑張って参加してきましたが、今年からは見学することにしました。 私の腕力がなさすぎて、蹄鉄が12メートル先にあるピットまで届かない 数年前から遠くへ投げることばかりに集中してしまい、コントロールは二の次。 なので、全然ポイントゲットにならないんです。 パートナーはくじ引きで決まるので、相手に申し訳なくて・・・ 逆に下手に勝ち進むと何度も何度も蹄鉄を投げないといけないので、それはそれで腕&肩が痛くなるし・・・(苦笑) 

このトーナメント、一人参加費500円、そして優勝すると約一万円の賞金がもらえるんです。 それを知ったリー。 「優勝したらいくらもらえるの?」「僕も参加したいな。」「参加費いくら?」「500円なら僕もってるよ。」と、うるさい!(苦笑) どうしても参加したいリー。 自ら幹事に年齢制限を聞きに行きました。 そしたら「年齢制限ね〜・・・。 年齢制限なんてあったかな〜。 腕力があるなら何才でもいいんじゃない。」と言うお返事を頂き、「よっしゃ‼ 来年は僕も参加するぞ」と大張り切り。

爪楊枝のように細いリーですが、体力&筋力は私より優れており、12メートル先にあるピットに余裕で蹄鉄を投げるリーを見て、「お母さんより上手じゃん。」とみんなに言われてました(笑) 来年のトーナメントまで1年。 頑張って練習してもらい、来年の賞金をしっかり稼いでもらいたいと思います

トーナメントのほかに・・・

IMG_2977.JPG
射撃もした

IMG_2983.JPG
四輪バギーにも乗った

IMG_3006.JPG
川でも遊んだ



熱中症になるかと思うほどすっごく暑い日々が続きましたが、久しぶりにお友達&親戚たちと集まり、とても楽しい週末を過ごすことができました♬ 来年のトーナメントにはリーも参加するので、もっと楽しくなるだろうな〜( *´艸`) 
posted by Minnie at 00:16| Comment(0) | 旅行日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月25日

Back to School Night

リーは毎日スクールバスに乗って中学校へ通うようになりました。 よく映画で見るような、席は空いているにもかかわらず、意地悪な子が「この席は空いてないから。」って座らせてくれなかったり、通路を歩いてるときに足を出してきて、わざと転ばすような真似したり・・・なんてことを色々考えていたのですが、実際は全然そんなことはなく、問題なくバスに乗って学校へ通っています。

昨日は学校が始まってから1週間そこそこで行われる【Back to School Night】のイベントがありました。 保護者が学校へ行き、先生たちを顔を合わせ、これから1年間どういった感じで授業が進められていくのか、先生たちは子供たちに何を望んでいるのか・・・などの説明会です。 

今までと違うのは、中学にはホームルームがなく、大学のように、自分が先生のところに移動しなくてはなりません。

リーのスケジュールは月曜日〜金曜日まで毎日同で:

1時限目:体育
2時限目:数学
3時限目:国語
4時限目:美術
5時限目:社会
6時限目:理科

となっているのですが、クラス移動にたったの4分(なんで区切りの良い5分じゃないのかが意味不明)しかもらえないらしく、ちょっとゆっくりトイレに行って・・・なんていう時間はなさそう。

私たちも昨日リーのスケジュールに従い、1時限目から6時限目のクラスに顔を出し、先生たちと顔を合わせてきたのですが、これからは今までのように1人の担任の先生とコミュニケーションをとるのではなく、6人の先生とコミュニケーションを取って行かないといけないので、それだけで面倒くさい! 先生一人一人方針も違えば、性格も違うし、先生と仲良くなるのも時間がかかりそうだ・・・(´Д`)

    
posted by Minnie at 01:07| Comment(0) | 成長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月23日

中学生になりました

8月17日からリーも中学生になりました

歩きだと35分、自転車だと10分と・・・全然問題のない距離ではあるのですが、真夏の40度の気温の心配したり、荷物が多い日のことを心配したり、雨などほとんど降りませんが、万が一降ったときのことを心配したり・・・ いくら私が家から仕事をしているとはいえ、毎日の送り迎えを義務付けられるのは重荷だったし、結局年間のバスパスを買うことにしました( *´艸`)

さっそく初日からバスで登校をしてもらおうと思っていたのですが、お友達Dustonのお母さんが一緒に乗せて行ってくれるというので、お願いしてお迎えに来てもらいました。

1.JPG
中学生第一日目

お迎えを待ってるリー。
よーく見てみると、目ヤニが付いてる・・・

「ちゃんと顔洗えって言ったでしょ? なんで毎日毎日同じこと言われてもできないの? 中学校初日、みんなに『この子汚い!』って言われてもいいの?(怒)」と、朝から怒鳴られるリー。 「お迎え来る前に中入ってさっさと顔洗ってきなさい!」と言われ、リーがどういった行動に出るか見てたら・・・

2.JPG
家の前のホースで顔洗い始めたΣ(゚Д゚)
「中で顔洗ってる間にお迎え来たら申し訳ないから。」ですって。

いつになったら「歯磨きしなさい!」「顔洗いなさい!」って言われなくても済むようになるんだろう(´Д`)

3.JPG
一人でバス登校だとちょっと心細かっただろうけど、
Dustonと一緒なら大丈夫だね〜。 いってらっしゃ〜い!

4.JPG
お迎えに行った時も、仲良しDustonと一緒でした。

私たちが日本に里帰りしている間に中学校のオリエンテーションがあり、私とリーは参加できなかったため、今日はお迎えがてら学校を見てきました。 学校初日どうだった?と聞くと、「めっちゃ楽しかった♪」ですって。 「小学校よりも中学校の方が断然いいよ。」って・・・ そう言えるのは初日で勉強もしなかったし、宿題もないからでしょう(笑) ま、この調子で頑張ってください! 
posted by Minnie at 00:00| Comment(2) | 成長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月22日

激流ラフティング 

去年里帰りしているときに、お友達&お友達の子供たちとみんなでラフティングに行ってきました。 小さい子供もいたので、去年はファミリーコースをチョイス。 ゆっくり川を下り、途中でボートをひっくり返して滑り台にして遊んだり、ボートから飛び降りて川で遊んだり・・・ 

それはそれで楽しかったのですが、大人の私たちにはちょっと物足りない感じ。

今度は子供はお留守番させ、是非激流に挑戦したいね♪なんて話が出たのがことの始まり。

激流となると、やっぱり子供は危ないからということで、大抵のところは高校生以上、もしくは15歳以上となっているのですが、お友達がリーに気を使ってくれて、中学生以上ならOKの会社を見つけて来てくれました。 リー、確かにアメリカでは8月から中学生ですが、日本ではまだ6年生。 去年行ったキャニオニングも中学生と偽って行かせた私なので、少々年を誤魔化して激流に行くのは問題なし。 ただ・・・ 説明を受けたとき、「年を嘘ついたりしていた場合、死亡時、怪我をしたときなど保険は使えませんので、嘘はつかないでください。」って、まるで私の嘘を見透かされているかのように言われ、ちょっとドキドキ(苦笑) 実際激流がどれだけ危ないか‼と言うことを延々と説明された上での指摘だったので、万が一リーに何かがあって、歳を誤魔化して参加させたことがバレたらダンナに殺されるな〜・・・って思いながらの参加(苦笑)ま、結果オーライだからよかったけどε-(´∀`*)

私が想像していた激流コースと言うのは、スタート地点からゴールまでずっと激流を下り続けるって感じだったのですが、実際はゆっくりと流れる川を下り、その途中途中で激流を超えて行くという感じでした。 そして1つの激流のスポットで約1時間ほど遊べる!と言うのがこのコースのメインイベント。 ↓こちらがそのスポット。 

Rafting 8-10-17 (1).JPG

この↑スポットまでは「イェーイ」とテンション高く張り切っていたリーも、このスポットに関しては「行かない。 俺まだ11才だから(適当な言い訳)」と顔を強張らせての主張。一番最初にトライしたお友達&お友達息子のボートがあっという間に転覆し、流されていったのを見たのがよくなかったみたい(苦笑) 「毎回ひっくり返るわけじゃないんだよ。 マミーも2回やったけどひっくり返らなかったでしょ? 面白いから行っときなよ、絶対後で後悔するよ!」と何度言っても譲らない。 あまり無理強いさせても可哀想だから、誘うのもほどほどに・・・と思っていたら、最後の最後に「行ってみる。」と勇気を出してトライしたリー。 

上がその時の写真。 黄色いヘルメットが私で、リーはブルーのヘルメット。 がっつりスポットにはまってしまい、全然見えませんね(笑)死に物狂いでロープにつかまり、転覆することなく、無事生還。

終わった後のリーの興奮度は半端でなかったです。 でももう一回行く!とは言わなかったのが、とてもリアルで笑えた(爆笑)

Rafting 8-10-17 (5).JPG

コンタクトを付けていたので、激流を通過するたび常に目は閉じていたため、ハッキリ言ってどうやって乗り越えたのか?とか、どれだけの波が私たちに襲い掛かってきたのか?なんて見えてない こうやって写真で見てみると、結構すごい激流を下ってきてたんだな〜って、今になって感心。 後部席の左にリーは座っているはずなのですが、波のせいで全然写ってませんね(* ̄▽ ̄)

最後まであきらめずに、中学生OKの会社を探してきてくれたお友達に感謝です いい思い出をくれてありがとう♫ 
posted by Minnie at 00:00| Comment(0) | 里帰り日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月21日

ドルフィンファームしまなみ

次に行って来たのが、実家から約1時間半離れたところにある【ドルフィンファームしまなみ】。 生まれて一度もイルカと一緒に泳いだことがないリーは、行く数日前からわくわく♬  お一人様9000円と、ちょっとお高めなのですが、ものは試し!せっかくのチャンスなので行ってきました。

結果から言うと・・・ 100歩譲って7500円くらいでいいんじゃないかな〜( ̄∇ ̄;)と言うのが私の感想。 

Shimanami Dolphin  (5).JPG

しまなみ海道が見える、この素晴らしい景色 でもこの日はいつもに増して暑い日で、子どもたちが楽しんでいる間、私は炎天下のなか熱中症になるんじゃないか?と、冗談抜きで心配になるくらい、暑かった  でも我が子のため!と、汗をダラダラ流しながら写真やビデオを一生懸命取りました(笑)

1人のインストラクター&1匹のイルカに対して、5〜6人のグループでの参加となります。

Shimanami Dolphin  (16).JPG

私が考えていた【ドルフィンと一緒に泳ごう】は、最初から最後までずっと水の中でイルカと一緒に、自由に泳げるものだと思っていたのですが、実際は一人一人順番待ちで、フィンを持って一緒に泳げたのは約30秒? その後もインストラクターの支持に従って、あーしろ、こーしろ的な感じ。 この暑い中、ウェットスーツまで着さされていた子供たちですが、水の中に入ってるから暑くはないだろうと思っていたのですが、待たされている時間の方が長く、「めっちゃ暑かった。」ってリー、文句言ってました(苦笑) 

Shimanami Dolphin  (28).JPG

でもたった30秒とは言え、イルカと一緒に泳いだこともなければ、こんなに間近にイルカを見たこともないリー。 やっぱり「やってよかった♪ 楽しかった!」って。 9000円払って、熱中症になる危険を冒してまでも頑張った甲斐がありました(爆笑) 

  





posted by Minnie at 00:00| Comment(0) | 里帰り日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする